現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 9年ぶりに新型「ランクル70」発売! 既存モデルは全国で活躍してた? トラブル時にやってくる「JAF70」、新型採用はあるのか

ここから本文です

9年ぶりに新型「ランクル70」発売! 既存モデルは全国で活躍してた? トラブル時にやってくる「JAF70」、新型採用はあるのか

掲載 4
9年ぶりに新型「ランクル70」発売! 既存モデルは全国で活躍してた? トラブル時にやってくる「JAF70」、新型採用はあるのか

■JAFのランドクルーザー70はこんなクルマ

 4輪、2輪を問わず、愛車のアクシデントをサポートしてくれる「日本自動車連盟(以下JAF)」のロードサービス。
 
 自動車保険などにロードサービスが付帯している場合でも、1度のサービスしか受けられないケースが多いため、ユーザーには頼りになる存在と言えます。

【画像】「えっ…!」 超カッコいい! 何が変わった? 新ランクル70がコレです!(50枚以上)

 JAFにはロードサービスに多様なタイプのクルマを用意。

 一般的に馴染みのあるレッカー車を筆頭に、車両ごと積載できるユニック車、狭い場所での故障救援を主とする軽バン、現場に素早く急行できるビッグスクーターなどがあります。

 その中でもファンの注目を集めているのが、トヨタ「ランドクルーザー70」のロードサービスカーです。

 まもなく新型モデルが再再販売される予定ですが、JAFで現在使用しているのは旧型。

 筆者が確認したところでは、HZJ74V(ミドルFRPトップ)を筆頭に、HZJ71V(ショートバン)、GRJ76K(30周年モデルバン)、GRJ79K(30周年ピックアップトラック)が配備されています。

 70系のロードサービスカーは北海道を筆頭に、主として降雪地のJAF支部に配備されていますが、東京でも活躍しています。

 広報課によれば、「支部ごとに車種選定を行うために現在稼動する台数がどれくらいあるのかは不明」とのこと。

 ちなみにピックアップトラックが配備されているのは、全国でも札幌支部だけのようです。

 70系は、積雪のある場所での救援活動が行えるという強みがあるだけでなく、ロードクリアランスが十分ではない車両では入りづらい未舗装林道にも入ることができます。

 70系のサービスカーには前後デフロックが標準装備されていますので、相当な悪条件の道でも走れるのではないでしょうか。

 70系のサービスカーに搭載されている装備は、「工具セット」「ポータブル電源」「燃料携行缶」「牽引ロープ」「エアタンク」「バッテリーケーブル」「パンク応急修理キット」といった他のサービスカーと基本的に同じものが積まれています。

■いかにもランクルらしい装備も! 70JAF仕様のこだわりとは

 いかにもランドクルーザーという装備が、フロントバンパー内に内蔵された電動ウインチです。

 トヨタの純正電動ウインチはアイシン製で、車両の内外から動きを制御することが可能な有線リモコン式。

 標準では鉄製のワイヤーが使われていますが、扱う時に安全で、切れた時に車両にダメージが少ないナイロン製に替えられています。

 また、大型の車両を牽引する時でも安心なピントルフックが、リアバンパーに装着されています。

 一般的にはバンパー下に取り付けられた牽引フックを使用しますが、このタイプは強い力で牽いて場合に破損・変形する恐れがあります。

 また、大型車を牽引するための太いロープを装着することができなかったり、ロープをフックに付けるのに別にシャックル(結合金具)が必要になることも。

 こうした問題を解決してくれるのが、ピントルフック(トーイングフック)です。

 この他、側溝に落ちた車両の脱出に使う角材や、凍結路面でウインチングする場合に滑らないようにする網鋼板のラダーが積まれているのも、“らしい”部分です。

 かつて筆者も、冬の林道単独行で路肩側に車両が落ちて、まったく動くことができなくなったことがありました。

 かなり山奥の林道でしたが、70系のサービスカーがウインチレスキューを行ってくれたために事なきを得た経験があります。

 この時はショートボディの車両が駆けつけてくれ、短い故に狭い林道でも自在に動き回れているのが印象的でした。

 なお新型70系の採用ついて前出の広報は「まったく未定」とのことでしたが、現在稼動している車両によってはすでに20年以上経過したものあり、各支部も非常に大切に扱っているようです。

 それを考えれば、近いうちにお馴染みの青白に塗られた70系が、路上で見られるかもしれません。

こんな記事も読まれています

680馬力「2.0L直4+モーター」搭載! 新型「爆速スポーティSUV」発表! 1000万円超えのGLC発売
680馬力「2.0L直4+モーター」搭載! 新型「爆速スポーティSUV」発表! 1000万円超えのGLC発売
くるまのニュース
ハイパーカーの「ポルシェ963」をメンテナンスするポルシェ・ペンスキー・モータースポーツがマンハイムにある最新施設を公開
ハイパーカーの「ポルシェ963」をメンテナンスするポルシェ・ペンスキー・モータースポーツがマンハイムにある最新施設を公開
LE VOLANT CARSMEET WEB
スバル レイバックの最新カスタム初披露…プローバが手がけた「お手本」とは
スバル レイバックの最新カスタム初披露…プローバが手がけた「お手本」とは
driver@web
【スクープ】あのレクサス風クロスオーバーがついに市販化へ!「DS」のフラグシップクーペSUVを初スクープ!
【スクープ】あのレクサス風クロスオーバーがついに市販化へ!「DS」のフラグシップクーペSUVを初スクープ!
LE VOLANT CARSMEET WEB
体育会系の汗臭さ、退散~!タミヤ製「初代NSX」をタイプTかつアキュラ仕様にモディファイ・後編【モデルカーズ】
体育会系の汗臭さ、退散~!タミヤ製「初代NSX」をタイプTかつアキュラ仕様にモディファイ・後編【モデルカーズ】
LE VOLANT CARSMEET WEB
BYDのフル電動SUV『TANG』、改良新型を発表へ…ジュネーブモーターショー2024
BYDのフル電動SUV『TANG』、改良新型を発表へ…ジュネーブモーターショー2024
レスポンス
KINTO、前照灯などRAV4既販車でアップグレード
KINTO、前照灯などRAV4既販車でアップグレード
日刊自動車新聞
トヨタ斬新「商用バン」実車展示! 角目2灯&メッキバンパーが凄い!? 新「PLAY-BOX」とは
トヨタ斬新「商用バン」実車展示! 角目2灯&メッキバンパーが凄い!? 新「PLAY-BOX」とは
くるまのニュース
リアホイールをらくらく脱着できる!「リアホイール脱着サポート」がデイトナから登場
リアホイールをらくらく脱着できる!「リアホイール脱着サポート」がデイトナから登場
バイクブロス
【トライアンフ】「抽選で3名様に、新型DAYTONA 660の2WEEKSモニターのチャンス!」キャンペーンを3/29まで開催中
【トライアンフ】「抽選で3名様に、新型DAYTONA 660の2WEEKSモニターのチャンス!」キャンペーンを3/29まで開催中
バイクブロス
このまま市販化を求む……カムリのレースカーがカッコ良すぎ!! NASCARカップ2024シーズン用「トヨタ カムリXSE」公開
このまま市販化を求む……カムリのレースカーがカッコ良すぎ!! NASCARカップ2024シーズン用「トヨタ カムリXSE」公開
ベストカーWeb
X氏の値引き大作戦 新型アルファード 抽選&値引き難航の連続ピンチ!激闘の6.4万円引き
X氏の値引き大作戦 新型アルファード 抽選&値引き難航の連続ピンチ!激闘の6.4万円引き
グーネット
ハミルトン、新天地フェラーリとの契約交渉で“多様性の推進”を重視「会長との話し合いで優先事項だと伝えた」
ハミルトン、新天地フェラーリとの契約交渉で“多様性の推進”を重視「会長との話し合いで優先事項だと伝えた」
motorsport.com 日本版
海峡閉鎖で遅れていたコンテナがカタールに順次到着開始。チームは月曜の公式テスト開始へ準備進める
海峡閉鎖で遅れていたコンテナがカタールに順次到着開始。チームは月曜の公式テスト開始へ準備進める
AUTOSPORT web
どんだけ秘境!? 車で行けるけど「道が1本しかない県境」とは? 2本あっても難易度MAX!?
どんだけ秘境!? 車で行けるけど「道が1本しかない県境」とは? 2本あっても難易度MAX!?
乗りものニュース
トヨタ新型「“車中泊”軽バン」実車展示! 2トーン&ストライプ内装が「めちゃオシャ」! 軽キャンパー「アルトピアーノミニ」登場
トヨタ新型「“車中泊”軽バン」実車展示! 2トーン&ストライプ内装が「めちゃオシャ」! 軽キャンパー「アルトピアーノミニ」登場
くるまのニュース
ボンネットにシャンパンタワーを載せて走れるか? 中国NIOのフラッグシップEV『ET9』
ボンネットにシャンパンタワーを載せて走れるか? 中国NIOのフラッグシップEV『ET9』
レスポンス
マーティン・ブランドル、ルクレールの速さを評価しながらも「ハミルトンを見くびるな」と警告
マーティン・ブランドル、ルクレールの速さを評価しながらも「ハミルトンを見くびるな」と警告
AUTOSPORT web

みんなのコメント

4件
  • ヤフオ
    一年以上前から営業とは購入の話をしていた。
    結局、初期ロッドでは買えない事が判明、
    70の記事を見るだけで不愉快になる。
    売れない商品を一般に発表するなと思う。
  • mkp********
    50代です。ランドクルーザー70系と言うと、シンプルで懐が深く無骨な感じの車。
    丈夫で長持ち。20〜30万キロを平気で走る車。
    70でさえも時代と共に高機能車になったんだなと思いました。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

480.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

155.0730.0万円

中古車を検索
ランドクルーザー70の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

480.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

155.0730.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村