現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > バブル生まれのホンダ「ビート」は若さ爆発!「NSX」とタメを張る走りの楽しさは紛れもないピュアスポーツでした【カタログは語る】

ここから本文です

バブル生まれのホンダ「ビート」は若さ爆発!「NSX」とタメを張る走りの楽しさは紛れもないピュアスポーツでした【カタログは語る】

掲載 20
バブル生まれのホンダ「ビート」は若さ爆発!「NSX」とタメを張る走りの楽しさは紛れもないピュアスポーツでした【カタログは語る】

軽自動車初のミッドシップ・オープン2シーターとして衝撃デビュー

ホンダ「ビート」が登場したのは1991年5月のこと。最初にこの車名を聞いたとき、筆者は1971年に明治製菓から発売されたロングセラー商品の「コーヒービート」を、小粒というイメージから反射的(かつひそか)に思い出した……というのはここだけの話。もちろん音楽用語の「ビート」に由来し、「強いリズム、心臓の鼓動などを意味し、風を切るときめき、走らせる楽しさを響かせるクルマであることを目指して」の命名、だったとホンダはしていた。

シザーズドアのホンダ「S660」のオーナーは米国出身の女性でした。日本文化に魅了されてクルマ趣味まで日本車に

カタログも型破りでポップなビジュアル

とにかくカタログからして奮ったものだった……というのは、ホンダ ビートで今でも強く残っている印象のひとつ。言葉で説明するより写真でご覧いただいたほうが話が早いが、クルマのカタログとしては型破りなビジュアルは、眺めているだけでも楽しげだった。ただし筆者のファッションセンスは「トラッド止まり」で、すでに1991年段階で最新の流行には疎かったため、「きっと今どき(=当時)のセンスなのだろうなぁ」と想像しながら見ていたのだったが……。

「セダンやクーペや、いままでのオープンカーでは味わえなかった、新しい走りの世界をプレゼントします。パーソナル・コミューター『ビート』誕生。」

これはビートのカタログの最初のページに記されたコピーの一節だが、まあ文面のほうもなかなか柔らかいトーン。かたやプレス向けのニュースリリースでは、

「軽乗用車として初めてエンジンを座席後部に搭載し、後輪を駆動するミッドシップエンジン・リアドライブ(M・R)と2シーター・フルオープンボディを採用」

と、端的な説明で紹介されていた。

プレス向け広報資料まで若さがあふれていた

一方で国産新型車の発表に合わせてメーカーが用意する広報資料にも特徴があった。通常であれば、いかにも書類書類した体裁であるところ、カタログに通じるデザインを採用。広報資料という性格上、カタログのようにお見せするのは自粛するが、文面も準カタログといった活きのいいものだった。

さらに中身を追っていくとデザイン、シャシー、エンジンなどパートごとに内容がまとめられているのは通常どおりだが、各パートごとの担当者が「私服」で和気あいあいと写った集合写真が載せられていたのだった。ちなみにビートの開発チームの平均年齢は28.6歳という若さ。当時の川本社長からは「失敗してもいいから」と励ましもあったそうで、開発チームはそれまでのクルマの価値基準にとらわれない、自由な発想のクルマの開発に取りかかれたという。

3連スロットル、MTREC、4輪ディスクなど専用装備が満載

そこで「乗って、走って、操作して楽しめる」が合言葉だったというビートだったが、その実現のためにさまざまなテクノロジーが投入されていた。

ゼロから開発された世界初のミッドシップ・フルオープン・モノコック構造のボディはそのひとつ。フレームにボックス断面を多用、さらにほとんどのフレームを2重かそれ以上としつつも、合理的な設計により軽量化を果たしたという。また前後重量配分は1名乗車時で43:57とし、重心高を440mmと非常に低く設定したのも特徴だった。

エンジンは前方に30度傾けて搭載したのも低重心化に大きく貢献した。そのエンジン(E07A型)は当時の「トゥデイ」用3気筒660cc SOHC 12バルブをベースとしながら、シリンダーヘッド、ピストンをはじめ、3連スロットルとツインマップ(MTREC)など、ハイレスポンスのためにあらゆる部分を専用化。最高出力は64ps/8100rpm、最大トルク6.1kgm/7000rpmとし、リッターあたり換算98psを誇った。

一方でサスペンションは、前後ともマクファーソン式の4輪独立とし、高い回頭性、ステアリングレスポンスを求めながら、ハイキャスターにより高い直進安定性も実現したものとされた。タイヤサイズは前155/65R13、後165/60R14の異サイズを採用、4輪ディスクブレーキの採用は軽自動車初のことだった。

インテリアまで走りを楽しむことに全集中したデザイン

デザインはプレーンな仕上がりの中で、ヘッドライト→フロントフェンダーアーチ→ドア→リアインテークと繋がるキャラクターラインがアクセント。開発段階ではオートバイのような開放感を意識したドアのない案もあったのだそう。リアコンビランプは往年の「S800」のイメージだった。筆者の個人的な印象としては、丸穴のホイール(アルミホイール、標準のスチールホイールのどちらも)の、昔のイタリア車のようなデザインが秀逸だったと今でも思っている。

インテリアでは、運転席を助手席側に25mm寄せた配置が採用された。インパネからハウジングを独立させたメーターはオートバイのイメージ。それとシマウマ柄のシート表皮も奮ったものだった。

ストロークの小さいシフトを操作、シュン! とエンジンを回しながら、ミッドシップらしい痛快な身のこなしを味わう。ある意味で「NSX」とは対極のポジションにありながら、NSXと同等かそれ以上にファンな走りが楽しめた(いまだに手放さないでいるオーナーにとっては現在形で「楽しめる」)チャーミングなクルマといえる。

こんな記事も読まれています

テリー伊藤 念願成就!? アルピーヌA110試乗 アクセルを踏んだ瞬間青春時代が甦る!【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
テリー伊藤 念願成就!? アルピーヌA110試乗 アクセルを踏んだ瞬間青春時代が甦る!【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
ベストカーWeb
FFなのにエンジン縦置き? トヨタ車初の前輪駆動車ターセルの変態っぷりにマイッタ!
FFなのにエンジン縦置き? トヨタ車初の前輪駆動車ターセルの変態っぷりにマイッタ!
ベストカーWeb
懐かしくて涙モノ! レトロ風がしびれる! エンケイがクラシックホイールを続々復刻してるぜ!
懐かしくて涙モノ! レトロ風がしびれる! エンケイがクラシックホイールを続々復刻してるぜ!
ベストカーWeb
大切な愛車に傷が! 知らなくて後悔……ペットやチャイルドシートで傷つかない画期的な道具2選
大切な愛車に傷が! 知らなくて後悔……ペットやチャイルドシートで傷つかない画期的な道具2選
ベストカーWeb
【開幕前テストの要点/3日目】リザルト以上に感じたチーム勢力図。打倒レッドブルの最右翼はどこか
【開幕前テストの要点/3日目】リザルト以上に感じたチーム勢力図。打倒レッドブルの最右翼はどこか
AUTOSPORT web
レクサスLM 詳細データテスト 後席は快適至極 不足気味のパワートレインとシャシー 静粛性に盲点
レクサスLM 詳細データテスト 後席は快適至極 不足気味のパワートレインとシャシー 静粛性に盲点
AUTOCAR JAPAN
フィットの代わりにこれはどう? VTECターボもあり! ホンダ シティが東南アジアでバリバリ元気な件!
フィットの代わりにこれはどう? VTECターボもあり! ホンダ シティが東南アジアでバリバリ元気な件!
ベストカーWeb
念願のデイトナ24時間!「M4カブリオレ」で現地入りしてM社長と朝のランデブー【みどり独乙通信】
念願のデイトナ24時間!「M4カブリオレ」で現地入りしてM社長と朝のランデブー【みどり独乙通信】
Auto Messe Web
4種の「スイートスポット」はコレ! レンジローバー・スポーツ P400へ試乗 雰囲気に合うマイルドHV 
4種の「スイートスポット」はコレ! レンジローバー・スポーツ P400へ試乗 雰囲気に合うマイルドHV 
AUTOCAR JAPAN
世界に10台のみのオースチンヒーレー!「ル・マン スプライト プロトタイプ」をオーナーが購入した動機がなんとも羨ましい
世界に10台のみのオースチンヒーレー!「ル・マン スプライト プロトタイプ」をオーナーが購入した動機がなんとも羨ましい
Auto Messe Web
名車リバイバル 成功と失敗 ハマー、ブロンコ、Tバード… 新型の評価は?
名車リバイバル 成功と失敗 ハマー、ブロンコ、Tバード… 新型の評価は?
AUTOCAR JAPAN
テスト最終日は5番手。前年の同時期と比べると「マシンはとてもコンペティティブ」と角田裕毅/F1インタビュー
テスト最終日は5番手。前年の同時期と比べると「マシンはとてもコンペティティブ」と角田裕毅/F1インタビュー
AUTOSPORT web
サーキット派必見! 性能だけじゃないグラムライツ「57FXZリミテッドエディション」は美しくもありました
サーキット派必見! 性能だけじゃないグラムライツ「57FXZリミテッドエディション」は美しくもありました
Auto Messe Web
フェラーリF1、タイムシートでトップ2独占&欠点改善の手応えも、ライバルたちを警戒
フェラーリF1、タイムシートでトップ2独占&欠点改善の手応えも、ライバルたちを警戒
AUTOSPORT web
ベントレーMkV コーニッシュ(2) 設立100周年へ向けた再現 残されていたオリジナル図面
ベントレーMkV コーニッシュ(2) 設立100周年へ向けた再現 残されていたオリジナル図面
AUTOCAR JAPAN
破壊されたプロトタイプ ベントレーMkV コーニッシュ(1) 神秘性を醸し出す曲線美
破壊されたプロトタイプ ベントレーMkV コーニッシュ(1) 神秘性を醸し出す曲線美
AUTOCAR JAPAN
中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京のクルマたち その1
中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京のクルマたち その1
グーネット
まだまだ「車のお手本」か? VWゴルフ50年目の改良新型 苦境を打破する初モノづくし!
まだまだ「車のお手本」か? VWゴルフ50年目の改良新型 苦境を打破する初モノづくし!
乗りものニュース

みんなのコメント

20件
  • 本田宗一郎が発表会に関わった最後の車。
  • 名車ですね。当時のことが思い出されます。今でも街で見かけることがありますが、皆さん、大切になさってて、素晴らしいことだと思います。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

138.8145.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

30.0348.0万円

中古車を検索
ビートの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

138.8145.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

30.0348.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村