現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「端正スタイルで精悍なブラック」BMW特別仕様車「Edition Shadow」発売!グランクーペにはレザーシート標準装備、689万円から

ここから本文です

「端正スタイルで精悍なブラック」BMW特別仕様車「Edition Shadow」発売!グランクーペにはレザーシート標準装備、689万円から

掲載 1
「端正スタイルで精悍なブラック」BMW特別仕様車「Edition Shadow」発売!グランクーペにはレザーシート標準装備、689万円から

■BMW3~4シリーズの計5モデルに特別仕様車が登場

 ビー・エム・ダブリューは2024年2月14日、BMW 3シリーズ、BMW 3シリーズ ツーリング、BMW 4シリーズ グラン クーペに特別仕様車「Edition Shadow(エディション・シャドウ)」を追加。同日に販売開始しました。

【画像】えっ…超カッコイイ! これが特別仕様「精悍なブラック」なBMWです(67枚)

 1972年に登場した5シリーズは、BMWのラインナップでも中核をなすアッパーミディアムサイズ(Eセグメント)セダン・ステーションワゴンです。

 6年ぶりにフルモデルチェンジを迎えて8代目(G60型)となった新型5シリーズは、セダンが2023年7月に発表されています。

 スポーティなデザインや高い走行性能という従来モデルの特徴は踏襲しつつ、プラグインハイブリッドやマイルドハイブリッドなどを組み合わせて全車電動車となり、シリーズ初のEVモデル「i5」を設定しました。

 ボディサイズは全長5060mm×全幅1900mm×全高1505-1515mmで、ホイールベースは2995mmです(セダン/ツーリングとも同一)。先代(G30/G31型)よりも全長は97mm、全幅も32mm拡大しました。

 エクステリアは左右4灯を現代風に解釈したデザインのヘッドライトや、オプションで光る機能も用意する、前方に突き出た「キドニー・グリル」が特徴です。

 サイドは2本のキャラクターラインや高いショルダーラインなどが力強さを演出し、ブラックアウトとなったサイドスカートやフラップタイプのドアハンドルがダイナミックなプロポーションを強調します。

 インテリアはデジタル化によりスイッチの数を大幅に削減したことに加え、BMW史上初の完全ヴィーガンインテリアを採用。シートやインパネだけでなくステアリングも代替素材を使用しています。

 先進機能では、高速道路走行時のハンズオフ機能や車線変更アシスト、自動駐車機能を採用しました。

 今回は、従来どおり設定されてきた5ドアステーションの5シリーズ ツーリング(G61)が追加されました。i5 ツーリングも設定され、BMW初のツーリングモデルのEVとなっています。

 ラゲッジスペースは570リットルを確保し、40:20:40で分割可能なリアシートを倒せば、最大1700リットルまで拡大することが可能です。

 新型5シリーズ ツーリングのパワートレインは、48Vマイルドハイブリッドを搭載する2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンモデル「523d ツーリング xDrive」と出力の異なるEVモデル「i5 ツーリング eDrive40」「i5 ツーリング M60 xDrive」を用意します。

 このうちi5 ツーリング M60 xDriveは、261馬力の前輪モーターと340馬力の後輪モーターを組み合わせ、0-100km/h加速は3.9秒、航続可能距離は445-506kmを実現したハイパフォーマンスモデルです。

 新型5シリーズ ツーリングの価格(消費税込)は890万円から1600万円で、全車右ハンドルのみとなっています。

こんな記事も読まれています

ゴルフ、50歳の誕生日おめでとう!8世代にわたるVWゴルフの高みと低み、そして新型VWゴルフ8 GTEへの展望
ゴルフ、50歳の誕生日おめでとう!8世代にわたるVWゴルフの高みと低み、そして新型VWゴルフ8 GTEへの展望
AutoBild Japan
5年ぶり開催中国……いきなりスプリント形式は「賢明なことだね!」フェルスタッペン思わず皮肉
5年ぶり開催中国……いきなりスプリント形式は「賢明なことだね!」フェルスタッペン思わず皮肉
motorsport.com 日本版
なぜ? アルファロメオ『ミラノ』の車名を禁じられる…なら『ジュニア』だ!
なぜ? アルファロメオ『ミラノ』の車名を禁じられる…なら『ジュニア』だ!
レスポンス
日産サクラの売れ行きを見れば日本でBEVが売れないなんてことはない! ただし大ヒットの裏で必要な「次の一手」とは
日産サクラの売れ行きを見れば日本でBEVが売れないなんてことはない! ただし大ヒットの裏で必要な「次の一手」とは
WEB CARTOP
東京・北区のコミュニティーバスに乗って、B級グルメ「区役所カレー」を食べに行ったら絶品だった件
東京・北区のコミュニティーバスに乗って、B級グルメ「区役所カレー」を食べに行ったら絶品だった件
Merkmal
ホンダが新型「CBR650R」を6/13に発売! 新技術Eクラッチ仕様車にはグランプリレッドも
ホンダが新型「CBR650R」を6/13に発売! 新技術Eクラッチ仕様車にはグランプリレッドも
WEBヤングマシン
スズキ新型「ジムニー」発売!何が変わった? 約2年ぶり刷新のカクカクSUV… 165万円から、反響は?
スズキ新型「ジムニー」発売!何が変わった? 約2年ぶり刷新のカクカクSUV… 165万円から、反響は?
くるまのニュース
ホンダ「レブル250」をアドベンチャーに! コンプリート車両「VESGRIDE-hygge」登場
ホンダ「レブル250」をアドベンチャーに! コンプリート車両「VESGRIDE-hygge」登場
バイクのニュース
サスペンションの新常識! 1G締めがもたらす驚きの効果とは?~カスタムHOW TO~
サスペンションの新常識! 1G締めがもたらす驚きの効果とは?~カスタムHOW TO~
レスポンス
絶対に回避したい、GW渋滞予測ランキング TOP5!【ゴールデンウィーク渋滞予測2024】
絶対に回避したい、GW渋滞予測ランキング TOP5!【ゴールデンウィーク渋滞予測2024】
くるくら
交通安全の影の立役者「カーブミラー」は、なぜオレンジ色で丸鏡?
交通安全の影の立役者「カーブミラー」は、なぜオレンジ色で丸鏡?
月刊自家用車WEB
メルセデス・ベンツ Eクラス ステーションワゴン【1分で読める輸入車解説/2024年最新版】
メルセデス・ベンツ Eクラス ステーションワゴン【1分で読める輸入車解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン
ホンダ新型「CB650R」登場! 初採用のEクラッチ仕様車は専用色も用意されて価格差5万5000円!
ホンダ新型「CB650R」登場! 初採用のEクラッチ仕様車は専用色も用意されて価格差5万5000円!
WEBヤングマシン
一充電の走行距離591km!メルセデス・ベンツが新型電動コンパクトSUV「EQA」を発表
一充電の走行距離591km!メルセデス・ベンツが新型電動コンパクトSUV「EQA」を発表
@DIME
【魅力あるクルマ】モータースポーツ挑戦で得た知見をフル投入した本格派、トヨタGRヤリスの戦闘力
【魅力あるクルマ】モータースポーツ挑戦で得た知見をフル投入した本格派、トヨタGRヤリスの戦闘力
カー・アンド・ドライバー
ホンダ“新”「高級SUV」登場! 黒パーツ&上質内装の「ブラックスタイル」24年夏発売! どんなモデル?
ホンダ“新”「高級SUV」登場! 黒パーツ&上質内装の「ブラックスタイル」24年夏発売! どんなモデル?
くるまのニュース
ホンダ2輪を代表する「CB」の頂点がさらに進化! 憧れのスポーツバイク「CB1300」2モデルが“高級感あふれるカラー”で新登場
ホンダ2輪を代表する「CB」の頂点がさらに進化! 憧れのスポーツバイク「CB1300」2モデルが“高級感あふれるカラー”で新登場
VAGUE
正式にマツダ「最大・最上級車」生産終了! フラッグシップモデルが“22年の歴史”に幕… セダン&ワゴンの代わりは?
正式にマツダ「最大・最上級車」生産終了! フラッグシップモデルが“22年の歴史”に幕… セダン&ワゴンの代わりは?
くるまのニュース

みんなのコメント

1件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

890.0960.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

9.9745.0万円

中古車を検索
5シリーズ ツーリングの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

890.0960.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

9.9745.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村