現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > CLAクラスとAクラスセダン、兄弟車でも価格や性格には大きな違いがある?

ここから本文です

CLAクラスとAクラスセダン、兄弟車でも価格や性格には大きな違いがある?

掲載 46
CLAクラスとAクラスセダン、兄弟車でも価格や性格には大きな違いがある?

コンパクトなボディでありながら、伸びやかで美しいクーペスタイルが特徴のCLAクラスは、メルセデス・ベンツのラインアップで20~30代の比較的若い層にも人気の高いモデルの1つです。一方、現行型のAクラスにはセダンモデルもラインナップされており、CLAクラスと比較されることが多くなっています。今回はそれぞれの特徴について見てみましょう。

メルセデス・ベンツの間口を広げる役割をもったCLAクラスとAクラス
CLAクラスもAクラスは、どちらも同じプラットフォームが用いられており、高級車ブランドとして名高いメルセデス・ベンツに対して、これまで敷居の高さを感じていた層に向けたエントリーモデルという性格が強いモデルです。

>>メルセデス・ベンツ CLAクラスのおすすめグレードとユーザーの評価を見てみる

現行のCLAクラスは2019年8月に登場した2代目です。一方のAクラスは2018年10月にフルモデルチェンジを果たしており、現行モデルは4代目となります。ただ、初代~2代目のAクラスはセカンドカーとしての要素が強かったのに対し、3代目からはスポーティなハッチバックへと大きく変化しており、過去のモデルとの関連性は薄くなっています。

Aクラスが3代目となった直後に、同じプラットフォームを用いた初代CLAクラスが登場しているため、CLAクラスはAクラスの派生車と言うことができます。

それまでは、CLAクラスは4ドアクーペもしくはシューティングブレーク(ステーションワゴン)、Aクラスはハッチバックとなっていたため、ボディタイプですみ分けがされていた両車ですが、2019年7月にはAクラスセダンが発売されたため、ユーザーにとってはさらに選択肢が増えることになりました。

今回は、そんな「コンパクトメルセデス」の中でも、特に比較されることの多いCLAクラスの4ドアクーペとAクラスのセダンを中心に比較してみたいと思います。

>>メルセデス・ベンツ CLAクラスのカタロググレードをチェックする
>>メルセデス・ベンツ Aクラス セダンのカタロググレードをチェックする

パワートレインでは性格の違いが見える?
まず、パワートレインについて見てみましょう。CLAクラスには1.4Lのガソリンの「CLA 180」(508万円)、2Lディーゼルの「CLA 200 d」(542万円)、2Lガソリンの「CLA 250 4MATIC」(607万円)、そしてメルセデスAMGによる高性能仕様である「CLA 35 4MATIC」(764万円)と「CLA 45 S 4MATIC」(923万円)という5つのモデルがラインナップされています。

一方のAクラスセダンも「A 180 セダン」(438万円)、「A 200 d セダン」(488万円)、「A 250 4MATIC セダン」(559万円)と基本的にはCLAクラスと同じパワートレインを搭載したモデルがラインナップされています。

ただ、AクラスセダンのメルセデスAMGによる高性能仕様は「A 35 4MATIC セダン」(718万円)のみとなっており、「45 S 4MATIC」の設定はありません。

しかし、Aクラスセダンにはプラグインハイブリッド車の「A 250 e セダン」(612万円)が用意されている点が、CLAクラスとは大きく異なる点です。

>>メルセデス・ベンツ CLAクラスのカタロググレードをチェックする
>>メルセデス・ベンツ Aクラス セダンのカタロググレードをチェックする

「A 250 e セダン」はプラグインハイブリッド車であることから、充電設備が必要となる点や、そもそも受注生産であるため相応の納期を覚悟する必要がある点などに注意しなければなりませんが、電動車に関心が強い場合にはAクラスのセダンを選択することになりそうです。

反対に、ガソリンエンジンによるメルセデスAMG仕込みのスポーティな走りを楽しみたい場合には、「CLA 45 S 4MATIC」を検討してみても良いかもしれません。

このように、基本的には同じパワートレインを持つ両車ですが、一部で性格の違いが現れているようです。

使い勝手のポイントは後部座席の室内高とラゲッジルーム
では、使い勝手という面ではどうでしょうか? まず荷室も含めた室内のスペースですが、どちらもコンパクトなプラットフォームを利用しているため、特別広いということはありません。

「CLA 180」と「A 180」で比較すると、どちらもフロント部分の室内幅は1455mmとなっており差がありません。リア部分の室内幅についてはCLAクラスが1455mmであるのに対し、Aクラスセダンは1445mmとわずかに狭くなっていますが、実感できるほどではないでしょう。

ホイールベースやフロントシートの室内高についても両車はまったく同じ数値となっているため、運転席や助手席に乗っている限りはその差の違いを感じることはなさそうです。

一方、リアシートの室内高については、CLAクラスの方がAクラスセダンに比べて35mm低くなっています。これはCLAクラスの特徴である美しいボディラインに起因するものですが、両車の使い勝手の差が現れる数少ないポイントであると言えます。

もし、後部座席を日常的に使用する予定がなかったり、あるいは子どもや小柄な人による使用がメインとなる場合にはそれほど気になることはないかもしれません。しかし、そうでない場合には後部座席の使い勝手については事前によくチェックすることをおすすめします。

ラゲッジルームの容量を見ると、CLAクラスは460L、Aクラスは420Lと、意外にもCLAクラスの方が上回っています。どちらも40:20:40の分割可倒式となっており、必要に応じてさらに容量を拡大することが可能です。ちなみに、Aクラスセダンの方が開口部が広いため、大きな物を積載する場合には便利かもしれません。

>>メルセデス・ベンツ CLAクラスのカタロググレードをチェックする
>>メルセデス・ベンツ Aクラス セダンのカタロググレードをチェックする

CLAクラスの方が割高も、スポーティなスタイリングが魅力
最後にCLAクラスとAクラスの価格について見てみましょう。

<CLAクラス>
・CLA 180:508万円
・CLA 200 d:542万円
・CLA250 4MATIC:607万円
・CLA 35 4MATIC:764万円
・CLA 45 S 4MATIC+:923万円

<Aクラスセダン>
・A 180 セダン:438万円
・A 200 d セダン:488万円
・A 250 4MATIC セダン:559万円
・A 35 4MATIC セダン:718万円
・A 250 e セダン:612万円

これらを比較すると、同じパワートレインを搭載したモデルではCLAクラスの方がおよそ50万円程度割高であることがわかります。

これには両車の性格の違いが関係しています。Aクラス セダンは、メルセデス・ベンツのエントリーモデルであるAクラスのセダンモデルという位置付けであるため、手の届きやすい価格であることが重視されています。

その一方で、CLAクラスはより上位のCLSクラスのコンパクト版という性格が強いモデルです。基本的なスペックや機能はAクラスセダンと大きく変わらないものの、内外装のデザイン、特にエクステリアデザインはクラスを超えたプレミアム感を持っており、オーナーの所有欲を満たすものとなっています。

CLAクラスの魅力は、コンパクトなボディとリーズナブルな価格でありながら、近年のメルセデス・ベンツらしいスポーティかつ上質なスタイリングを持っていることです。その点に価値を感じるのであれば、Aクラスセダンとの価格差は決して大きなものとは言えないでしょう。

>>メルセデス・ベンツ CLAクラスのカタロググレードをチェックする
>>メルセデス・ベンツ Aクラス セダンのカタロググレードをチェックする

文:ピーコックブルー
写真:
1~2枚目:CLA
3~4枚目:Aクラス

こんな記事も読まれています

頂点のSL、メルセデスAMG『SL63 4MATIC+』のオプション装備車…東京オートサロン2024
頂点のSL、メルセデスAMG『SL63 4MATIC+』のオプション装備車…東京オートサロン2024
レスポンス
デコトラ映画といえば「トラック野郎」……だけど名作はまだまだあった! デコトラ好きの血を熱くたぎらせる映画5選
デコトラ映画といえば「トラック野郎」……だけど名作はまだまだあった! デコトラ好きの血を熱くたぎらせる映画5選
WEB CARTOP
遂に愛車を決定!? 全方向でちょうどいいヤマハ「MT-125」に試乗 クリステル・チアリのSUNNY RIDE
遂に愛車を決定!? 全方向でちょうどいいヤマハ「MT-125」に試乗 クリステル・チアリのSUNNY RIDE
バイクのニュース
【2024年F1新車情報:メルセデス】フラップやフロアにユニークなアイデアを盛り込み、新コンセプトで設計されたW15
【2024年F1新車情報:メルセデス】フラップやフロアにユニークなアイデアを盛り込み、新コンセプトで設計されたW15
AUTOSPORT web
プラ製スコップでパンチ/怨悔のインタビュー/6年ぶりの優勝【約3分で振り返るWRCスウェーデン】
プラ製スコップでパンチ/怨悔のインタビュー/6年ぶりの優勝【約3分で振り返るWRCスウェーデン】
AUTOSPORT web
ジウジアーロの血が入った新たなメーカーがイタリアに誕生! 5台全部スペックがバグって見える「ラフィット・アウトモビリ」とは
ジウジアーロの血が入った新たなメーカーがイタリアに誕生! 5台全部スペックがバグって見える「ラフィット・アウトモビリ」とは
WEB CARTOP
日野、大型観光バス・セレガを一部改良 法規対応や先進安全装備を追加 3/1発売
日野、大型観光バス・セレガを一部改良 法規対応や先進安全装備を追加 3/1発売
日刊自動車新聞
未発売のトヨタ新型「ワゴンSUV」実車公開! 4つの「クラウン」登場へ! 乗り比べできるイベント開催!
未発売のトヨタ新型「ワゴンSUV」実車公開! 4つの「クラウン」登場へ! 乗り比べできるイベント開催!
くるまのニュース
[15秒でわかる]三菱『トライトン』新型…国内販売開始
[15秒でわかる]三菱『トライトン』新型…国内販売開始
レスポンス
【試乗】素直にカッコイイ! 走りは上質! 燃費もスゴイ! クラウン・スポーツPHEVに死角らしい死角が見当たらない
【試乗】素直にカッコイイ! 走りは上質! 燃費もスゴイ! クラウン・スポーツPHEVに死角らしい死角が見当たらない
WEB CARTOP
新型アストンマーティンにスイッチのコムトゥユー、GTWCヨーロッパでAMRドライバー3名を起用
新型アストンマーティンにスイッチのコムトゥユー、GTWCヨーロッパでAMRドライバー3名を起用
AUTOSPORT web
フェラーリがフロア損傷を乗り越えトップタイム。ルクレール&サインツが警戒するレッドブルの速さ
フェラーリがフロア損傷を乗り越えトップタイム。ルクレール&サインツが警戒するレッドブルの速さ
AUTOSPORT web
そのオトシマエは20年後に!判断ミスを連発する1965年のamt、そして続々登場する名車【アメリカンカープラモ・クロニクル】第21回
そのオトシマエは20年後に!判断ミスを連発する1965年のamt、そして続々登場する名車【アメリカンカープラモ・クロニクル】第21回
LE VOLANT CARSMEET WEB
豊田自動織機 国土交通省は型式指定取り消し処分を決定
豊田自動織機 国土交通省は型式指定取り消し処分を決定
Auto Prove
レッドブルF1のペレスがテスト初登場「RB20に進歩を感じた」と語るも、ライバルが懸念する圧倒的優勢は否定
レッドブルF1のペレスがテスト初登場「RB20に進歩を感じた」と語るも、ライバルが懸念する圧倒的優勢は否定
AUTOSPORT web
排水溝カバーちゃんとしてよ! フェルスタッペン、今後のレースに向け「確認はマスト」
排水溝カバーちゃんとしてよ! フェルスタッペン、今後のレースに向け「確認はマスト」
motorsport.com 日本版
日産、小型トラック・アトラスの4WD車の仕様を一部変更 寒冷地仕様を標準設定
日産、小型トラック・アトラスの4WD車の仕様を一部変更 寒冷地仕様を標準設定
日刊自動車新聞
コンパクトカーとは思えない!? 進化したスズキ新型「スイフト」登場!「走り+α」の魅力とは?
コンパクトカーとは思えない!? 進化したスズキ新型「スイフト」登場!「走り+α」の魅力とは?
くるまのニュース

みんなのコメント

46件
  • 一番の稼ぎ頭を切るって噂があるけど
    そんなことしたらベンツの販売台数が半減するね
    入門グレードや下のクラスの販売が大半なのに
  • CLAクーペはリア頭上が低すぎて背が高い人は頭激突コース。
    シューティングブレークなら全く問題ないが。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

573.0607.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

108.0610.0万円

中古車を検索
CLAクラスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

573.0607.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

108.0610.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村