現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産が次期「エルグランド」匂わせ!? 斬新デザインは実現する? 元祖「キング・オブ・ミニバン」が全面刷新したら「どうなる」のか

ここから本文です

日産が次期「エルグランド」匂わせ!? 斬新デザインは実現する? 元祖「キング・オブ・ミニバン」が全面刷新したら「どうなる」のか

掲載 12
日産が次期「エルグランド」匂わせ!? 斬新デザインは実現する? 元祖「キング・オブ・ミニバン」が全面刷新したら「どうなる」のか

■全固体電池や完全自動運転の実現は随分と先になりそう

 2023年10月28日より11月5日まで開催された「ジャパンモビリティショー2023」で世界初公開された日産「ニッサン ハイパーツアラー」は、多人数乗りのコンセプトカーということで、フラッグシップミニバン「エルグランド」後継車では、と話題を呼びました。
 
 現行型エルグランドはすでにデビューから10年以上が経過し、次期型登場の期待感も高まっていますが、フルモデルチェンジするとしたらどのようなクルマになるのか、予想してみました。

【画像】めちゃカッコいい次期「エルグランド」!? 画像で見る(30枚以上)

 2023年6月にフルモデルチェンジを果たし、新型となっても絶好調の販売を続けるトヨタのフラッグシップミニバンである「アルファード/ヴェルファイア」。

 その一方で、2010年にフルモデルチェンジを実施して以来、現在も改良を重ねながら販売を続けている「エルグランド」は一時期の人気ぶりは見る影もなく、今では月販200台前後と寂しい状況が続いています。

 ただ、ジャパンモビリティショー2023には、ハイパーツアラーと名付けられた次世代のプレミアムEVミニバンが展示され、次期エルグランド登場の期待が高まっています。

 そこで今回は、次期エルグランドがどんなモデルになるのか予想してみます。

 今回発表されたハイパーツアラーは、全固体電池を搭載し、電動駆動4輪制御技術「e-4ORCE」を採用。さらに完全自動運転技術を搭載しているとアナウンスされています。

 残念ながら、現時点でe-4ORCE以外の技術は実用化には至っておらず、全固体電池や完全自動運転などの先進技術が搭載される市販モデルは、まだ少し先の話となりそうです。

 一方、デザインに関してもかなりコンセプトカー然としていて、現実味は薄いイメージです。

 しかしながら現行エルグランドも、2005年に参考出品された「アメニオ」というコンセプトカーのスタイルを採り入れていたことは見逃せないところ。

 さすがにもう少し現実的なデザインになりつつも、一部のデザインテイストは次期エルグランドにもしっかり踏襲されるかもしれません。

 気になるパワートレインですが、全固体電池の搭載は難しくても「アリア」やルノー「メガーヌ E-TECHエレクトリック」が採用するCMF-EVプラットフォームを使用したEVミニバンになる可能性はあるかもしれません。

■まずは「e-POWER」で刷新するのが現実的か

 しかし多人数乗車で長距離移動をすることも少なくないミニバンというキャラクターを考えると、航続距離や充電の問題が付きまとうEV化に踏み切るかどうかは難しいところです。

 EVミニバンをリリースするとしても、それを元祖「キング・オブ・ミニバン」のエルグランド後継車とするのは、やや微妙といえるでしょう。

 となると、エンジンで発電しモーターで駆動する「e-POWER」を搭載したモデルになるという線が、やはり最も現実的ではないでしょうか。

 また、すでにエクストレイル e-POWERにも搭載されているe-4ORCEとの組み合わせが有力と考えられます。

 日産はこうしたe-POWERモデルで顧客を維持しつつ、全固体電池が実用化されたらさらに次の世代へ、という2段階の将来イメージを持っているのかもしれません。

※ ※ ※

 ただエルグランドというと、2代目まではFRレイアウトを採用し、ミニバンらしからぬスポーティなハンドリングも高評価だったモデルでした。

 次期型を諦めていないとアナウンスされているスポーツセダン「スカイライン」と共有する新たなFR車用のプラットフォームを採用したモデルとして登場! というアイデアはどうでしょう。

 ちょっと「ウルトラC」級のアイデアかもしれませんが、もしそんなプランがあればアルファード/ヴェルファイアともハッキリ差別化ができ、もっと面白いことになるかもしれません。

こんな記事も読まれています

アストンマーティンのエンブレムは「鳥」じゃなくてマクラーレンのは「鳥」だった!? 自動車メーカー紋章の意外なトリビア【動物編】
アストンマーティンのエンブレムは「鳥」じゃなくてマクラーレンのは「鳥」だった!? 自動車メーカー紋章の意外なトリビア【動物編】
Auto Messe Web
Juju、プルシェールといったSFルーキーが雨の鈴鹿で続々スピン。その一因を岩佐歩夢が考察「エンジンレスポンスが良いのがトリッキー」
Juju、プルシェールといったSFルーキーが雨の鈴鹿で続々スピン。その一因を岩佐歩夢が考察「エンジンレスポンスが良いのがトリッキー」
motorsport.com 日本版
王座を守る戦いがまもなく開幕。新戦力を迎えたトヨタGR、装いを新たに第1戦カタールに臨む
王座を守る戦いがまもなく開幕。新戦力を迎えたトヨタGR、装いを新たに第1戦カタールに臨む
AUTOSPORT web
ステアリングスイッチでナビ操作が可能に! データシステムからホンダ「N-BOX」「ステップワゴン」用のステアリングリモコンアダプターが登場
ステアリングスイッチでナビ操作が可能に! データシステムからホンダ「N-BOX」「ステップワゴン」用のステアリングリモコンアダプターが登場
くるまのニュース
SF開幕前テスト、初日のトップは午前も午後も牧野任祐。悲願の優勝&王座に向けて好発進も「悪くはないけど、とにかくドライで走りたい」
SF開幕前テスト、初日のトップは午前も午後も牧野任祐。悲願の優勝&王座に向けて好発進も「悪くはないけど、とにかくドライで走りたい」
motorsport.com 日本版
「世界で最も醜い車」がEVで復活!? 伝説のフィアット『ムルティプラ』逆襲なるか
「世界で最も醜い車」がEVで復活!? 伝説のフィアット『ムルティプラ』逆襲なるか
レスポンス
「ステルス」感がハンパない斬新「SUVミニバン」実車展示!? ワイドボディ×マットブラックの謎マシン「ブラーバ オーカス」のベース車とは
「ステルス」感がハンパない斬新「SUVミニバン」実車展示!? ワイドボディ×マットブラックの謎マシン「ブラーバ オーカス」のベース車とは
くるまのニュース
マニュアルはやっぱり楽しい!──新型スズキ スイフト ハイブリッドMX(5MT)試乗記
マニュアルはやっぱり楽しい!──新型スズキ スイフト ハイブリッドMX(5MT)試乗記
GQ JAPAN
マシン大変更のレッドブルに死角なし? 後続に大差つけるトップタイムをマーク。発表会では隠された秘密も明らかに|F1バーレーンテスト初日午前
マシン大変更のレッドブルに死角なし? 後続に大差つけるトップタイムをマーク。発表会では隠された秘密も明らかに|F1バーレーンテスト初日午前
motorsport.com 日本版
純正モニター対応!車載用地デジチューナー発売 HDMI出力OKで高画質を実現 KEIYO
純正モニター対応!車載用地デジチューナー発売 HDMI出力OKで高画質を実現 KEIYO
グーネット
車中泊も可能!? 丸目ライトがカッコいいスズキ「軽商用バン」登場! オシャな「レトロスタイル」お披露目!
車中泊も可能!? 丸目ライトがカッコいいスズキ「軽商用バン」登場! オシャな「レトロスタイル」お披露目!
くるまのニュース
ソロキャンプの味方に!小型ポータブル電源が新登場 2.85kgのお手軽ブックサイズ
ソロキャンプの味方に!小型ポータブル電源が新登場 2.85kgのお手軽ブックサイズ
グーネット
市販ナビやディスプレイオーディオもステアリングスイッチで操作可能、N-BOX用とステップワゴン用のアダプターが発売
市販ナビやディスプレイオーディオもステアリングスイッチで操作可能、N-BOX用とステップワゴン用のアダプターが発売
レスポンス
クロスオーバーから名前も中身も大きく変わりました──新型ミニ カントリーマンJCW試乗記
クロスオーバーから名前も中身も大きく変わりました──新型ミニ カントリーマンJCW試乗記
GQ JAPAN
Juju、雨のテストでスーパーフォーミュラ初のスピンアウトも経験「何が良いかを色々試した。明日はもっともっと成長できたら」
Juju、雨のテストでスーパーフォーミュラ初のスピンアウトも経験「何が良いかを色々試した。明日はもっともっと成長できたら」
motorsport.com 日本版
トヨタ「ハイエース“レガンス”」登場!? 10人乗りの超豪華仕様! まるで“高級ラウンジ”な「4列ミニバン」に反響集まる
トヨタ「ハイエース“レガンス”」登場!? 10人乗りの超豪華仕様! まるで“高級ラウンジ”な「4列ミニバン」に反響集まる
くるまのニュース
過去最多の入場者でにぎわった! ノスタルジック2デイズ 2024
過去最多の入場者でにぎわった! ノスタルジック2デイズ 2024
レスポンス
ついに明らかとなったレッドブルRB20の本当の姿。極小の開口部、コックピット後方にはふたつの穴
ついに明らかとなったレッドブルRB20の本当の姿。極小の開口部、コックピット後方にはふたつの穴
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

12件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

403.8837.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.8560.0万円

中古車を検索
エルグランドの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

403.8837.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.8560.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村