現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > GT-FOURもナシ!! 正直あんま売れなったような……でも7代目セリカって今思えば値段もスペックも結構よくない!?!?

ここから本文です

GT-FOURもナシ!! 正直あんま売れなったような……でも7代目セリカって今思えば値段もスペックも結構よくない!?!?

掲載 35
GT-FOURもナシ!! 正直あんま売れなったような……でも7代目セリカって今思えば値段もスペックも結構よくない!?!?

 セリカと言えば「私をスキーに連れてって」にでていたアレを思い出す人、あるいはラリーで大活躍した丸目4灯のアレだよ!!  など世代によって思い描くセリカがあるはず。それだけ歴史も人気もあったが、どうも最終型を激推しする人が少ない気が。でもでも、今思えばあれこそコスパ最強であって、かなり買いだったんじゃないか!?!?!?

文:小鮒康一/写真:ベストカーWeb編集部

GT-FOURもナシ!! 正直あんま売れなったような……でも7代目セリカって今思えば値段もスペックも結構よくない!?!?

■やっぱGT-FOURよね……でも最終セリカはぜーんぶFF

若モノから絶大な支持を受けていたGT-FOUR。これカッコよかったよね

 トヨタのスペシャリティーカーとして、そしてラリーウェポンとしても名を馳せたセリカ。最近は再びセリカが復活するというような話題も上がっているが、意外となかったことにされている感があるのが、現時点では最後のセリカとなる7代目モデルではないだろうか?

 セリカと言えば前述したようにラリーでの活躍が知られるところ。そのラリーベース車としても知られる「GT-FOUR」グレードは、GRヤリスが登場したときに「GR-FOUR」と往年のセリカを思わせるエンブレムが付けられていたことでも話題となった。

 このセリカGR-FOURは1986年に4代目モデルに設定されたことを皮切りに、6代目モデルまで絶えることなく設定されてきており、セリカのイメージリーダーを担っていたことは間違いない。

 ただ1999年に登場したセリカは一転、ライトウェイトスポーツとして生まれ変わり、ターボモデルも4WD仕様も存在しないモデルとなっていた。

[articlelink]

■ライバルは初代インテR!? TRD謹製モデルも激アツだったのよ

今見ても未来感スゴい!! これが世紀末デビューと思うと……。今なら受け入れられるかも!?!?

 トヨタが1999年にWRCから撤退していたことや、当時のラリーカーのベースがカローラになっていたこと。

 そして2000年夏に控えたカローラシリーズのフルモデルチェンジのタイミングで、コンパクトクーペのカローラレビン/スプリンタートレノが消滅することで、セリカがその後釜を担う必要があったことも影響している。

 その結果、7代目セリカは先代よりも一回り小さなボディと、エンジンも2Lから1.8Lへとダウンサイジングをしたライトウェイトスポーツに生まれ変わったのだった。

 ただ、確かに4WDターボだったGT-FOURからしてみれば刺激の少ないモデルになってしまったかもしれないが、上級モデルでは1.8Lながら190PSを発生する2ZZ-GE型エンジンと6速MTを搭載。

 1.2トンの切る軽量ボディ、そして四輪独立サスペンションというパッケージは初代インテグラタイプRに匹敵するものとなっていたのである。

 事実その素質に目を付けたTRDが「TRDスポーツM」というモデルをリリースしており、こちらは専用のエアロパーツのほか、専用チューニングが施された足回りや10PSアップでインテグラタイプRと同等の200PSを達成した心臓部、さらにボディ補強までもがなされたスペシャルモデルに仕上がっていた。

[articlelink]

■当時は売れず……でも中古車価格ジワジワ上昇中

 ただそれでも当時はGT-FOURがなくなったことと、クーペ市場の冷え込みもあり人気は上向かず、2006年春に終売となってしまった。

 その後は中古車市場でも長らく不人気車の扱いを受けてきた7代目セリカだが、近年再評価する向きもあり、中古車価格はジワジワと上昇中。

 ただタイプRはもう気軽に手の出せない価格となってしまっている一方で、7代目セリカはまだ現実的な価格に留まっているため、狙うのであれば今かもしれない。

こんな記事も読まれています

これが最先端スポーツだった!! 今乗ると遅いけどめっちゃ楽しい[セリカXX] ソアラとの違いは?
これが最先端スポーツだった!! 今乗ると遅いけどめっちゃ楽しい[セリカXX] ソアラとの違いは?
ベストカーWeb
トヨタ[新型FRスポーツ]爆誕!! 車重1トンちょいの超絶楽しいクルマ[S-FR]は2026年に登場か!?
トヨタ[新型FRスポーツ]爆誕!! 車重1トンちょいの超絶楽しいクルマ[S-FR]は2026年に登場か!?
ベストカーWeb
可憐な[カレン]を知っているか! ST200系セリカの兄弟車は端正なフロントマスクのノッチバッククーペだった!!
可憐な[カレン]を知っているか! ST200系セリカの兄弟車は端正なフロントマスクのノッチバッククーペだった!!
ベストカーWeb
日本車レベル越えの[未体験ゾーン]へ!? ロングボディなのに2ドア採用[初代ソアラ]がハンパないカッコいい!!
日本車レベル越えの[未体験ゾーン]へ!? ロングボディなのに2ドア採用[初代ソアラ]がハンパないカッコいい!!
ベストカーWeb
三菱から消えたのは惜しかった……伝統のコンパクトカー[ミラージュ]はなぜ44年の歴史に幕を閉じたのか?
三菱から消えたのは惜しかった……伝統のコンパクトカー[ミラージュ]はなぜ44年の歴史に幕を閉じたのか?
ベストカーWeb
80年代のトヨタが良すぎた!! [日本車の象徴ソアラ]が新時代のクルマと呼ばれたワケ
80年代のトヨタが良すぎた!! [日本車の象徴ソアラ]が新時代のクルマと呼ばれたワケ
ベストカーWeb
ご先祖バカ売れ6代目カローラバン!! その牙城を見事崩した初代プロボックスって冷静にスゴくない!?
ご先祖バカ売れ6代目カローラバン!! その牙城を見事崩した初代プロボックスって冷静にスゴくない!?
ベストカーWeb
「復活発売」までは間違いない新型プレリュードに「タイプR」は設定されるのか?
「復活発売」までは間違いない新型プレリュードに「タイプR」は設定されるのか?
ベストカーWeb
ええええ、クラウンってトラックもあったの!? しかもバカ売れ!! マスターラインの完成度がマジで心鷲掴みだったのよ
ええええ、クラウンってトラックもあったの!? しかもバカ売れ!! マスターラインの完成度がマジで心鷲掴みだったのよ
ベストカーWeb
110万円から買えるGRヤリス!? 驚異の10速AT搭載の[ヴィッツGRスポーツGR]
110万円から買えるGRヤリス!? 驚異の10速AT搭載の[ヴィッツGRスポーツGR]
ベストカーWeb
ハリアーはなぜ人気が続くのか? 下取り価格がまったく落ちない理由と事情
ハリアーはなぜ人気が続くのか? 下取り価格がまったく落ちない理由と事情
ベストカーWeb
中古で良品見つけたら即ゲットしちゃおう! ATよりも100倍楽しいテッパンおすすめMT車7選
中古で良品見つけたら即ゲットしちゃおう! ATよりも100倍楽しいテッパンおすすめMT車7選
ベストカーWeb
中古200万円超えにも納得!! 1.5Lターボが超刺激的! コルトの超絶モデル[ラリーアート]
中古200万円超えにも納得!! 1.5Lターボが超刺激的! コルトの超絶モデル[ラリーアート]
ベストカーWeb
初代キューブに触発!? キャパってコスパ最強じゃない!? 
初代キューブに触発!? キャパってコスパ最強じゃない!? 
ベストカーWeb
え、軽なのにセルシオ並のシートってマジ!? 超絶斬新だった[ソニカ]が鳴かず飛ばずに終わったワケ
え、軽なのにセルシオ並のシートってマジ!? 超絶斬新だった[ソニカ]が鳴かず飛ばずに終わったワケ
ベストカーWeb
70年代のクルマは真っ直ぐ走らない!? 高レスポンス[セリカ リフトバック2000GT]がカッコ良すぎる!
70年代のクルマは真っ直ぐ走らない!? 高レスポンス[セリカ リフトバック2000GT]がカッコ良すぎる!
ベストカーWeb
3代目[プレリュード]人気爆発に納得!! 何故か3代目がハンパなく良かった国産車たち
3代目[プレリュード]人気爆発に納得!! 何故か3代目がハンパなく良かった国産車たち
ベストカーWeb
新型スイフトにRSなし!? スイフトは走りが最高なのよ!! 先代スイフトRSの中古がめっちゃアリ!
新型スイフトにRSなし!? スイフトは走りが最高なのよ!! 先代スイフトRSの中古がめっちゃアリ!
ベストカーWeb

みんなのコメント

35件
  • tma********
    五代目セリカGTRから六代目セリカSSⅡと乗り継いだけど、
    七代目セリカはダウンサイジングしたがライトウエイトスポーツとは言いがたい中途半端さがあった。
    結局七代目セリカへの乗り継ぎは断念し、MR-Sにしてしまったよ。
  • まななま
    セリカと言えば···
    私は······
    『XX』です。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

181.7240.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

34.9650.0万円

中古車を検索
セリカの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

181.7240.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

34.9650.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村