現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ”レーシングマシンのエンジンを搭載”、あの名車「スカイラインGT-R」発売さる!【55年前の今日、こんなことが…】

ここから本文です

”レーシングマシンのエンジンを搭載”、あの名車「スカイラインGT-R」発売さる!【55年前の今日、こんなことが…】

掲載 11
”レーシングマシンのエンジンを搭載”、あの名車「スカイラインGT-R」発売さる!【55年前の今日、こんなことが…】

”多くの新機構を採用した超A級のスポーツ車”

この記事の公開日は2024年2月21日。今から55年前の今日――すなわち1969年2月21日に発売された名車をご存じであろうか? 4ドア・セダンのスカイラインGT-R、PGC10である。

日産の新型大衆車、一般公募から車名を決定!その名も「サニー」【58年前の今日、こんなことが…】

【画像15枚】もはや伝説、最初のGT-Rの雄姿を見る!

1965年、プリンス自工を日産が吸収合併したことにより、プリンス・スカイラインも日産の車種となった。このスカイラインが日産の元で初めてのフルモデルチェンジを行い登場したのが、三代目・C10型系である。まず1500ccの4ドア・セダンとバン、ワゴン(エステート)という布陣で、1968年8月に発売された。先代におけるS54A型(GT-A)の後継モデルである6気筒バージョンは、2000GTの名で同年9月に遅れて追加されている。

一方、S54B型(GT-B)は、レース用のベースモデルという性格が色濃いモデルであり、GT-Rはその後継として、すでに1968年のうちに発表されていた。同年10月に開催された第15回東京モーターショーで、その初公開がなされたのである。ただしこのときはGT-Rというモデル名はなく、「R380のエンジンを搭載したスカイライン2000GT」という触れ込みであった。この時点で「発売は明春の予定」とされていたのだが、その言葉通り、スカイライン2000GT-Rは1969年2月21日に発売されたという訳なのである。

よく知られている通り、スカイラインGT-Rに搭載されたS20は、レーシングプロトR380のエンジンGR8そのままでも、そのデチューン版でもなく、新規に設計されたユニットであった。直列6気筒DOHC 24バルブの2Lという点が共通しているだけであるが、日産ではR380用エンジンの改良版という言い方をしていた。

具体的な説明としては、「多球形式燃焼室、わが国唯一の4バルブ、V型弁配置、クロスフローポートを持つアルミシリンダーヘッド」「クランクシャフトは7ベアリング方式でわが国唯一のサイドボルト式シリンダーヘッドとあいまって、高速耐久性は抜群」「わが国初めてのフル・トランジスター式点火装置の採用」「キャブレターはソレックス各気筒独立2連3装式」「エキゾーストマニホールドは排気効率のよいステンレス製のレーシングタイプ」といった特徴が挙げられており、最高出力160ps/最大トルク18.0kg-mとされている。

サスペンションは2000GT同様に前ストラット/後ろセミトレーリングアームであるが、ブレーキはフロントに大型ディスクを採用。トランスミッションはポルシェタイプ・シンクロメッシュの5速、レース走行を考慮して大型(100L)の燃料タンクが装備される。このほか、ロープロファイル・チューブレス”H”(ハイスピード)タイヤ、ノンスリップデフを具え、またコラプシブル・ステアリングがオプション設定されている。

省略された装備と豊富なレース用オプション
オプションといえば、あまりに有名な逸話であるが、GT-Rではラジオやヒーター、時計も標準では装備されず、オプション扱いであった。このほか一般オプションとしてはマスターバック、ステアリングロック、ワイド型ルームミラー、フォグランプ、アシストグリップなどを用意。レースやラリーのためのオプションとしては、専用のピストンやカムシャフト、エキゾーストマニホールド、オイルクーラーのほか、ウェーバーあるいはソレックスのキャブレター、さらにはシャシー関連のパーツまでが豊富に準備されていた。

GT-Rそのものに話を戻すと、外観は2000GTとほぼ共通であったが、エンジンフードのセンターモールやオーバーライダー、サイドシルモールなどの装飾的要素が省略されている。何より目につくのは後輪のホイールアーチで、レース用タイヤの装着を前提に拡大されており、そのためスカイラインの特徴であるサーフィンライン(リアフェンダーのプレスライン)が途中で断ち切られた格好となっている。随所に配されたGT-Rエンブレムの赤色は、先代スカイラインのGT-Bから継承したものであった。

インテリアも基本的には2000GTと似たものであるが、フロントシートは本格的なバケットタイプとなり(運転席のみヘッドレストを標準装備)、ステアリングホイールやシフトノブはウッドのものを装着、大型のタコメーターやセンターコンソールなども備わっていた。当時の各地区での価格は、札幌:157.1万円、東京・名古屋・大阪:150万円、福岡:152.1万円であった。

こんな記事も読まれています

トヨタの大きなカクカク「最新SUV」発売! ゴツさ満点&快適車中泊な仕様も登場!? 新250のアイテムとは
トヨタの大きなカクカク「最新SUV」発売! ゴツさ満点&快適車中泊な仕様も登場!? 新250のアイテムとは
くるまのニュース
[カーオーディオ・プロショップに行こう♪]プロなら、使い勝手の良い「サブウーファーボックス」を作れる!
[カーオーディオ・プロショップに行こう♪]プロなら、使い勝手の良い「サブウーファーボックス」を作れる!
レスポンス
【ドゥカティ】ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京で開催されたイベント「Ducati Day 2024」のレポートを公開
【ドゥカティ】ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京で開催されたイベント「Ducati Day 2024」のレポートを公開
バイクブロス
ノーマルシビックに羽根を授ける! モデューロが新たな実効空力テールゲートスポイラーを公開!
ノーマルシビックに羽根を授ける! モデューロが新たな実効空力テールゲートスポイラーを公開!
ベストカーWeb
楽天市場お買い物マラソンで MAXWIN のドラレコなどが最大20%OFF!
楽天市場お買い物マラソンで MAXWIN のドラレコなどが最大20%OFF!
バイクブロス
日産自動車、北京モーターショーで4車種の新エネルギー車のコンセプトカーを公開
日産自動車、北京モーターショーで4車種の新エネルギー車のコンセプトカーを公開
月刊自家用車WEB
FIA F2バルセロナ・インシーズンテストがスタート。初日はマクラーレン育成ボルトレートが最速
FIA F2バルセロナ・インシーズンテストがスタート。初日はマクラーレン育成ボルトレートが最速
AUTOSPORT web
高速道路でクルマが故障! 「謎の△」無いと罰金6000円!? 使い方わからない人も多い「三角表示板」とは
高速道路でクルマが故障! 「謎の△」無いと罰金6000円!? 使い方わからない人も多い「三角表示板」とは
くるまのニュース
こんないいクルマあるなら日本で売ってよスズキさん! 乗りたい欲が抑えきれない「海外専売モデル」4台
こんないいクルマあるなら日本で売ってよスズキさん! 乗りたい欲が抑えきれない「海外専売モデル」4台
WEB CARTOP
あえて今、「マニュアル車」という選択肢! “電動化時代”におけるその存在意義とは
あえて今、「マニュアル車」という選択肢! “電動化時代”におけるその存在意義とは
Merkmal
マツダ「CX-80」を世界初公開! 最上級3列シートの新型SUV、日本での発売はどうなる?
マツダ「CX-80」を世界初公開! 最上級3列シートの新型SUV、日本での発売はどうなる?
くるくら
三菱自 欧州モデルASXのデザインを一新し、機能を拡大
三菱自 欧州モデルASXのデザインを一新し、機能を拡大
Auto Prove
三菱「新型パジェロ」!? 登場“2026年”か!? 復活待望の「本格SUV」はタフ顔&高級感アゲアゲに? 大胆デザインの予想CG登場
三菱「新型パジェロ」!? 登場“2026年”か!? 復活待望の「本格SUV」はタフ顔&高級感アゲアゲに? 大胆デザインの予想CG登場
くるまのニュース
唯一無二の存在感をレゴで再現 「レゴテクニックKawasaki Ninja H2R」発売
唯一無二の存在感をレゴで再現 「レゴテクニックKawasaki Ninja H2R」発売
バイクのニュース
500%も! akippaがゴールデンウィークの駐車場混雑を予想
500%も! akippaがゴールデンウィークの駐車場混雑を予想
レスポンス
【ブレイズ】電動3輪スクーター「EVデリバリー」が豊橋農業協同組合に導入
【ブレイズ】電動3輪スクーター「EVデリバリー」が豊橋農業協同組合に導入
バイクブロス
ディーゼルは「オワコン」なんかじゃない! 「水素×ディーゼル」もアリのカーボンニュートラルに向けた可能性
ディーゼルは「オワコン」なんかじゃない! 「水素×ディーゼル」もアリのカーボンニュートラルに向けた可能性
WEB CARTOP
テスラ CO2削減に貢献するモデル3、モデルYの価格を引き下げし、超高性能グレード「パフォーマンス」も追加発売
テスラ CO2削減に貢献するモデル3、モデルYの価格を引き下げし、超高性能グレード「パフォーマンス」も追加発売
Auto Prove

みんなのコメント

11件
  • しまだ
    当時の広告では、R380のエンジンをそのまま搭載とありましたね。おおらかな時代でした。
  • kat********
    リヤガラスの熱線レスが一番有名なのでは
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

456.9948.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.82050.0万円

中古車を検索
スカイラインの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

456.9948.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.82050.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村