現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > メルセデスAMG初のEV登場!「AMG EQS 53」は761馬力で最高時速250km/h

ここから本文です

メルセデスAMG初のEV登場!「AMG EQS 53」は761馬力で最高時速250km/h

掲載 9
メルセデスAMG初のEV登場!「AMG EQS 53」は761馬力で最高時速250km/h

■4輪駆動のパフォーマンスモデルは0-100km/h加速3.4秒の俊足EV

 独メルセデスAMGは2021年9月5日、AMG初となるバッテリー駆動の量産電気自動車(EV)「AMG EQS 53 4MATIC+」を、現在ドイツ・ミュンヘンで開催されている国際モーターショー「IAAモビリティ2021」で発表しました。

【画像】761馬力で最高時速250km!「AMG EQS」を見る(27枚)

 AMG EQS 53 4MATIC+は、先日欧州で発売されたメルセデスEQシリーズのフラッグシップモデル「EQS」の高性能バージョンです。

 全長5216mm×全幅1926mm×全高1512mm、ホイールベース3210mmというボディサイズです。ちなみに新型「Sクラス」は全長5180mm×全幅1920mm×全高1505mm、ホイールベース3105mm(S400d標準ボディ・日本仕様)なので、ほぼ同等のサイズ感になります。いわば「Sクラス」のEVバージョンがEQSです。

 AMG EQS 53 4MATIC+の核になるのは、前後のアクスルにひとつずつ、計2つのモーターによるドライブコンセプトです。

 AMGが開発した4MATIC+、すなわちパフォーマンス志向の四輪駆動が搭載されており、あらゆる条件下で駆動力を最適に路面に伝達します。

 ベーシック版のAMG EQS 53 4MATIC+は、トータル最高出力484kW(658馬力)・最大トルク950Nmを発生しますが、オプションで用意される「AMGダイナミックプラス・パッケージ」を装着すると、ブースト機能付きの「レーススタート」モードで最高出力が560kW(761馬力)・最大トルク1020Nmまで向上します。

 AMGダイナミックプラス・パッケージ装着車の場合、メルセデスAMG EQS 53 4MATIC+は、バッテリーの充電量が80%以上の状態で、0-100km/h加速3.4秒、最高速度は、250km/h(リミッター)というパフォーマンスを発揮します。ベーシックモデルのAMG EQSは、0-100km/h加速が3.8秒(バッテリー残量80%以上)。最高速度は220km/h(リミッター)です。

■わずか19分で最大300kmの航続距離追加

 搭載するリチウムイオンバッテリーの容量は107.8kWh。コバルトの含有量を10%まで削減し、ニッケル:コバルト:マンガンを8:1:1の割合で配合した最適な活物質を使うなど、サステナビリティを大幅に向上させているのも特徴です。

 バッテリーのマネージメントシステムもAMG専用に構成され、ドライビングモードの「スポーツ」「スポーツ+」ではパフォーマンスを、「コンフォート」では航続距離を重視します。

 新世代のバッテリーのもうひとつのメリットは、充電時間が大幅に短縮されたことです。

 メルセデスEQの姉妹車と同様、バッテリーは最大200kWの急速充電に対応します。この場合、わずか19分で最大300km(WLTPモード)分の電力を補充することが可能です。また普通充電は最大22kWに対応し、日本においては双方向充電も可能になっています。

 またバッテリーは耐久性にも優れています。インテリジェントな制御により充電中のバッテリーの負荷を軽減、バッテリーの劣化プロセスをおくらせることができます。また充電中断機能は、自由に選択できる時間帯に充電を中断、深夜時間帯など安価なオフピーク電力をあとから利用することも可能です。

 バッテリー保証は10年または25万kmとなっています。

※ ※ ※

 メルセデスAMG社の取締役会長、フィリップ・シーマー氏は「AMG EQS 53 4MATIC+は、パフォーマンスセグメントの初のオールエレクトリックカーです。ラグジュアリーな雰囲気の中に革新的な電動モビリティと、スポーティで俊敏なドライビングダイナミクスの組み合わせを求めるクルマ好きのためのモデルです。AMG初のEVにより、新たな顧客層を獲得できることは間違いありません。

 そう遠くない将来、完全に自社開発したAMG EAプラットフォームを用いて、さらにAMGのEVモデルが登場するでしょう」とコメントします。

こんな記事も読まれています

「ジャパンモビリティショー2024」開催決定 新しい事業つくるビジネスイベントに
「ジャパンモビリティショー2024」開催決定 新しい事業つくるビジネスイベントに
グーネット
アウディ A4/A5シリーズに“傑作”うたう2つの特別仕様車 インテリアの質感アップ
アウディ A4/A5シリーズに“傑作”うたう2つの特別仕様車 インテリアの質感アップ
グーネット
SUBARUサンバーを快走仕様!「誰もやらないスピーカー修復」2
SUBARUサンバーを快走仕様!「誰もやらないスピーカー修復」2
グーネット
小さいことに価値があるGLAのベストバイがコレ!【メルセデス・ベンツ GLA】
小さいことに価値があるGLAのベストバイがコレ!【メルセデス・ベンツ GLA】
グーネット
昭和世代じゃなきゃ理解不可能!? マツダがこだわる[ロータリーエンジン]って何がそんなにスゴい?
昭和世代じゃなきゃ理解不可能!? マツダがこだわる[ロータリーエンジン]って何がそんなにスゴい?
ベストカーWeb
新型[コスモスポーツ]復活!! 特許庁に出願されたから市販化秒読み!? しかもリトラクタブルも続行
新型[コスモスポーツ]復活!! 特許庁に出願されたから市販化秒読み!? しかもリトラクタブルも続行
ベストカーWeb
彼女のマツダ「RX-7」は175台限定の「タイプRZ」でした! ドレスデザイナーがFD3Sを選んだ理由と愛車に巡り合ったストーリーとは
彼女のマツダ「RX-7」は175台限定の「タイプRZ」でした! ドレスデザイナーがFD3Sを選んだ理由と愛車に巡り合ったストーリーとは
Auto Messe Web
鉄人リードのル・マン連続出場途切れる。ドライバー変更のプロトン、マスタング3台目のカラーリングを公開
鉄人リードのル・マン連続出場途切れる。ドライバー変更のプロトン、マスタング3台目のカラーリングを公開
AUTOSPORT web
中国GP以降伸び悩むセルジオ・ペレス。契約更新の保留が大きなプレッシャーに
中国GP以降伸び悩むセルジオ・ペレス。契約更新の保留が大きなプレッシャーに
AUTOSPORT web
ハイブリッドでクラシックな「アメリカン」 ジープ・グランドチェロキー 4xeへ試乗 悪路性能は圧巻
ハイブリッドでクラシックな「アメリカン」 ジープ・グランドチェロキー 4xeへ試乗 悪路性能は圧巻
AUTOCAR JAPAN
人はなぜ「◯◯界のロールス・ロイス」を目指すのか? 最高であり文化の香り漂うのは「ベル・エポック」という豊かな時代に誕生したから!?
人はなぜ「◯◯界のロールス・ロイス」を目指すのか? 最高であり文化の香り漂うのは「ベル・エポック」という豊かな時代に誕生したから!?
Auto Messe Web
フォード・マスタング躍進。チャズ・モスタート&キャメロン・ウォーターズが今季初勝利/RSC第4戦
フォード・マスタング躍進。チャズ・モスタート&キャメロン・ウォーターズが今季初勝利/RSC第4戦
AUTOSPORT web
2024スーパーGT第3戦鈴鹿のGT300クラス公式予選Q1組分けが発表
2024スーパーGT第3戦鈴鹿のGT300クラス公式予選Q1組分けが発表
AUTOSPORT web
ふたつの心臓を持つ猛牛!ウルスにプラグインHVが登場【ランボルギーニ ウルスSE】
ふたつの心臓を持つ猛牛!ウルスにプラグインHVが登場【ランボルギーニ ウルスSE】
グーネット
5速MTのみ! オープントップの新型「スポーツモデル」発表! レトロデザインに「タテ型マフラー」採用した「小さな高級車」に反響あり
5速MTのみ! オープントップの新型「スポーツモデル」発表! レトロデザインに「タテ型マフラー」採用した「小さな高級車」に反響あり
くるまのニュース
フォード・マスタング 史上初「4ドア仕様」導入か 派生モデル展開を示唆、しかしEV化は否定
フォード・マスタング 史上初「4ドア仕様」導入か 派生モデル展開を示唆、しかしEV化は否定
AUTOCAR JAPAN
アンドレッティ、元FIAチーフテクニカルオフィサーのパット・シモンズを獲得。2026年に向け技術規則の知識が活きるか
アンドレッティ、元FIAチーフテクニカルオフィサーのパット・シモンズを獲得。2026年に向け技術規則の知識が活きるか
AUTOSPORT web
ブガッティの正規アイテムがネットで購入できる! アパレルからビリヤード台まで…実車は果たして購入可能!?
ブガッティの正規アイテムがネットで購入できる! アパレルからビリヤード台まで…実車は果たして購入可能!?
Auto Messe Web

みんなのコメント

9件
  • バッテリー保証は良い。
    けど、結局10年後、25万キロ走ったら知らないよという事。アウトバーンの有るヨーロッパでは25万キロはかなり現実的な距離だね。
    10年落ち、走行25万キロの中古車は・・・ゼロ円という事か。EVの中古車ってのは成り立つのかなあ。
  • バッテリー保証いいね
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1518.02233.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

48.01930.0万円

中古車を検索
Sクラスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1518.02233.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

48.01930.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村