現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ新型「ヤリス」発表! 約490万円の高級仕様もアリ! “新”ハイブリッド×幅広ボディのヨーロピアン仕様! めちゃ速そうな「GR-S」もある「コンパクトカー」ポーランドで発売

ここから本文です

トヨタ新型「ヤリス」発表! 約490万円の高級仕様もアリ! “新”ハイブリッド×幅広ボディのヨーロピアン仕様! めちゃ速そうな「GR-S」もある「コンパクトカー」ポーランドで発売

掲載 20
トヨタ新型「ヤリス」発表! 約490万円の高級仕様もアリ! “新”ハイブリッド×幅広ボディのヨーロピアン仕様! めちゃ速そうな「GR-S」もある「コンパクトカー」ポーランドで発売

■新ハイブリッドはシステム最大トルクを30%アップ

 トヨタのポーランド法人は2024年2月14日、コンパクトカー「ヤリス」の一部改良を実施しました。
 
 新たにハイブリッドモデルに130馬力の高出力版を追加しています。

【画像】めちゃカッコいい! トヨタ新型「ヤリス」を画像で見る(30枚以上)

 コンパクトカーのヤリスは、1999年に初代モデルが誕生しました。

 以降、2005年に2代目、2010年に3代目が登場しましたが、日本では「ヴィッツ」の車名で販売されていました。

 しかし2020年のフルモデルチェンジで現行型(4代目)に切り替わった際、国内仕様についても世界共通のヤリスに車名を統一しています。

 ボディサイズは全長3940mm×全幅1745mm(日本仕様は1695mm)×全高1500mm。日本では2023年に「パッソ」が生産を終えたことから、軽を除くトヨタ車のなかで国内最小モデルとなっています。

 今回追加された新たなモデルには、従来のシステム最高出力116馬力/最大トルク141Nmを発揮するハイブリッドシステム「Hybrid116」に加え、新たに高性能版「Hybrid130」を搭載しました。

 ヤリスのハイブリッドモデルは、1.5リッター直列3気筒ガソリンエンジンと2モーターの組み合わせです。

 新しいHybrid130は、モーター出力を59kWから62kWにアップし、パワーコントロールユニットのソフトウェア改善などを実施し、システム最高出力116馬力(従来比:12%増)/最大トルク185Nm(30%増)に性能向上を図っています。

 0-100km/h加速は0.5秒アップの9.2秒となり、80km/hから120km/hの追越し加速も7.5秒に短縮されました。

 こうした性能向上に関わらず高い環境性能は維持され、カタログ燃費は3.9リットル/100kmから4.3リットル/100km(約25.6km/Lから23.3km/L)[WLTP複合サイクル燃費]を実現しています。

 このHybrid130は、新設定された上級仕様「プレミアエディション」とスポ―ティグレード「GR SPORT」に搭載されます。

 また今回の改良では、最新世代の運転支援システム「トヨタセーフティセンス」や「トヨタチームメイト」を搭載し、運転中や駐車などのサポートを行います。

インテリアでは、12.3インチのカラー液晶メーターを採用したほか、センターディスプレイも10.5インチとし操作性を向上させています。

 新型ヤリスのポーランドにおける販売価格は、1.5リッターガソリンモデルが8万4900ズウォティ(約320万円)から10万1900ズウォティ(約384万円)、Hybrid116モデルが9万9900ズウォティ(約377万円)から11万9900ズウォティ(約452万円)。

 そして新設定のHybrid130は、プレミアエディションが12万8900ズウォティ(約486万円)、GR SPORTが12万9900ズウォティ(約490万円)となっています。

こんな記事も読まれています

F1エミリア・ロマーニャGP FP1:大型アップデート実施のフェラーリ、ルクレールが首位発進。角田は6番手につける
F1エミリア・ロマーニャGP FP1:大型アップデート実施のフェラーリ、ルクレールが首位発進。角田は6番手につける
AUTOSPORT web
フェルスタッペン、マクラーレン勢との激しいポール争いを制す。角田裕毅が躍動7番手|F1エミリア・ロマーニャGP予選
フェルスタッペン、マクラーレン勢との激しいポール争いを制す。角田裕毅が躍動7番手|F1エミリア・ロマーニャGP予選
motorsport.com 日本版
アジアクロスカントリーラリー、2024年大会のマレーシア区間中止が決定。タイでの一国開催に
アジアクロスカントリーラリー、2024年大会のマレーシア区間中止が決定。タイでの一国開催に
AUTOSPORT web
角田裕毅、今季5度目のQ3進出で7番手! 熾烈ポール争いはフェルスタッペン制す|F1エミリア・ロマーニャGP予選速報
角田裕毅、今季5度目のQ3進出で7番手! 熾烈ポール争いはフェルスタッペン制す|F1エミリア・ロマーニャGP予選速報
motorsport.com 日本版
トヨタ[新型FRスポーツ]爆誕!! 車重1トンちょいの超絶楽しいクルマ[S-FR]は2026年に登場か!?
トヨタ[新型FRスポーツ]爆誕!! 車重1トンちょいの超絶楽しいクルマ[S-FR]は2026年に登場か!?
ベストカーWeb
「ルート66」で一番有名なネオンが30年ぶりに点灯!「ロイズ」を再興したのはひとりの日系人でした【ルート66旅_52】
「ルート66」で一番有名なネオンが30年ぶりに点灯!「ロイズ」を再興したのはひとりの日系人でした【ルート66旅_52】
Auto Messe Web
“これまでとは違うオートポリス”の戦い方。過去の経験が邪魔になる?/SF第2戦プレビュー
“これまでとは違うオートポリス”の戦い方。過去の経験が邪魔になる?/SF第2戦プレビュー
AUTOSPORT web
アーロンが最速。FIA F2フリー走行はベアマンのクラッシュで赤旗終了に/第4戦イモラ
アーロンが最速。FIA F2フリー走行はベアマンのクラッシュで赤旗終了に/第4戦イモラ
AUTOSPORT web
レクサスの中国製コピー? 上級ワンボックスEVが英国上陸 マクサス・ミファ9へ試乗 価格なりの高水準
レクサスの中国製コピー? 上級ワンボックスEVが英国上陸 マクサス・ミファ9へ試乗 価格なりの高水準
AUTOCAR JAPAN
シボレー「アバランチ」をおりて日産「タイタン」に返り咲いた理由は?『スプラトゥーン』のデザインを取り入れたボディが遊び心満点です
シボレー「アバランチ」をおりて日産「タイタン」に返り咲いた理由は?『スプラトゥーン』のデザインを取り入れたボディが遊び心満点です
Auto Messe Web
コラピントがファイナルラップのオーバーテイクで初優勝掴む。宮田莉朋14位|F2イモラスプリント
コラピントがファイナルラップのオーバーテイクで初優勝掴む。宮田莉朋14位|F2イモラスプリント
motorsport.com 日本版
道譲らないとダメ? たまに遭遇する「民間の緊急車両」どう対応すればいいのか
道譲らないとダメ? たまに遭遇する「民間の緊急車両」どう対応すればいいのか
乗りものニュース
アンダー350万円! 新型「既視感ありまくりSUV」公開! 5速MT&4.3m級のコンパクトボディ採用! 3列7人乗りの「グルカ“5ドア”」印に登場
アンダー350万円! 新型「既視感ありまくりSUV」公開! 5速MT&4.3m級のコンパクトボディ採用! 3列7人乗りの「グルカ“5ドア”」印に登場
くるまのニュース
【F1チームの戦い方:小松礼雄コラム第5回】好発進から一転。“少し感情的になった”ケビンと今後のアプローチを話し合い
【F1チームの戦い方:小松礼雄コラム第5回】好発進から一転。“少し感情的になった”ケビンと今後のアプローチを話し合い
AUTOSPORT web
「話が来たのは先週の日曜」急きょ参戦のバーニコートがIMPULに合流。気になる第3戦以降のドライバーは?
「話が来たのは先週の日曜」急きょ参戦のバーニコートがIMPULに合流。気になる第3戦以降のドライバーは?
AUTOSPORT web
テスラより安い中国最新EV オンボ「L60」 航続距離は最長1000km
テスラより安い中国最新EV オンボ「L60」 航続距離は最長1000km
AUTOCAR JAPAN
ホンダ「N-ONEカップ」に青木拓磨選手が参戦!「HDRS」からレースへのステップアップを自らが実証します。2024年初のHDRSは袖ヶ浦から
ホンダ「N-ONEカップ」に青木拓磨選手が参戦!「HDRS」からレースへのステップアップを自らが実証します。2024年初のHDRSは袖ヶ浦から
Auto Messe Web
スズキ「ジムニー」自衛隊車両に!? ファンの夢を形にした「新型」佐賀地本が公開
スズキ「ジムニー」自衛隊車両に!? ファンの夢を形にした「新型」佐賀地本が公開
乗りものニュース

みんなのコメント

20件
  • sgr********
    490万円
    海外の人達はお金持ちになり
    日本人は貧乏になった。
    日本人には手が出ない。
  • ゲルビス
    もういいでしょう
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

150.1235.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

84.8318.0万円

中古車を検索
ヤリスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

150.1235.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

84.8318.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村