現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ロータリーエンジンが帰ってきた! プラグインハイブリッドの動力源でも復活は嬉しいです【Key’s note】

ここから本文です

ロータリーエンジンが帰ってきた! プラグインハイブリッドの動力源でも復活は嬉しいです【Key’s note】

掲載 18
ロータリーエンジンが帰ってきた! プラグインハイブリッドの動力源でも復活は嬉しいです【Key’s note】

待望の復活を遂げたロータリーエンジン

レーシングドライバーであり自動車評論家でもある木下隆之が、いま気になる「key word」から徒然なるままに語る「Key’s note」。今回のキーワードは「ロータリーエンジンの復活」についてです。初めての愛車がロータリーエンジン搭載車という木下さん。役割が変わったとはいえ、復活したことは嬉しいという。ロータリーエンジンへの思いを語ってもらいました。

BMW新型「X1」のスマホ充電トレイが秀逸! 冷却機能もついてGにも耐える構造が最高すぎません?【Key's note】

プラグインハイブリッドの動力源としてMX-30に搭載

「電気モーターのように回転するロータリーエンジンが、電気自動車として復活」

マツダの至宝、ロータリーエンジンの復活を知った時に、僕の頭にはそんなタイトルが浮かんでしまいました。

世界でも稀なロータリーエンジンは、繭のようなローターがユニットの中で回転することで動力を発生します。一般的なレシプロエンジンが、上下に動くピストンが動力を生み出すのとは異なり、回転運動がそのままプロペラシャフトを回転させ、タイヤを回転させるのですから、クルマの動力源として理にかなっているように思えます。

実際にロータリーエンジンは、レシプロエンジンと比較して約2分の1の排気量で同等のパワーを絞り出します。ですから、パワーユニットそのものはとてもコンパクトに仕上げることが可能ですし、それゆえに軽量なのです。

これまでマツダのスポーツカーに搭載されながら、人気を博してきました。サバンナやRX-7、あるいはRX-8といった走り自慢のクルマのパワーユニットとして、多くのマニアに支持されてきたのです。日本車として初めてル・マン24時間を制したのもロータリーエンジンでした。

ですが、エミッションの点で難題を抱えており、特に地球規模の環境意識の高まりには劣勢に追い込まれました。燃費性能や排ガスの点では難題を完璧にクリアできていません。それゆえに、スポーツカーのパワーユニットとしての使命は中断しています。

ただし、マツダはロータリーエンジン開発の手を緩めていませんでした。2023年、ロータリーエンジンをMX-30に搭載。レンジエクステンダー式のプラグインハイブリッドの動力源として復活させたのです。

MX-30のハイブリッドシステムはシリーズ式ともいわれ、走りは電気モーターに100%依存します。ロータリーエンジンは駆動輪とは直結しておらず、バッテリーに電力を貯める発電機としての機能に専念しています。いわば、ロータリーエンジンを積んだ電気自動車なのです。

古くからのロータリーエンジンファンは寂しがるかもしれません。ロータリーエンジンを高回転で炸裂させ、得られたパワーを直接路面に叩きつけて激走するシーンを想像すると、たしかに残念かもしれませんね。

軽量コンパクトなエンジン本体が電動化に貢献

ただし、ロータリーエンジンは軽量コンパクトです。競合のハイブリッドモデルが大きく質量のかさむレシプロエンジンを搭載していることを考えれば、ロータリーエンジンであることが有利でもあります。軽量なことは燃費性能で有利に働くからです。

MX-30に搭載されるロータリーエンジンはロータリーハウジングがひとつの1ローターシステムです。かつてのように、ロータリーハウジングを2段にも3段にも重ねる必要がなく、相当に軽量コンパクトに抑えることが可能になっています。排気量はわずか830cc。ロータリーエンジンが駆動輪に直接繋がっていないことは寂しくもありますが、ロータリーエンジンの最大の魅力が生かされたのだと考えると、穏やかな気持ちになりませんか?

レシプロエンジンのピストンの動きをミクロの視点で観察すれば、停止と加速を繰り返しますが、ロータリーエンジンは常に回転を続けています。電気モーターのように回ると称されるのは、まさに回転運動の賜物なのです。そしてそれがややスタイルは異なったとはいえ、電気モーターのエネルギー源として姿を変えて蘇ったことを歓迎したいと思います。

実は僕が運転免許証を取得し、初めてドライブしたのがサバンナでありロータリーエンジン搭載車でした。それゆえの感情もありますが、素直にロータリー復活を喜びたいと思います。

ちなみに、僕が初めて聞くことになった1ローターのサウンドは、腕の中で抱かれた愛猫がコロコロと喉を鳴らすようであり、優しいリズムを刻んでいました。

こんな記事も読まれています

【新車価格情報】軽自動車 デビュー&改良情報(ダイジェスト)※2024年4月20日時点
【新車価格情報】軽自動車 デビュー&改良情報(ダイジェスト)※2024年4月20日時点
カー・アンド・ドライバー
GW渋滞、九州道のピークは5月3日に最大30km! 東九州道と長崎道も混雑か【ゴールデンウィーク渋滞予測2024】
GW渋滞、九州道のピークは5月3日に最大30km! 東九州道と長崎道も混雑か【ゴールデンウィーク渋滞予測2024】
くるくら
運転免許証「12桁の数字」どんな意味? 個人情報はドコまで分かる?最後の“1桁“に隠れているコトとは
運転免許証「12桁の数字」どんな意味? 個人情報はドコまで分かる?最後の“1桁“に隠れているコトとは
くるまのニュース
バイクのタイヤ交換した! 交換したタイヤのベストな保管方法とは
バイクのタイヤ交換した! 交換したタイヤのベストな保管方法とは
バイクのニュース
レンジローバー最初のEV、プロトタイプの写真を公開
レンジローバー最初のEV、プロトタイプの写真を公開
レスポンス
東京ディズニーの新ホテル、1泊34万円超の豪華客室も[新聞ウォッチ]
東京ディズニーの新ホテル、1泊34万円超の豪華客室も[新聞ウォッチ]
レスポンス
遂に試乗!原点回帰のランクル新型「250シリーズ」。「300」、「70(ナナマル)」、先代もイッキ乗り!!
遂に試乗!原点回帰のランクル新型「250シリーズ」。「300」、「70(ナナマル)」、先代もイッキ乗り!!
月刊自家用車WEB
フェラーリが大型スポンサー契約締結! 米テクノロジー大手とのタッグでチーム名も『スクーデリア・フェラーリ HP』に
フェラーリが大型スポンサー契約締結! 米テクノロジー大手とのタッグでチーム名も『スクーデリア・フェラーリ HP』に
motorsport.com 日本版
渋滞40kmも!? 関越道「イライラGW渋滞」今年はいつが酷いのか 「穴場の時間帯」知ればストレス全然違う!? 鬼門の「高坂SA」の状況は
渋滞40kmも!? 関越道「イライラGW渋滞」今年はいつが酷いのか 「穴場の時間帯」知ればストレス全然違う!? 鬼門の「高坂SA」の状況は
くるまのニュース
あの「ハチハチ」を再現!! ホンダ「NSR250R」が1/12スケール完成品モデルで新登場
あの「ハチハチ」を再現!! ホンダ「NSR250R」が1/12スケール完成品モデルで新登場
バイクのニュース
アストンマーティン『DBX』に改良新型、内装一新…707馬力仕様に一本化
アストンマーティン『DBX』に改良新型、内装一新…707馬力仕様に一本化
レスポンス
スバル、レガシィセダンの生産を2025年春に終了 セダンはWRXのみのラインアップへ
スバル、レガシィセダンの生産を2025年春に終了 セダンはWRXのみのラインアップへ
日刊自動車新聞
三菱ふそう、キャリアカー仕様のeキャンター新型など展示予定…ジャパントラックショー2024
三菱ふそう、キャリアカー仕様のeキャンター新型など展示予定…ジャパントラックショー2024
レスポンス
フェイスリフトされた新型「アウディ A3」をテスト&徹底チェック!第4世代A3の性能と評価は?
フェイスリフトされた新型「アウディ A3」をテスト&徹底チェック!第4世代A3の性能と評価は?
AutoBild Japan
いすゞとUDトラックス、ジャパントラックショー2024に共同で出展へ
いすゞとUDトラックス、ジャパントラックショー2024に共同で出展へ
レスポンス
新型ヴェゼルがビッグマイナー! 新グレードも!
新型ヴェゼルがビッグマイナー! 新グレードも!
グーネット
やっぱりダイハツ不正の影響は大きい! 2023年度の新車販売台数ランキング「盤石のクルマ」と「急落したクルマ」
やっぱりダイハツ不正の影響は大きい! 2023年度の新車販売台数ランキング「盤石のクルマ」と「急落したクルマ」
WEB CARTOP
レッドブルF1、注目集まる2025年ドライバーラインアップ決定は”シーズン終盤”に「我々は今のペアで満足」
レッドブルF1、注目集まる2025年ドライバーラインアップ決定は”シーズン終盤”に「我々は今のペアで満足」
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

18件
  • ike********
    発電用のエンジンとして積まれたロータリーを「ロータリーエンジン復活!」と喜んでいいのだろうか…微妙
  • 藍流頓瀬奈
    ロータリーエンジンの特性そのものとしては一定回転の発電機としての使い方は合ってる。
    でもやっぱりコレジャナイっておっしゃる方も多い…
    ホンダのe:HEVのように高速域でエンジン直結するシステムならロータリーのフィールも楽しめると思うが…
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

264.0299.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

149.8269.8万円

中古車を検索
MX-30の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

264.0299.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

149.8269.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村