サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > カウンタックから続く、行って戻って後輪を駆動するパワートレイン──ランボルギーニのV12

ここから本文です
■ L539シリンダー配列 V型12気筒排気量 6498cc内径×行程 95.0mm×76.4mm圧縮比 11.8最高出力  544kW/8400rpm最大トルク  690Nm/5500rpm給気方式  NAカム配置 DOHC ブロック材 アルミ合金吸気弁/排気弁数 2/2バルブ駆動方式 ロッカーアーム燃料噴射方式 PFIVVT/VVL In/X

 ランボルギーニのV12には三世代ある。最初は創業の1965年に、元フェラーリのジオット・ビッザリーニ技師の設計で完成した3.5ℓV12。これはミウラで4.0ℓになり、カウンタックにも適用された。

おすすめのニュース

サイトトップへ