現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 約3500万円! 日産が新型「GT-R NISMO」実車公開! 新デザイン採用で「圧倒的存在感」の“最強仕様”! 進化し続ける「究極モデル」NYに展示

ここから本文です

約3500万円! 日産が新型「GT-R NISMO」実車公開! 新デザイン採用で「圧倒的存在感」の“最強仕様”! 進化し続ける「究極モデル」NYに展示

掲載 更新 35
約3500万円! 日産が新型「GT-R NISMO」実車公開! 新デザイン採用で「圧倒的存在感」の“最強仕様”! 進化し続ける「究極モデル」NYに展示

■新型「GT-R NISMO」実車が登場!

 日産の北米法人は、2024年3月29日から4月8日まで開催された「ニューヨーク国際オートショー(以下NYショー)」にて、「GT-R NISMO」の2024年モデルを出展しました。

【画像】新デザイン採用! 新型「GT-R NISMO」を画像で見る(59枚)

 GT-R NISMOは、日産「GT-R」のパフォーマンスをさらに高めたモデル。

 GT-Rは、究極のドライビングプレジャーを追求し常に進化を続けてきた、日産のプレミアムスーパースポーツカーで、現行モデルは2007年にデビューした「R35型」。

 登場以降も常に進化と熟成を重ねており、現在まで17年にわたる改良が続けられています。

 NYショーに出展された新型GT-R NISMOは、通常モデルのGT-RをベースにNISMOが最先端のレーシングテクノロジーを惜しみなく投入した高性能ロードバージョン。

 搭載する3.8リッターのV型6気筒ツインターボエンジンは、NISMOによる専用チューニングによって最高出力600馬力・最大出力652Nmにパワーアップ。これにデュアルクラッチトランスミッションを組み合わせて4輪を駆動します。

 ただでさえ高性能なGT-Rのパフォーマンスをより高めるべく、レスポンスに優れたターボチャージャーや、制動力とコントロール性を発揮するカーボンセラミックブレーキ、軽量化に貢献するカーボン製ルーフ、カーボン製エンジンフード、カーボン製フロントフェンダーなどが搭載され、「走る」「止まる」「曲がる」といった能力を極限まで追求しています。

 今回NYショーにも登場した2024年モデルでは、デザインの変更も実施し、水平基調でワイド感を強調。さらに、新しいシグネチャーDTRL(デイタイムランニングライト)も採用しました。

 フロントグリルの開口部は従来モデルよりも小型化されていますが、走行時の空気の取り込み量は変わっていないということで、従来の高い冷却性能をキープしつつ空気抵抗をより下げることに成功しています。

 リアのデザインも、バンパーサイドやトランクリッドの上面にもエッジを装着するなど進化が見られ、これによっても空気抵抗の低減が図られたほか、特徴的なスワンネックタイプの専用リアウイングによりダウンフォースが向上。

 さらに操安性能と旋回性能の向上させるフロントメカニカルLSDも標準装備されました。

 内装の改良点としては、フロントシートにレカロ社が開発した新しいモデルを採用し、シートの横剛性を50%向上。

 重量の増加を抑えながら剛性を上げることで、コーナリング中などにドライバーの姿勢確保を力強くサポートし、よりステアリング操作に集中することが可能となっています。

※ ※ ※ 

 NYショーに登場した出展された新型GT-R NISMOの米国における米国における販売価格は、22万990ドル(3491万円)からとなっています。

こんな記事も読まれています

日産新型「スカイライン」今夏発売! 最強420馬力の匠“手組みエンジン”搭載!? レトロな特別仕様「限定100台・947万円」 まだ買える? 
日産新型「スカイライン」今夏発売! 最強420馬力の匠“手組みエンジン”搭載!? レトロな特別仕様「限定100台・947万円」 まだ買える? 
くるまのニュース
5リッター“V8”搭載! レクサス新型「スポーティセダン」登場! 480馬力超えでめちゃ楽しそうな「IS」に反響も! NYに登場
5リッター“V8”搭載! レクサス新型「スポーティセダン」登場! 480馬力超えでめちゃ楽しそうな「IS」に反響も! NYに登場
くるまのニュース
420馬力! 日産新型「最強セダン」登場! 爆速すぎる新型「スカイラインNISMO」が完売!? どんな人が買った?
420馬力! 日産新型「最強セダン」登場! 爆速すぎる新型「スカイラインNISMO」が完売!? どんな人が買った?
くるまのニュース
MT&ターボエンジン搭載! 日産「流麗スポーツハッチ」あった!? 全長4.3m“流麗デザイン”×「上質内装」採用! 登場期待された「若者向けモデル」とは
MT&ターボエンジン搭載! 日産「流麗スポーツハッチ」あった!? 全長4.3m“流麗デザイン”×「上質内装」採用! 登場期待された「若者向けモデル」とは
くるまのニュース
日産の「和製“高級”スーパーカー」! 大排気量“V8”搭載でめちゃ楽しそう! ド迫力ボディも超カッコイイ「インフィニティC VGT」とは
日産の「和製“高級”スーパーカー」! 大排気量“V8”搭載でめちゃ楽しそう! ド迫力ボディも超カッコイイ「インフィニティC VGT」とは
くるまのニュース
1000馬力&2億円超え「モンスターオフローダー」の正体とは? 迫力満点のルックスはランドローバーのよう! 「SVローバー」は何がスゴい?
1000馬力&2億円超え「モンスターオフローダー」の正体とは? 迫力満点のルックスはランドローバーのよう! 「SVローバー」は何がスゴい?
VAGUE
レクサス新型「高級SUV」2WD&爆速の“軽快モデル”登場! 斬新デザインの「RZ」改良モデルが英で登場
レクサス新型「高級SUV」2WD&爆速の“軽快モデル”登場! 斬新デザインの「RZ」改良モデルが英で登場
くるまのニュース
マツダ最強版「新型ロードスター」実車公開! 国内初の「2L」仕様は“市販化”前提!? めちゃスゴイ新型「RS C」とは
マツダ最強版「新型ロードスター」実車公開! 国内初の「2L」仕様は“市販化”前提!? めちゃスゴイ新型「RS C」とは
くるまのニュース
歴代モデル最強! “超豪華2ドアクーペ”が新「V8ハイブリッド」搭載で進化! 新型「コンチネンタルGT」2024年6月発表へ
歴代モデル最強! “超豪華2ドアクーペ”が新「V8ハイブリッド」搭載で進化! 新型「コンチネンタルGT」2024年6月発表へ
くるまのニュース
スバルが新「4ドアセダン」を初公開! 同時に「BRZ改」もお披露目!? 3年目の集大成とは
スバルが新「4ドアセダン」を初公開! 同時に「BRZ改」もお披露目!? 3年目の集大成とは
くるまのニュース
日産が新型「流麗セダン」発表! 6速MT設定あり&ド迫力顔が超カッコイイ! 顔面刷新の「セントラ」智に登場
日産が新型「流麗セダン」発表! 6速MT設定あり&ド迫力顔が超カッコイイ! 顔面刷新の「セントラ」智に登場
くるまのニュース
1.6Lターボ搭載のレクサス「小さな高級車」実車展示! 黄色アクセントのスポーティ仕様「LBX MORIZO RR」 どんな特徴?
1.6Lターボ搭載のレクサス「小さな高級車」実車展示! 黄色アクセントのスポーティ仕様「LBX MORIZO RR」 どんな特徴?
くるまのニュース
マツダ新型「すごい5ドアハッチバック」実車公開!? 精悍エアロの「爆速マツダ3」がやって来た! ド迫力で爆速な「MAZDA SPIRIT RACING 3」藤沢に登場
マツダ新型「すごい5ドアハッチバック」実車公開!? 精悍エアロの「爆速マツダ3」がやって来た! ド迫力で爆速な「MAZDA SPIRIT RACING 3」藤沢に登場
くるまのニュース
驚愕「1億超え」も!? 日本一の高級車ってどのクルマ? いつか乗りたい“高級国産車”ランキングトップ3
驚愕「1億超え」も!? 日本一の高級車ってどのクルマ? いつか乗りたい“高級国産車”ランキングトップ3
くるまのニュース
日産が新型「小型セダン」発表! SRバッチ&リアスポイラー装着!? 精悍顔「ヴァーサ」に新グレード「SR」 ブラジルで発売
日産が新型「小型セダン」発表! SRバッチ&リアスポイラー装着!? 精悍顔「ヴァーサ」に新グレード「SR」 ブラジルで発売
くるまのニュース
最強「V8エンジン」の爆音が轟く! 670馬力の新型「FRスポーツカー」実車公開に驚きの声! ツインターボ搭載の爆速「シックスパック」にも期待大!
最強「V8エンジン」の爆音が轟く! 670馬力の新型「FRスポーツカー」実車公開に驚きの声! ツインターボ搭載の爆速「シックスパック」にも期待大!
くるまのニュース
日産「新型コンパクトSUV」発表! 斬新“デザイン”が超スタイリッシュ! 6速MTアリ&鮮烈イエロー復活の「ジューク」豪に登場
日産「新型コンパクトSUV」発表! 斬新“デザイン”が超スタイリッシュ! 6速MTアリ&鮮烈イエロー復活の「ジューク」豪に登場
くるまのニュース
日産の新型「小さな高級車」公開! “大胆顔”「コンパクトSUV」のデザインに込められた意味とは? オシャ内装&タフ外装の「新キックス」米に登場へ
日産の新型「小さな高級車」公開! “大胆顔”「コンパクトSUV」のデザインに込められた意味とは? オシャ内装&タフ外装の「新キックス」米に登場へ
くるまのニュース

みんなのコメント

35件
  • rer********
    元々ベースが777万だったか?
    カーボンパーツ多用とnismoで3500万ですか・・
    もう初期とは別物といっても、基本設計は変わらないでしょうに
    高すぎだろ笑
  • f82********
    3500万は高過ぎ
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1444.33061.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

588.023000.0万円

中古車を検索
NISSAN GT-Rの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1444.33061.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

588.023000.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村