現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > パレットから改名してブレーク!! タント、N-BOXに迫る「よさ」は?? 初代スペーシア試乗プレイバック

ここから本文です

パレットから改名してブレーク!! タント、N-BOXに迫る「よさ」は?? 初代スペーシア試乗プレイバック

掲載 16
パレットから改名してブレーク!! タント、N-BOXに迫る「よさ」は?? 初代スペーシア試乗プレイバック

 2013年3月より登場したスズキ 初代スペーシアの試乗記事をプレイバック。当初、タントのワイドなスライドドア、N-BOXの抜群に広い室内に対し、スペーシアで目立つのは29.0km/LのJC08モード燃費だけだった。突出した機能がない代わりに、長い間にわたり便利に使えるのがスペーシアと答えた開発陣の言葉の真偽を確かめるべく、試乗を敢行!(本稿は「ベストカー」2013年1月10日号に掲載した記事の再録版となります)

文:渡辺陽一郎/写真:中里慎一郎

パレットから改名してブレーク!! タント、N-BOXに迫る「よさ」は?? 初代スペーシア試乗プレイバック

■動力性能、ハンドリング、乗り心地はどうだ?

スズキ スペーシアに試乗! 軽自動車の新星はライバルを超えたのか!?

 まずはノーマルエンジンを搭載した売れ筋のX。足まわりはボディの傾き方を抑えるスタビライザーを装着し、タイヤは14インチを履く。

 最初に気付いたのは乗り心地が硬いこと。時速50km前後までは、路面の細かなデコボコを伝える。

 影響したのはタイヤの設定だ。燃費重視で転がり抵抗を減らすべく、エコタイヤのダンロップエナセーブEC300を装着し、指定空気圧は280kPaまで高めた。

 通常は190~220kPa前後だから、乗り心地が硬くなって当然だ。N-BOXやタントのほうが重厚感があって快適に走れる。

 その半面、操舵に対する動きの鈍さは感じない。操舵角度に忠実に回り込み、少し速度を高めても旋回軌跡を拡大させにくい。

NAは圧倒的アドバンテージの燃費性能。なお、売れ筋グレードの価格はスペーシア(X)132万3000円、タント(X)132万円で価格差は小さい

NAのパワー&トルクは52ps、6.4kgm。ややパワー不足だが、エンジン回転を高めにキープするとよく走る

 こうなると旋回速度が高まって不安を感じるが、曲がっている途中でアクセルを閉じたり、ブレーキを踏んでも挙動を大きく乱すことはなかった。

 これはスペーシアの注目点。ライバル車は安定性を確保すべく後輪の接地性を重視して、速度を少し高めて曲がると旋回軌跡を拡大させる。

 車両を曲げることを抑えて安定させたが、スペーシアではこの妥協をあまり感じない。

 動力性能もスペーシアが優位だ。Xの車両重量は850kgだから、タントに比べて80kg、N-BOXよりは100kg軽く、実用回転域の加速に余裕がある。ただし、登坂路や高速道路では力不足を感じる。

 続いてターボのT。操舵性や乗り心地はNAと変わりなく、64psの動力性能は軽量ボディとの組み合わせで、1.3Lのコンパクトカーと遜色ない。JC08モード燃費も26.0km/L。

 NAの動力性能に不満ならターボを検討したい。

ターボはコンパクトカー並みの動力性能を誇る

64ps、9.7kgmというパワー&トルクのターボエンジン。コンパクトカークラスに匹敵する加速力をみせる

■スペーシアvsタント 燃費ガチンコ対決

 スペーシアのJC08モード燃費は29.0km/L。ライバル車のタントは25.0km/L。東京ディズニーリゾート周辺を2台でドライバーを交代しながら走って実用燃費を計測した。

 車載燃費計によれば、スペーシアが20.8km/L、タントは16.6km/Lだ。JC08モード燃費の達成率は、スペーシアが72%、タントは67%になる。

 ここまで差が開くとは思わなかった。スペーシアの誤差が大きいと仮定して5%を差し引いても、19.8km/Lで達成率は68%。スペーシアはやはり燃費性能が優れる。

 不思議なのはボディが60kg軽く、全高が95mm低いワゴンRが28.8km/Lでスペーシアが29.0km/Lになること。開発者にスペーシアの秘策を尋ねた。

「スペーシアでは、ワゴンRが採用しない低燃費技術として、タイミングチェーンの幅を35%狭く抑えた。CVTの副変速機はローギアを使う機会を減らし、ハイギア状態を長く保てるように制御している。エンジンにも手を加え、これらが数値を押し上げた」と説明する。

市街地を約1時間連続走行して燃費を計測。スペーシアの20.8km/L対し、タントは16.6km/L。スペーシアのアイドリングストップが効果的

■居住性、使い勝手、シートアレンジ

 インパネなど内装の造りは、上質ではないが不満もない。前席はパレットに対してバックレストを60mm拡大。肩まわりのサポート性もいい。座面は柔軟。サイズ、座り心地ともに満足できる。ただしライバル車との差はつきにくい。

 後席はアレンジが多彩。床面へ落とし込むように畳めばボックス状の荷室になり、自転車も積みやすい。折り畳みに加えて前後スライドも左右独立式だ。

 後席の左側にチャイルドシートを装着した時、前に寄せれば信号待ちの時などに親が子供のケアをしやすい。右側は後端まで寄せると、足元が広がって大人も座れる。左右両方を前側に寄せれば、車内の後部に子供用の自転車を積む空間も得られる。

数値的にライバルに後れをとる室内高だが、実用上は充分だろう。自転車も収納できる設定である

 N-BOXでは、後席の座面を持ち上げて車内の中央に背の高い荷物を積めるが、スライドの機能はない。

 タントはスペーシアと同じアレンジが可能だが、後席は座面の柔軟性が乏しく、大人の着座に適さない。スペーシアの座り心地も快適とはいえないが、タントよりは座面がしなやかで不満を感じない。

 収納設備は豊富。グローブボックスの内部にボックスティッシュを収めると、その上部のトレイに設けられた開口部からティッシュペーパーを取り出せる。

 フロントオーバーヘッドコンソールにもボックスティッシュが収まり、この状態でグローブボックス内部に別売りのユーティリティボックスを装着すると、前述の開口部を使ってゴミ箱としても機能する。

 スペーシアは多彩なシートアレンジと後席の座り心地を両立させ、背の高い軽自動車でありながら走行安定性もいい。突出した注目点はないが、機能のバランスが取れている。開発者のコメントは誇張ではなかった。

■乗ってわかったスペーシアの◯と×

 背の高い軽自動車ながら操舵感が自然で曲がりやすく、ボディが軽いから動力性能も不満を感じにくい。燃費も優秀だ。

 内装では後席に注目。多彩なアレンジと座り心地を両立させた。

 ただし、後席を畳むと前席のスライド量が制限され、身長170cm以上のドライバーは、体がハンドルやペダルに近づきやすい。スライドドアの開口幅も少し狭く、N-BOXを60mm下まわる。

 乗り心地はXとTは硬めだ。しかし13インチタイヤのGは少し快適。

 スタビライザーは非装着だが、タントやN-BOXに似て操舵感を鈍く抑え、バランスはさほど悪くない。XとTの乗り心地もGに近づけてほしい。

後席のシートは座り心地がよく○。

14インチのエコタイヤは硬い乗り心地で×

■スズキ 初代スペーシア 主要スペック(グレードX・FF)

・全長×全幅×全高:3395×1475×1735mm
・室内長×室内幅×室内高:2215×1320×1375mm
・ホイールベース:2425mm
・車重:850kg
・エンジン形式:直3DOHC
・総排気量:658cc
・最高出力:52ps/6000rpm
・最大トルク:6.4kgm/4000rpm
・JC08モード燃費:29.0km/L
・価格:132万3000円
・エコカー減税:免税

(内容はすべてベストカー本誌掲載時のものです)

【画像ギャラリー】軽自動車の新星はライバルを超えたのか!? 初代スペーシア試乗の様子をギャラリーでチェック(12枚)

投稿 パレットから改名してブレーク!! タント、N-BOXに迫る「よさ」は?? 初代スペーシア試乗プレイバック は 自動車情報誌「ベストカー」 に最初に表示されました。

こんな記事も読まれています

ホンダ[新型フリード]は”もっといい”に進化!! 超実用性が高い3列目採用でシエンタと差別化へ
ホンダ[新型フリード]は”もっといい”に進化!! 超実用性が高い3列目採用でシエンタと差別化へ
ベストカーWeb
正直ホント高くね!? [新型フリード]から[ランドクルーザー250]まで……なぜ[新型車]は一斉に大幅値上げするのか?
正直ホント高くね!? [新型フリード]から[ランドクルーザー250]まで……なぜ[新型車]は一斉に大幅値上げするのか?
ベストカーWeb
ついに最小SUVロッキー/ライズのHVも生産再開!! 安くていいクルマで、まあ…売れるわな……
ついに最小SUVロッキー/ライズのHVも生産再開!! 安くていいクルマで、まあ…売れるわな……
ベストカーWeb
[初代RAV4]はまさにトヨタ版ジムニー!! 全長3.7mに[3ドア採用]でマジで最高だった
[初代RAV4]はまさにトヨタ版ジムニー!! 全長3.7mに[3ドア採用]でマジで最高だった
ベストカーWeb
新型ヴェゼルの足元は2種類あるってマジ? 純正採用タイヤから見えたホンダのガチ開発力
新型ヴェゼルの足元は2種類あるってマジ? 純正採用タイヤから見えたホンダのガチ開発力
ベストカーWeb
車重910kgで走りがスポーティ!! [新型スイフト]はリッター25km超えも後席が快適じゃない!?
車重910kgで走りがスポーティ!! [新型スイフト]はリッター25km超えも後席が快適じゃない!?
ベストカーWeb
コイツは[掘り出しもの]!! 4WD標準で激コスパよしの[ホンダ最新SUV]がたまらんのよ!!
コイツは[掘り出しもの]!! 4WD標準で激コスパよしの[ホンダ最新SUV]がたまらんのよ!!
ベストカーWeb
大人4人乗車でも快適な[ノート]!! 内装も上質! e-POWERの燃費を稼ぐコツは?
大人4人乗車でも快適な[ノート]!! 内装も上質! e-POWERの燃費を稼ぐコツは?
ベストカーWeb
モーターの動力性能に余裕アリ!! [アクア]は滑らかで乗り心地もいい!乗ってわかる意外な欠点とは?
モーターの動力性能に余裕アリ!! [アクア]は滑らかで乗り心地もいい!乗ってわかる意外な欠点とは?
ベストカーWeb
こんなクルマよく売ったな!! 【愛すべき日本の珍車と珍技術】時代が早すぎた? 今だったら売れたかもしれない! プレミアムワゴンのアヴァンシア!
こんなクルマよく売ったな!! 【愛すべき日本の珍車と珍技術】時代が早すぎた? 今だったら売れたかもしれない! プレミアムワゴンのアヴァンシア!
ベストカーWeb
次期ハスラーが見えた!(たぶん)
次期ハスラーが見えた!(たぶん)
ベストカーWeb
未だ通用する[実力車]!? 天才タマゴと呼ばれた[初代エスティマ]の凄さって?
未だ通用する[実力車]!? 天才タマゴと呼ばれた[初代エスティマ]の凄さって?
ベストカーWeb
スズキ「快適軽ワゴン」がスゴい! 6年ぶり全面刷新で“クラス超え”「豪華リアシート」採用! “日本イチ売れてる”「スペーシア」の特徴は?
スズキ「快適軽ワゴン」がスゴい! 6年ぶり全面刷新で“クラス超え”「豪華リアシート」採用! “日本イチ売れてる”「スペーシア」の特徴は?
くるまのニュース
日本が誇るスポーツセダンP10プリメーラよもう一度! 欧州車を超えたハンドリングのいいセダンはもう生まれないのか?
日本が誇るスポーツセダンP10プリメーラよもう一度! 欧州車を超えたハンドリングのいいセダンはもう生まれないのか?
ベストカーWeb
トヨタのステーションワゴン復活熱望!! 5ナンバーサイズの[ビスタ・アルデオ]今こそ人気爆発の存在!?
トヨタのステーションワゴン復活熱望!! 5ナンバーサイズの[ビスタ・アルデオ]今こそ人気爆発の存在!?
ベストカーWeb
オヤジは衝撃!? 今どきの若者にとってデートカーが[プレリュード]なんてもう古い!! 令和のデートカー5選
オヤジは衝撃!? 今どきの若者にとってデートカーが[プレリュード]なんてもう古い!! 令和のデートカー5選
ベストカーWeb
アイデア倒れの珍装備とおじさんが復活してほしい昭和の[クルマ装備]
アイデア倒れの珍装備とおじさんが復活してほしい昭和の[クルマ装備]
ベストカーWeb
価格は約243万円~補助金込み全グレード200万円切り! ホンダ軽商用バン[N-VAN e:]2024年10月発売開始!!!
価格は約243万円~補助金込み全グレード200万円切り! ホンダ軽商用バン[N-VAN e:]2024年10月発売開始!!!
ベストカーWeb

みんなのコメント

16件
  • tma********
    キャンドルオレンジのスペーシアXに妻が乗っていました。
    娘が朝自転車で駅まで行き、帰り雨で駅まで迎えに行き自転車ごと運ぶのに便利でした。
    その後、スペーシアは娘が乗るようになり、もう自転車を積むほどハイトでなくてもよくなったのでキャンバスに替えてしまった。
  • カーズの一味
    当方、現在初代スペーシアを所有しております。
    パレットからスペーシアにモデルチェンジして1番変わったのはボディー軽量化と思います。
    もちろんエンジンはK6Aのショートストロークから変わりR06Aのロングストロークエンジンに切り替わって、
    実然比がかなり良くなりました。
    記事にも有りますが、ハンドリングがこの手のスーパーハイトワゴンにしてはコーナーリング特性が良いです。
    ダメな点はジャトコ製CVTミッションがギクシャクギクシャクして不快です。
    運転席シート座面のウレタンが設計当初から薄く劣化しやすくすぐにへたりが出ます。
    標準車のシート生地も汚れやすく、耐久性も良く有りません。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

153.0182.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.8294.0万円

中古車を検索
スペーシアの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

153.0182.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.8294.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村