サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > クラウンは徳川幕府と同じく15代で終わる? 決してマイナスではない終了という決断!

ここから本文です

 タクシー用途を考えたモデルは50万km走れるとされていた

 最近、「クラウンが現行モデルを最後に廃止になるのでは?」とか、「後継車種へ引き継がれる模様」といったニュースがウェブ上をにぎわせている。「いまさら言うかよ」と思う人もいるかもしれないが、筆者が現行モデルを初めて見た時「この代で終わりそうだな」と感じていたので、これらの報道には“やっぱり“くらいにしか思えなかった。

ガソリンや軽油よりも安いのになぜ? タクシーに採用されるLPガス車が乗用車に広まらないワケ

 初代クラウンがデビューしたのは1955年なので、2020年で65年目を迎えたことになる。同一車名でこれだけ長くラインアップを続けてきたこと自体、世界的にも珍しいことだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ