現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【ボクらの時代録】2001年の日本カー・オブ・ザ・イヤー。初代ホンダ・フィット(GD1/2︎型)の明るいスモール提案

ここから本文です

【ボクらの時代録】2001年の日本カー・オブ・ザ・イヤー。初代ホンダ・フィット(GD1/2︎型)の明るいスモール提案

掲載 2
【ボクらの時代録】2001年の日本カー・オブ・ザ・イヤー。初代ホンダ・フィット(GD1/2︎型)の明るいスモール提案

ホンダらしく「小さいこと」の素晴らしさを提案

 フィットは「スモールカーの革新を目指した」意欲作だ。ボクはホンダのこの主張を素直に受け入れるし、「よくやった」とも思う。
 ルックスは見てのとおりで、スタイリッシュだ。シャープでモダンで、ホンダ車らしい。注目は、スペース性とシートアレンジ性である。3830×1675×1525mm(FF車)のボディサイズの中に創出したキャビン空間は文句なく大きい。多様に変化するシートアレンジとラゲッジスペースは、まるで手品を見せられているような印象さえ受ける。シートもゆったりとしている。

関連タグ

こんな記事も読まれています

昔のクルマは動かすだけでもひと苦労! それがゆえに「予測運転」の技術も磨かれていた
昔のクルマは動かすだけでもひと苦労! それがゆえに「予測運転」の技術も磨かれていた
WEB CARTOP
アルピーヌ、開幕戦は2台揃ってグリッド最後列に沈む。壊滅的な苦戦もオコンは前を向く「みんなで顔を上げて団結する時」
アルピーヌ、開幕戦は2台揃ってグリッド最後列に沈む。壊滅的な苦戦もオコンは前を向く「みんなで顔を上げて団結する時」
motorsport.com 日本版
まさかの「軽トラクーペ」初公開!? 斬新すぎる「流麗荷台」×ゴツバンパー搭載! 市販化期待の“新カスタムモデル”に反響
まさかの「軽トラクーペ」初公開!? 斬新すぎる「流麗荷台」×ゴツバンパー搭載! 市販化期待の“新カスタムモデル”に反響
くるまのニュース
王者マックス・フェルスタッペンを止めるのは誰だ?F1の2024年シーズンがバーレーンで開幕
王者マックス・フェルスタッペンを止めるのは誰だ?F1の2024年シーズンがバーレーンで開幕
@DIME
新社会人、必見! 2024春 安くていいクルマ、オススメのモデルはこれ!【スバル・インプレッサ】
新社会人、必見! 2024春 安くていいクルマ、オススメのモデルはこれ!【スバル・インプレッサ】
月刊自家用車WEB
メルセデス、レース重視のセットアップを選択。予選重視ならポールポジションも狙えるポテンシャルあった?
メルセデス、レース重視のセットアップを選択。予選重視ならポールポジションも狙えるポテンシャルあった?
motorsport.com 日本版
0-96km/h加速<1秒、テスラ『ロードスター』新型は2025年発売…マスクCEO
0-96km/h加速<1秒、テスラ『ロードスター』新型は2025年発売…マスクCEO
レスポンス
“ワイドすぎる”日産「新型GT-R」実車公開! 極太センターマフラー&巨大ウィング採用! 最新顔だけど実は旧モデル“な「35R-2024EDITION」とは
“ワイドすぎる”日産「新型GT-R」実車公開! 極太センターマフラー&巨大ウィング採用! 最新顔だけど実は旧モデル“な「35R-2024EDITION」とは
くるまのニュース
24年前の日産「スカイラインGT-R」が1億円!? なぜ国産スポーツカーは軒並み高騰? 豪州で見つかったR34GT-Rの“数奇な運命”とは
24年前の日産「スカイラインGT-R」が1億円!? なぜ国産スポーツカーは軒並み高騰? 豪州で見つかったR34GT-Rの“数奇な運命”とは
VAGUE
不動車のホンダ「ベンリイC92」をエンジンのプロがレストア!車体側各部の不具合点検と修復を行います【vol.9】
不動車のホンダ「ベンリイC92」をエンジンのプロがレストア!車体側各部の不具合点検と修復を行います【vol.9】
バイクのニュース
トヨタ、初日は8&13番手に終わるも「ロングランでは明らかに改善が見られた」/第1戦カタール
トヨタ、初日は8&13番手に終わるも「ロングランでは明らかに改善が見られた」/第1戦カタール
AUTOSPORT web
やはりトヨタは正しかったのか? 新型エンジンも作るってマジ!? ベンツが2030年フルEV化政策を撤回!
やはりトヨタは正しかったのか? 新型エンジンも作るってマジ!? ベンツが2030年フルEV化政策を撤回!
ベストカーWeb
【ロイヤル・エンフィールド】「METEOR 350」各車の価格が決定!「Auroraシリーズ」が追加!新色「Aurora Blue」「Aurora Green」「Aurora Black」を展開  
【ロイヤル・エンフィールド】「METEOR 350」各車の価格が決定!「Auroraシリーズ」が追加!新色「Aurora Blue」「Aurora Green」「Aurora Black」を展開  
モーサイ
【お得なクーポン】が新規会員登録者全員に!「ヤマハ バイクレンタル」のキャンペーンは3月1日から  
【お得なクーポン】が新規会員登録者全員に!「ヤマハ バイクレンタル」のキャンペーンは3月1日から  
モーサイ
日産自動車が自動運転モビリティサービスの事業化に向けた取り組みを発表
日産自動車が自動運転モビリティサービスの事業化に向けた取り組みを発表
月刊自家用車WEB
盗難を感知するとクラクションで撃退!ハンドルロックで愛車のセキュリティ対策
盗難を感知するとクラクションで撃退!ハンドルロックで愛車のセキュリティ対策
月刊自家用車WEB
メルセデス・ベンツ、Gクラスの特別仕様車「AMG G 63 Grand Edition」を発表 ゴールドの専用ホイールなどを装備
メルセデス・ベンツ、Gクラスの特別仕様車「AMG G 63 Grand Edition」を発表 ゴールドの専用ホイールなどを装備
月刊自家用車WEB
ルノー、「ルノー5」のEVモデルを発表 日本導入も検討中
ルノー、「ルノー5」のEVモデルを発表 日本導入も検討中
月刊自家用車WEB

みんなのコメント

2件
  • xwa********
    ワンエンジン、ワントランスミッション。グレードの違いは装備の差のみ。豊富なカラー。
    当時、シビックを所有していて、ホンダディーラーと付き合いがあったが、「これは間違いなく大ヒットしますよ」と言うと、セールスの方は、「そうですかねえ」なんて反応だった。
    軽快なイメージで、活発で、燃費も良く、車内は広い。
    さすがホンダと思わせるクラスレスカーだった。
    どんよりと暗い雨の日に、明るいカラーのフィットが鮮やかだった。
  • kaz********
    高級感をいっさい排除した潔さがいいと思う。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

162.5236.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

6.9270.0万円

中古車を検索
フィットの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

162.5236.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

6.9270.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村