現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > BMW初代「M5」は約1100万円! 走行距離14万キロでも予想以上に高値がついたのは世界的に「E28 M5」が再評価されつつある証拠!?

ここから本文です

BMW初代「M5」は約1100万円! 走行距離14万キロでも予想以上に高値がついたのは世界的に「E28 M5」が再評価されつつある証拠!?

掲載 2
BMW初代「M5」は約1100万円! 走行距離14万キロでも予想以上に高値がついたのは世界的に「E28 M5」が再評価されつつある証拠!?

装備内容も充実していた1台

2023年11月25日、RMサザビーズがドイツ・ミュンヘンで開催したオークションにおいてBMW「M5」が出品された。今回はいくらで落札されたのか、同車について振り返りながらお伝えしよう。

フェラーリ「512TR」やBMW「M5」を乗り継いでホンダ「レジェンド」にたどり着いた理由とは? 80年代F1黄金期の影響…かも!?

世界最速の4ドアサルーンとしての性能を誇ったM5

BMWのミドル・セダンとして、現在にまで続く5シリーズが誕生したのは1972年のこと。E12型と呼ばれる初代5シリーズで最終的にトップ・パフォーマンスを誇ったのは、3.5Lの直列6気筒エンジンを搭載する「535i」や、それをベースに、さらに独自のエアロパーツなどで武装した「M535i」といったモデルだった。だが、BMWのファンが望んだのは、それよりもさらに高性能なハイパフォーマンス・サルーンにほかならなかった。

そのリクエストに対するBMWからの回答こそが1985年のアムステルダム・ショーで初公開された、セカンド・ジェネレーションのE28型5シリーズをベースとする「M5」である。それは発表当時、紛れもなき世界最速の4ドアサルーンとしての性能を誇った。

一般的なE28型5シリーズのシャシーをそのまま流用しながら、なぜM5はそれほどまでに高性能なサルーンへと進化することができたのだろうか。その秘密はもちろんエンジンルームの中身にあった。

そこにマウントされていたのは、当時のBMWモータースポーツ社謹製の3.5L直列6気筒DOHCエンジン。1978年から1981年まで477台が生産されたとされる、ミッドシップ・スポーツ「M1」譲りのパワーユニットにほかならなかったからだ。

M1のそれはロード仕様で277psの最高出力を発揮したとされるが、M5に搭載されたユニットはさらに改良が加えられ286psを発揮。これに5速MTを組み合わせ、最高速は堂々の250km/hを可能にしたのである。これは世界最速の4ドアサルーンという言葉に十分な説得力を持つ数字だった。

標準的なファクトリー・アッセンブリーから抜き出されたM5のベース車が、BMWモータースポーツの技術者によってハンドメイドされ、真に特別な1台となったことも忘れてはならない事実である。

16インチ径のアルピナ製アロイホイールが装着

今回RMサザビーズのミュンヘン・オークション、すなわちBMWの本拠地ともいえる地で初開催された同社のオークションでは、やはりBMWをはじめとする趣味性の強いドイツ車が数多くラインナップされていた。

ここまで紹介したM5もその中の1台で、実際に出品されたのは1985年7月3日に完成し、ラックスシルバー・メタリック塗装が施されたモデルである。車両に付属されるサービスブックには、同年9月10日にハンブルグのディーラーから最初のオーナーへとデリバリーされたことが記録されている。

装備内容も充実しており、電動のフロントウインドウ、電動アンテナなどのオプションを装備。純正のスポーツシートには最高級のバッファローシートが使用され、これも当時純正だった16インチ径のアルピナ製アロイホイールが装着されている。

ファクトリー出荷時のツールキット一式と、刻印入りのサービスブック、そしてM5用の追加オーナーズマニュアルを含む、マニュアル一式と販売されるこのM5には改造の痕跡はなく、コンディションはほぼオリジナルのまま。オークション出品時の走行距離は14万5993kmを示していた。

1980年代から多くのBMWファンの心を捉えて離さなかったE28型M5。新車時と同様に、それは現在でも所有するだけではなく、実際にドライブするのもエキサイティングなモデルといえる。

参考までにRMサザビーズは、この1985年式M5に6万~7万ユーロ(邦貨換算約972万円~1134万円)のエスティメートを掲げていたが、実際の落札価格は7万1300ユーロ(同1155万円)と、人気の高さを改めて証明してみせた。E28型M5への世界からの熱い視線は、これからもまだまだ続きそうだ。

AMWノミカタ

1987年当時の日本でのE28 M5の販売価格は1198万円。現在、オークションマーケットでも高値を記録している初代のE30 M3が758万円だったことを考えると、初代M5は非常にリーズナブルと言える。ただし日本に正規で入ったのはUS仕様で、インテリアはファブリックのみ。欧州仕様でバッファローレザーならば、コレクターズアイテムとしても申し分ないのではないだろうか。

こんな記事も読まれています

乗らなくなったバイクの約1割「そのままにしている」という現実/株式会社 NEXER が調査結果を公表
乗らなくなったバイクの約1割「そのままにしている」という現実/株式会社 NEXER が調査結果を公表
バイクブロス
メルセデスF1、2023年度の収益は増加するも利益が減少。増加した支出の大部分は2024年型マシンの開発資産に
メルセデスF1、2023年度の収益は増加するも利益が減少。増加した支出の大部分は2024年型マシンの開発資産に
AUTOSPORT web
“ネットゼロ”を目指すF1が持続可能性への取り組みをまとめたレポートを発表。二酸化炭素の排出量を5年で13%削減
“ネットゼロ”を目指すF1が持続可能性への取り組みをまとめたレポートを発表。二酸化炭素の排出量を5年で13%削減
AUTOSPORT web
アロンソには“敏感”なストロールが相棒に必要?「僕はいつも90%で走れるけど、100%を引き出すには助けがないと……」
アロンソには“敏感”なストロールが相棒に必要?「僕はいつも90%で走れるけど、100%を引き出すには助けがないと……」
motorsport.com 日本版
マツダ新型「“3列”SUV」世界初公開へ! 全長5mの「FRマシン」は日本導入へ! 直6採用? 価格は340万円? 新型「CX-80」どんなモデルとなるのか
マツダ新型「“3列”SUV」世界初公開へ! 全長5mの「FRマシン」は日本導入へ! 直6採用? 価格は340万円? 新型「CX-80」どんなモデルとなるのか
くるまのニュース
アウディ Q8、e-tron史上最長の一充電航続距離619kmを実現…オプションパッケージ発売
アウディ Q8、e-tron史上最長の一充電航続距離619kmを実現…オプションパッケージ発売
レスポンス
CAMSHOP.JP からスズキ「HAYABUSA」Tシャツが発売!
CAMSHOP.JP からスズキ「HAYABUSA」Tシャツが発売!
バイクブロス
マツダが新型クロスオーバーSUV「 CX-80」を欧州で世界初公開
マツダが新型クロスオーバーSUV「 CX-80」を欧州で世界初公開
Webモーターマガジン
ホンダ「オデッセイSUV」あった!? 車高アップ×タフデザインが超カッコイイ! 上質内装も採用した「オデッセイ “クロス”」とは
ホンダ「オデッセイSUV」あった!? 車高アップ×タフデザインが超カッコイイ! 上質内装も採用した「オデッセイ “クロス”」とは
くるまのニュース
テーマは「限定回帰」! トヨタが「ランドクルーザー 250」の2024年モデルを英国で公開
テーマは「限定回帰」! トヨタが「ランドクルーザー 250」の2024年モデルを英国で公開
バイクのニュース
新事実[ロードスターは世界一] ナンバーワンのスポーツカーである8つの理由
新事実[ロードスターは世界一] ナンバーワンのスポーツカーである8つの理由
ベストカーWeb
日本に1台のアルティマ「カンナム スパイダー」とFSWで遭遇! 超希少車でサーキットを全開走行する正当な理由とは
日本に1台のアルティマ「カンナム スパイダー」とFSWで遭遇! 超希少車でサーキットを全開走行する正当な理由とは
Auto Messe Web
マツダ全幅1.9mの「オフロードSUV」 デザインが良い! 並行輸入で約1000万円!? 「CX-50」欲しい?
マツダ全幅1.9mの「オフロードSUV」 デザインが良い! 並行輸入で約1000万円!? 「CX-50」欲しい?
くるまのニュース
日産歴代最強のSRターボ [SR20VET]搭載車は初代エクストレイルGTだった……なぜS15シルビアや初代シルフィに積まれなかった?
日産歴代最強のSRターボ [SR20VET]搭載車は初代エクストレイルGTだった……なぜS15シルビアや初代シルフィに積まれなかった?
ベストカーWeb
新店舗「レンタル819府中」が4/19オープン!
新店舗「レンタル819府中」が4/19オープン!
バイクブロス
開発テーマは原点回帰──トヨタ ランドクルーザー 250が発売|TOYOTA
開発テーマは原点回帰──トヨタ ランドクルーザー 250が発売|TOYOTA
OPENERS
自動車業界に相次ぐ不祥事……日産が約30億円不当減額!! 公取委が下請法違反で勧告
自動車業界に相次ぐ不祥事……日産が約30億円不当減額!! 公取委が下請法違反で勧告
ベストカーWeb
隣のレーンなら空きがあるのに周回できない! EVを充電したあと休憩できない! 「SA・PA」頼むから改善してくれませんポイント5つ
隣のレーンなら空きがあるのに周回できない! EVを充電したあと休憩できない! 「SA・PA」頼むから改善してくれませんポイント5つ
WEB CARTOP

みんなのコメント

2件
  • iku********
    E28、いいねえ
    520やイータエンジンはちとタルいが
    M5とまでいかずともビッグシックスで十分
    性能や快適性は最近のモデルに及ぶべくもないが
    何せスリークな5ナンバーサイズ
    どんどんブクブク太って顔がいかつい今のBMWなんかよりずっと欲しい
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1959.02510.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

248.91580.8万円

中古車を検索
M5の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1959.02510.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

248.91580.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村