現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > BMWの“Highway Assistant(ハイウェイ アシスタント)”をアウトバーンでテスト 制限速度なしの高速道路でも両手を離して走行可能かをチェック!

ここから本文です

BMWの“Highway Assistant(ハイウェイ アシスタント)”をアウトバーンでテスト 制限速度なしの高速道路でも両手を離して走行可能かをチェック!

掲載 3
BMWの“Highway Assistant(ハイウェイ アシスタント)”をアウトバーンでテスト 制限速度なしの高速道路でも両手を離して走行可能かをチェック!

BMWのハイウェイ アシスタントシステムをテスト。5人乗りでハンズフリー。触らず、見るだけ: ニューBMW 5シリーズに搭載されたモーターウェイアシスタントは、クルマがステアリングを握り、アイコンタクトで追い越しをかける。

午前11時、ミュンヘンからウルムに向かう「A8(アウトバーン)」では、今回ばかりは何もしない。普通のBMWドライバーであれば、ウインカーを左側に出し、北へ一足飛びに飛ばすだろう。特に、ビジネスクラスで最もダイナミックなセダンとなるはずの新型「5シリーズ」に乗っていればなおさらだ。 

【ハイブリッドSUV対決】ホンダ ZR-V対マツダCX-5対日産キャシュカイ対ルノー オーストラル SUV比較で勝利したのは?

しかし、今日はすべてが違う。というのも、新型「5シリーズ」はドイツで初めてBMWのハイウェイ アシスタントを装備した車でもあるからだ。ICEモデルや新型「i5」で頻繁に運転する人向けのプロフェッショナルパッケージを2,000ユーロ(約32万円)で注文した人は、長距離の移動でもゆっくりとくつろぐことができる。もちろん、車線変更、車間距離、速度の自動制御は目新しいものではなく、今ではコンパクトクラスまで機能する。しかし、他のどこでも数秒間運転しないと警鐘が鳴るところ、「5シリーズ」ではドイツ当局の特別許可を得て、初めて130km/hまでハンズフリーで運転できるようになった。

責任はドライバーにある

だが、携帯電話に手を伸ばしたり、インターネットを見たり、最新号のAUTO BILD誌を読んだりすることは、このシステムでも当然タブーなのだ。「Sクラス」のドライブパイロットとは異なり、責任は車両ではなく、ドライバーにあるからだ。しかし、メルセデスが現在のところ「自動運転 レベル3」の自律走行を提供できるのは時速60kmまでなのに対して、BMWの「レベル2」は工事現場や極端な天候下を除いて、ドイツのアウトバーン全域で機能する、とエンジニアは約束している。

いよいよテストに臨む。ミュンヘンから(道路工事中!)ウルム経由で、フランクフルトまで、できるだけフリーハンドで行くことにする。私は素早くナビをプログラムし、ステアリングホイールのボタンを2回押して、高速道路アシスタントシステムを作動させた。「A99(アウトバーン)」に入った直後、コックピットとヘッドアップディスプレイのディスプレイが緑色に点灯し、ステアリングホイールの2つのLEDストリップも点灯して準備完了。

他の追随を許さない視線コントロール

10、20、30、60、90・・・。黙々と秒を数え、いつもの警告音を待つ。「A99」から「A8」に入るときだけ、電子システムは適切な警告とともに作動を停止し、数百メートル後に警告が返ってくる。BMWは130km/hまで忠実に加速し、さらに少し加速すると - どうやらそれがダイナミックでなければならないようだ - 制限速度の変化を確実に認識し、穏やかに北上する。 

たとえ数台のトラックに減速を余儀なくされても、テストの邪魔にはならない。というのも、このモーターウェイアシスタントには、他に類を見ない視線制御システムも搭載されており、文字通り目で「5シリーズ」を操ることができるからだ。ミラーや肩越しに一瞥するだけで、BMWは車線を変更し、次の肩越しの視線の後に再びクルマを戻す。いずれにせよ、この操作のためにステアリングホイールに手を置く必要はない。反応が鈍い場合は、インジケーターをタップしてそのプロセスを早めるか、自分でやればいいのだ。

何もすることがないので、退屈のあまり手首を回してみたり、首の後ろで手を組んでみたりすると、それを感知して自動操縦装置が切れることがある。もちろん、それは技術的なものではない。道路工事も大雨もないし、エルヒンゲン ジャンクションまで高速道路が変わることもないからだ。システムを信頼すればするほど、それを出し抜こうという誘惑が大きくなってしまう。

では、手に入れた自由をどう使うか?ハンドルを握ることなく、ソースのかかったチキンマックナゲットを食べる?ハンバーガーを両手で持って食べるもよし。視線がアスファルトに向いている限り能なことだ。あるいは、ただリラックスして、前方左右に気を付けながらドライブを楽しむ?

ハイウェイ アシスタントは驚くほどよく機能する

気になるのはビッグブラザーの見えざる目の存在だ。ドイツの議会が、まだ自由を認めていない上に、BMWがもっと責任を負う勇気がないのは残念だ。少なくともまだだ。結局のところ、来年にはおそらく「7シリーズ」に「レベル3」のシステムが導入され、それに伴って完全な免税が実現されるだろう。

それまで私にできることは、ハイウェイ アシスタントの出来の良さに感嘆しながらリラックスすることだけだ。というのも、「A7(アウトバーン)」をキッツィンゲンに向かって走っている間に、最初の300kmはすぐに過ぎてしまい、ステアリングホイールに触れるたのは10回もない。

ビーベルリーダークロイツ交差点を過ぎたところで、アシスタントが再び交代を申し出た。「A7」号線から「A3(アウトバーン)」号線に入り、シュペッサルト地方を走る。ヘスバッハ付近の囲いの中では、霧雨も暗闇も電子機器に刺激はない。ゼリゲンシュテッタードライエックの手前で渋滞に巻き込まれたときだけは、ハイウェイ アシスタントでさえ無力だった。

しかし、監視カメラが徐々に煩わしくなり始めてきた。アシスタントのスイッチを切って自分でステアリングを握るよりも、シュペサートで高速道路を出て走る喜びを追求したい。しかし、それはまた別の話だ。

結論: まずはとてつもなくエキサイティングで、それからリラックスできる。1km走るごとに、ハイウェイ アシスタントに対する信頼感が増し、少しずつ身を乗り出していくからだ。しかし、技術的に可能なことすべてに魅了されているにもかかわらず、それがいったい何なのかという疑問は、走行中にどんどん大きくなっていく。というのも、ドライバーが主導権を握り続け、エレクトロニクスが少しでも注意を怠るとスイッチを切ってしまう限り、快適さ以外は何も得られないからだ。BMWは素晴らしいスタートを切った。しかし、何もしないことの利点が運転の喜びを上回るようにするためには、もっと多くのことが必要なのだ。

Text: Thomas Geiger Photo: Bernhard Limberger

こんな記事も読まれています

シックな雰囲気に無骨さをプラス! 男心をくすぐるトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
シックな雰囲気に無骨さをプラス! 男心をくすぐるトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
今のマツダじゃ考えられなくない!? [プロシードマービー]が泥くさすぎて超絶イイやんけ
今のマツダじゃ考えられなくない!? [プロシードマービー]が泥くさすぎて超絶イイやんけ
ベストカーWeb
角田裕毅、F1モナコGP初日の走行に手応え「今回も良い初日になりました。ペースもあります!」
角田裕毅、F1モナコGP初日の走行に手応え「今回も良い初日になりました。ペースもあります!」
motorsport.com 日本版
ヘビーウエットのなかマルタンスが最速。モナコ初走行の宮田莉朋は20番手/FIA F2第5戦フリー走行
ヘビーウエットのなかマルタンスが最速。モナコ初走行の宮田莉朋は20番手/FIA F2第5戦フリー走行
AUTOSPORT web
嗚呼我が愛しの[初代NSX]……スーパーカーガチ勢に嫌われる部分が最高だった! 元オーナーのベストカー編集部員が振り返る初代NSXならではの魅力
嗚呼我が愛しの[初代NSX]……スーパーカーガチ勢に嫌われる部分が最高だった! 元オーナーのベストカー編集部員が振り返る初代NSXならではの魅力
ベストカーWeb
【中古車選びお悩み相談】認定中古車って何?メリットとデメリットは?
【中古車選びお悩み相談】認定中古車って何?メリットとデメリットは?
グーネット
アレイシ・エスパルガロ、MotoGP現役引退を地元カタルーニャGPで発表。スズキやアプリリアで活躍、昨年は2勝
アレイシ・エスパルガロ、MotoGP現役引退を地元カタルーニャGPで発表。スズキやアプリリアで活躍、昨年は2勝
AUTOSPORT web
ヒョンデ「アイオニック5N」×「攻殻機動隊」 草薙素子が新型EVで疾走!【動画あり】
ヒョンデ「アイオニック5N」×「攻殻機動隊」 草薙素子が新型EVで疾走!【動画あり】
グーネット
SUBARUサンバーを快走仕様!「誰もやらないスピーカー修復」3
SUBARUサンバーを快走仕様!「誰もやらないスピーカー修復」3
グーネット
フェラーリF1の精密なレプリカステアリングが発売。コントローラーとしてゲームプレイにも使用可能
フェラーリF1の精密なレプリカステアリングが発売。コントローラーとしてゲームプレイにも使用可能
AUTOSPORT web
母国初優勝目指すルクレール、FP2最速。ベテランふたりが続く……角田裕毅はソフトタイヤ使わず11番手|F1モナコGP
母国初優勝目指すルクレール、FP2最速。ベテランふたりが続く……角田裕毅はソフトタイヤ使わず11番手|F1モナコGP
motorsport.com 日本版
[故障車]の紙貼っとけば違反にならない!? ウソかマコトか!? [駐車や停車]にまつわる噂話の真相を探る
[故障車]の紙貼っとけば違反にならない!? ウソかマコトか!? [駐車や停車]にまつわる噂話の真相を探る
ベストカーWeb
F1モナコGP FP2速報|ルクレールが母国グランプリ初日最速。ハミルトン&アロンソのベテラン勢が続く……角田裕毅は11番手
F1モナコGP FP2速報|ルクレールが母国グランプリ初日最速。ハミルトン&アロンソのベテラン勢が続く……角田裕毅は11番手
motorsport.com 日本版
読者の値引き実例 私もX氏
読者の値引き実例 私もX氏
グーネット
マツダ「スクラムトラック」一部商品改良 電波式キーレスエントリーなど快適装備を充実
マツダ「スクラムトラック」一部商品改良 電波式キーレスエントリーなど快適装備を充実
グーネット
アレイシ・エスパルガロ、カタルーニャGP前に特別記者会見を開催へ。来年はテストライダー就任や引退の噂も/MotoGP
アレイシ・エスパルガロ、カタルーニャGP前に特別記者会見を開催へ。来年はテストライダー就任や引退の噂も/MotoGP
AUTOSPORT web
ついに新型が先行公開! コンパクトミニバンの「鉄板」フリード完全包囲網
ついに新型が先行公開! コンパクトミニバンの「鉄板」フリード完全包囲網
ベストカーWeb
なんちゃってセレブが「いばらき×立命館DAY 2024」へ! 交通安全応援プロジェクト「OKISHU」の活動を様子をお見せするわよ
なんちゃってセレブが「いばらき×立命館DAY 2024」へ! 交通安全応援プロジェクト「OKISHU」の活動を様子をお見せするわよ
Auto Messe Web

みんなのコメント

3件
  • 葛葉恭次
    最高速より頻繁な加減速に対応しないと日本には向かないねえ
  • tos********
    内容的には日産にプロパイロット2.0と同等という感じなのかな。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1214.01836.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

49.81380.0万円

中古車を検索
A8の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1214.01836.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

49.81380.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村