現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 唯一無二の日産「商用バン」世界初公開! 「トランスミッション付きEV」はなぜ生まれた? ジヤトコが考えるEV時代の役割とは

ここから本文です

唯一無二の日産「商用バン」世界初公開! 「トランスミッション付きEV」はなぜ生まれた? ジヤトコが考えるEV時代の役割とは

掲載 9
唯一無二の日産「商用バン」世界初公開! 「トランスミッション付きEV」はなぜ生まれた? ジヤトコが考えるEV時代の役割とは

■トランスミッション搭載のEVにはどのようなメリットがあるのか

 2023年12月3日、富士スピードウェイでニスモフェスティバル2023が開催されました。ここでトランスミッションメーカーのジヤトコは、ATを搭載した日産「キャラバンパラメディック(救急車)」および「キャラバン」のEVモデルを世界初公開しました。

【画像】「えっ…!」これが世界初公開された”AT搭載EV”日産「キャラバン」です!(30枚以上)

 キャラバンは、1973年に誕生した歴史ある“商用バン”。現在販売されるのは、2012年に登場した5代目モデルです。

 登場当時は、「NV350キャラバン」と名称を改めていましたが、2021年のマイナーチェンジで“キャラバン”名に回帰しました。

 そんなキャラバンのスーパーロングボディかつスーパーハイルーフ車をベースとした救急車仕様がキャラバンパラメディックです。

 今回世界初公開となったのは、5速ATを搭載したキャラバンパラメディックと7速ATを搭載したキャラバンのEVコンバートモデル。

 キャラバンパラメディックは、トルクコンバーターとエンジンを取り外し、モーターに置き換えている一方、キャラバンは、トルクコンバーターはそのままにエンジンだけを取り外しモーターに置き換えています。

 同モデルの作製理由について、ジヤトコの担当者は以下のように説明します。

「モーターでパワーを出そうとすれば、モーターの数を増やすか、大きくするしかありません。そしてモーターはレアメタルを多用しており、生産において地政学的リスクを大きく抱えています。

 それに対して、トランスミッションを搭載すれば、少ない数のモーターで複数のモーターと同様のパワーを出すことができます。そしてトランスミッションに使用されている素材は、ほとんどが鉄です」

 EVであってもトランスミッションがあれば、EVの電費を改善させたり、多くのパワーを引き出すことが可能。モーターを多用したり、バッテリーを大型化したりするよりも、トランスミッションを組み合わせたほうが様々なリスクを減らせます」

 さらに、前出の担当者は以下のように続けます。

「最初に作ったのは、5速ATを搭載したキャラバンパラメディックのEVモデルです。このクルマは、“EV時代であってもトランスミッションは有用なのか”を確かめるために最初に作ったモデルです。」

 5速ATを搭載したキャラバンパラメディックのEVによって、BEV(バッテリーEV)でもトランスミッションが有効であることを確かめたジヤトコは、そこから派生してトルクコンバーター(トルコン)付き7速AT搭載のキャラバンEVや、同時に世界初公開となった変速機能付きe-Axle搭載タイタン、MTを搭載した軽商用バン「NV100 クリッパー」のEVモデルなどを作成したといいます。

 7速AT搭載のキャラバンEVは、前述の通りトルクコンバーターが残されたままとなっています。つまりエンジンをモーターに置き換え、バッテリーを搭載しただけで、比較的簡易な改装となっています。

 この方式であれば、すでにユーザーの手元にある既存のクルマを、比較的気軽にEVへと変えることができ、運転感覚も変わることなく運用することができます。

 例えば、郵便局など多くの運送用の車両を抱える組織が、一気にEVへと切り替えるのは様々な困難がありますが、この方法であればハードルが下がります。7速AT搭載のキャラバンEVはそんな可能性が込められた1台でもあるのです。

※ ※ ※

 ニスモフェスティバル2023の前日に、メディア向け試乗会が開かれ、前出の5速ATを搭載したキャラバンパラメディックと7速ATを搭載したキャラバンのEVコンバートモデルに乗る機会を得ました。

 キャラバンパラメディックには強力なモーターが搭載されており、“かなりスポーティ”な加速を見せてくれましたが、それ以外はエンジン車と大きく感覚は変わらず、慣れ親しんだ運転感覚そのものでした。

 キャラバンでは、トルクコンバーターが搭載されているため、キャラバンパラメディックほどキレのある加速はしませんが、そんな点もエンジン車そのもので、こちらはより運転した印象がエンジン車と同様なのがちょっと不思議な感覚でした。

 ジヤトコとしては、今後これらのクルマに施したような“EVコンバート”に貢献していく仕組みづくりを今後検討していくといいます。どのような形で今後登場するのか、注目です。

こんな記事も読まれています

F1テストに混乱を引き起こした排水溝、開幕戦でのトラブル防止のためコンクリート埋めに
F1テストに混乱を引き起こした排水溝、開幕戦でのトラブル防止のためコンクリート埋めに
motorsport.com 日本版
「最も多い」&「最も反則金が高い」交通違反って何? “速度違反”超える違反に衝撃! 一方 「取り締まり件数が“少ない”違反」とは
「最も多い」&「最も反則金が高い」交通違反って何? “速度違反”超える違反に衝撃! 一方 「取り締まり件数が“少ない”違反」とは
くるまのニュース
ダイハツは何故必要か?【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】
ダイハツは何故必要か?【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】
グーネット
<新連載>[カーオーディオ・素朴な疑問]純正スピーカーって、音が悪いの?
<新連載>[カーオーディオ・素朴な疑問]純正スピーカーって、音が悪いの?
レスポンス
【MotoGP】マリーニ、復活に向け努力中のホンダへ「まだトップは遠いけど、今は忍耐強く行こう」
【MotoGP】マリーニ、復活に向け努力中のホンダへ「まだトップは遠いけど、今は忍耐強く行こう」
motorsport.com 日本版
新発想の日産「キューブ」発売! 実車公開もされた“超オシャ” コンパクトカー「CUBE Retro Renovation」とは
新発想の日産「キューブ」発売! 実車公開もされた“超オシャ” コンパクトカー「CUBE Retro Renovation」とは
くるまのニュース
「私はどこを走るの?」電動まわりの車両参入で道路がややこしい件について
「私はどこを走るの?」電動まわりの車両参入で道路がややこしい件について
バイクのニュース
20年ぶり! 想い出のクラウンに再会…ノスタルジック2デイズ 2024
20年ぶり! 想い出のクラウンに再会…ノスタルジック2デイズ 2024
レスポンス
レカロが「SR-S/SR-C」にモデルチェンジ! 旧来の「SR−7/SR-7F」は在庫限りなのでお早めに。「トライアル」でオススメのシートを紹介します
レカロが「SR-S/SR-C」にモデルチェンジ! 旧来の「SR−7/SR-7F」は在庫限りなのでお早めに。「トライアル」でオススメのシートを紹介します
Auto Messe Web
ラングラーにジープダックをあしらったテールゲートとフロアマットを装備した特別仕様車を設定
ラングラーにジープダックをあしらったテールゲートとフロアマットを装備した特別仕様車を設定
Webモーターマガジン
メルセデスW15の”トリッキー”フロントウイング、合法性は問題なしか。でもレギュレーションの精神には従わず?
メルセデスW15の”トリッキー”フロントウイング、合法性は問題なしか。でもレギュレーションの精神には従わず?
motorsport.com 日本版
ど派手なギラギラ系だけが「デコトラ」じゃない! 3つに大別されるイマドキのデコトラ事情
ど派手なギラギラ系だけが「デコトラ」じゃない! 3つに大別されるイマドキのデコトラ事情
WEB CARTOP
時速100kmまで「2秒を切る」のにEVじゃない! 前後に2人乗りで最高時速は400kmオーバーの規格外ハイパーカー「C21」が爆誕
時速100kmまで「2秒を切る」のにEVじゃない! 前後に2人乗りで最高時速は400kmオーバーの規格外ハイパーカー「C21」が爆誕
WEB CARTOP
ホンダ新型「プレリュード」本当に発売される?「スペシャルティカー」復活に期待高まる! どんなモデルで登場?
ホンダ新型「プレリュード」本当に発売される?「スペシャルティカー」復活に期待高まる! どんなモデルで登場?
くるまのニュース
2日目に続いてまたもコース破損。セッション序盤ではサインツJr.が暫定トップ|F1バーレーンテスト最終日
2日目に続いてまたもコース破損。セッション序盤ではサインツJr.が暫定トップ|F1バーレーンテスト最終日
motorsport.com 日本版
【試乗】いまほしいクルマのNO.1に躍り出た! レクサスGXの快適性と悪路走破性の両立がヤバい!!
【試乗】いまほしいクルマのNO.1に躍り出た! レクサスGXの快適性と悪路走破性の両立がヤバい!!
WEB CARTOP
米アカデミー5部門ノミネート! 夫殺しを疑われる作家を描くサスペンス『落下の解剖学』
米アカデミー5部門ノミネート! 夫殺しを疑われる作家を描くサスペンス『落下の解剖学』
バイクのニュース
レッドブルF1、メルセデスの“ゼロポッド”コンセプトを研究中「うまく実装できるかどうかテストしていく」
レッドブルF1、メルセデスの“ゼロポッド”コンセプトを研究中「うまく実装できるかどうかテストしていく」
AUTOSPORT web

みんなのコメント

9件
  • inc********
    EVだからトランスミッションは無くても良いという考え方はあまりにも雑過ぎる
    今はどうか知らないけど、20年くらい前は競技用電動ラジコンでも変速機構パーツが出る程度にはモーターが万能ではないという事を示している
    何より、モーターの回転数を下げると発熱や消費電力&必要電圧も下がる、EVとしてのパッケージで考えるとメリットしかない
    リチウムやネオジムを世界で奪い合いをしてる以上とても合理的な判断だと思うし、高速道路やバイパスを多用するユーザーにもプラスに働く
    デメリットは部品点数増加で自動車メーカーが原価(売値ではない)を下げにくいだけ
  • sto********
    モーターって、超高回転まで回せるとか、常に高効率で回せるとか勘違いしてるヒトが沢山いる。
    けど実際には高効率領域はそんなに広くない(ICEよりは広いけど)。
    特に高回転域は自分が回る事で生じる逆起電力で常にブレーキをかけている状態。
    だから実は高回転域の効率は良くない。
    それを補うために、一部のEVメーカーは二段変速機を入れてる。
    ジャトコの技術者もかなり前からただの減速機ではなく変速機を入れたいと夢想していたらしい。
    それが今回、実を結んだわけで。

    まぁ直結に比べると変速機でロスが生じて効率が悪化するから多段変速化は微妙なんだけど、ドライバーの操作感覚的にはアリだよね。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

252.7507.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

24.8760.9万円

中古車を検索
キャラバンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

252.7507.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

24.8760.9万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村