現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 19歳女子、日産B110型「サニー」に心奪われる!「エンドレス130コレクション」で旧車の勉強してきました【令和女子旧車に乗る_番外編】

ここから本文です

19歳女子、日産B110型「サニー」に心奪われる!「エンドレス130コレクション」で旧車の勉強してきました【令和女子旧車に乗る_番外編】

掲載 1
19歳女子、日産B110型「サニー」に心奪われる!「エンドレス130コレクション」で旧車の勉強してきました【令和女子旧車に乗る_番外編】

ブレーキの雄エンドレスが運営している「130コレクション」

AMWでは「令和女子旧車に乗る」と題して、19歳で旧車好きの女性レーシングドライバー佐々木藍咲(らみ)選手にさまざまなクラシックカーに試乗してもらう企画を展開中。今回は長野県佐久穂町の「エンドレス130コレクション」で展示車両を試乗のまえに、まずはミュージアムを探訪することに。そこで今回は佐々木さんに130コレクションを思う存分見学してもらいました。

19歳女子がトヨタTE27「カローラレビン」に乗ってみた!「ヒール&トゥじゃなくて、トゥトゥができるかも」【令和女子旧車に乗る】

故・花里 功氏の長年の夢をかなえたミュージアム

そもそも130コレクションとは何か? 改めて簡単にご紹介しよう。ブレーキやサスペンションといったパーツを自社で開発・製造、また自社チームでモータースポーツ活動も行っている「エンドレス(ENDLESS)」が2021年3月にオープンした施設だ。

ここにはカフェと展示車両が集められたミュージアム、そしてレース車両のメンテナンスなどを行っているレーシングガレージが併設されている。展示車両はエンドレスがこれまでモータースポーツ活動を共にした車両はもちろん、創業者であり会長であった故・花里 功氏がコレクションしていた旧車たちが所せましと並べられている。この130コレクションの開設は花里 功氏の長年の夢でもあったのだ。130は「いさお」の語呂合わせとなっている。

「クルマは動くからこそ価値がある」という花里 功氏の考えのもと、ここに展示されている旧車たちは走行可能な状態にレストアされ動態保存されているのが大きな特徴だ。

カフェも本格的でドライブついでに立ち寄りやすい

そして併設されているカフェにもこだわりがある。こだわりのコーヒーは数種類が用意されていて、好みや気分に合わせてチョイスできる。スイーツは既製品ではなく、この場で作っている逸品だ。さらに一部メニューは、フードプリンターによって自分で持ちこんだ写真を表面に印刷することも可能となっている(もちろん食べられる)。佐々木さんはチーズケーキをチョイスし、彼女がマイカーとしているトヨタ「86」を譲り受けたシティオートのS30「フェアレディZ」を印刷してもらっていた。

「クリーミーでおいしいです! チーズ感が強くなくてクセがないのでいろんな人が食べやすいと思います!」

なお、チーズケーキの下にはエンドレスの隠れた人気商品である「旨MX72クッキー」が砕いて敷き詰められている。佐々木さんいわく、このチーズケーキとのマッチングも良好とのことだ。

一緒に注文したリンゴジュースも、エンドレスが所在する長野県の立科町・五輪久保という地域で育てられたリンゴだ。使用しているのはリンゴ畑に塩をまいて育てた「塩熟りんご」で、爽やかな香りが特徴となっている。佐々木さんはこのリンゴジュースも気に入ったそうだ。

他にもカフェスペースではエンドレスに関するグッズが販売されていたり、エンドレスのパーツを装着してモータースポーツシーンで活躍するマシンたちの写真が飾られていたりする。クルマ好きならばカフェスペースだけでも十分楽しめる空間なのだ。また、屋外にはターンテーブルが用意されていて、料金を払えば乗ってきたマイカーを回して撮影したりすることも可能となっている。

レース仕様のB110サニーは「ドンガラ内装の雰囲気がいいです!」

さてここからは展示車両の中から、とくに佐々木さんに刺さった旧車たちをご紹介していこう。ちなみに、130コレクションでは一般入場の人も、展示車両のドアを開けたりシートに座ったり、ステアリングを握ってみることもできる。スタッフに気軽に声をかけてみるといいだろう。

取材当日、「一番のお気に入り!」と彼女が熱く語っていたのが、レーシング仕様の日産B110型「サニー」だ。やはりレーシングドライバーだけあって、サーキットを生息地としているクルマに強く惹かれるのだろうか。

「今日見た中で一番好きなのもありますが、“このクルマに乗りたい!”という気持ちが強いのもあります。見た目で言えばやっぱりこのオーバーフェンダーが好きですね! 室内はドンガラでレーシングカー的な雰囲気がいいですね。あと最近旧車試乗をしていて感じるのですが、旧車独特のシンプルなセンタートンネルまわりから長く伸びたシフトレバーが特徴的な雰囲気を演出していますよね。これも旧車の室内で好きなポイントなのですが、このサニーはドンガラ内装でよりそれが際立っています」

このサニーは1970年代に富士スピードウェイなどで盛り上がりを見せていたTSレース仕様。ショーカークオリティでレストアされたTS仕様のサニーは、美しさと当時のモータースポーツ独特の雰囲気が融合した1台だ。

初代シルビアに感動! でも「ステアリングが足に当たってしまいます!」

次に佐々木さんが気になったのは日産初代「シルビア」だ。最初はデザインに惹かれたそうだが、シルビアと聞いて「えっ!? これシルビアなんですか?」と驚いた様子。普段はフォーミュラドリフトジャパンを運営する会社である「MSC株式会社」に勤めている佐々木さんにとって、シルビアと聞くとS13~S15までのドリフトマシンのイメージが強いのかもしれない。

「まず、フロントノーズの鋭く尖ったデザインに惹かれました。あとリアフェンダーの上面がフラットなデザインも好きですね。でもどちらかと言えばこのクルマは車内に惹かれました。レザーをたくさん使っていて自分が知っているシルビアの雰囲気と違いますし、レザーらしい高級感のある匂いが印象的ですね。そして実際に座ってみるとシートポジションが低くて、スポーツカーな雰囲気を感じました」

初代シルビアの車内が気に入った様子の佐々木さんであったが、169cmと高めの身長のためか、実際に座ってみると「ステアリングが足に当たってしまいます!」とコメント。旧車試乗の連載を通してだいぶ手慣れた様子で旧車を運転するようになってきた佐々木さんだが、このシルビアは実際に運転するのが難しい1台かもしれない。

ファミリアクーペは「“ザ・旧車”って感じの顔がカワイイ!」

また、女子らしくルックスがカワイイと感じた旧車もあったようで、それが1965年式のマツダ初代「ファミリアクーペ」だ。

「グリルに丸目のライトがまとまっていて、“ザ・旧車”って感じの顔がカワイイです! あと驚いたんですけど、昔のマツダのエンブレムってこういったデザインだったんですね。全体的なデザインとしては、フロントからリアまで続くシルバーのモールが一体感を出しているのが気に入りました」

レース出身の280Zは「実際にレースで走ってみたい!」

そして最後に注目したのがレース仕様の日産「280Z」だ。もともと撮影や取材の合間にも「初代フェアレディZが好き」と話していた佐々木さん。そのレース仕様というだけあって、気になってしまうのも必然だろう。なお、このクルマはアイドラーズなどのレースで実際に使われていた車両だ。

「もともとフェアレディZが好きなのもありますが、実際にレースに出ていたクルマなので何というか、雰囲気が違うなと感じました。乗ってみたいのはもちろんですが、実際にレースで走ってみたい欲が強いですね」

この280Zは長時間のレースで走ることを考えて、ブレーキシステムが強化されている。130コレクションの多くの車両はエンドレス製のキャリパーを装着しているが、この280Zはフロントにモノブロック6ポットのRacing MONO6、リアにRacing4を装着。Sタイヤとの組み合わせも相まってより本気度を感じる足元なのだった。

* * *

今回の130コレクション訪問では他にも気になった車両がいくつもあったという佐々木さん。130コレクションの試乗レポートをお楽しみに。

■「令和女子旧車に乗る」連載記事一覧はこちら

こんな記事も読まれています

19歳女子レーサーがトヨタ「パブリカ」に乗ってみた! 「クルマが軽いからFRのバランスの良さも感じやすいです」【令和女子旧車に乗る】
19歳女子レーサーがトヨタ「パブリカ」に乗ってみた! 「クルマが軽いからFRのバランスの良さも感じやすいです」【令和女子旧車に乗る】
Auto Messe Web
水没した激レアキットカーを再生! アニメを意識して令和カスタムできたのはベースがVW「ビートル」だったから!?
水没した激レアキットカーを再生! アニメを意識して令和カスタムできたのはベースがVW「ビートル」だったから!?
Auto Messe Web
50ccの「ミニカー」を痛車化!? 「ラブライブ!」仕様でみんな驚く… なぜアビーにさらなる個性をもたせたのか
50ccの「ミニカー」を痛車化!? 「ラブライブ!」仕様でみんな驚く… なぜアビーにさらなる個性をもたせたのか
くるまのニュース
旧車あるある「ウインドウが廃番だったらどうする?」製作や交換時の注意点をプロショップに聞きました
旧車あるある「ウインドウが廃番だったらどうする?」製作や交換時の注意点をプロショップに聞きました
Auto Messe Web
「RG(レーシング・ギア)」はサスペンションだけじゃない! ライト層からモータースポーツまで対応する老舗ブランドの歴史とは
「RG(レーシング・ギア)」はサスペンションだけじゃない! ライト層からモータースポーツまで対応する老舗ブランドの歴史とは
Auto Messe Web
ポルシェ「911GT3」にリフターを装着して気分はハレバレ!? 還暦前オヤジの「また新たな問題発生」弱り目にたたり目編【役物911長期レポ】
ポルシェ「911GT3」にリフターを装着して気分はハレバレ!? 還暦前オヤジの「また新たな問題発生」弱り目にたたり目編【役物911長期レポ】
Auto Messe Web
ローレルの元祖は今も健在!…ローレルC30を語る会
ローレルの元祖は今も健在!…ローレルC30を語る会
レスポンス
日産の名車といえばハコスカ、ケンメリだけじゃない! 幕張メッセにまさかのプリメーラが?…オートモビルカウンシル2024
日産の名車といえばハコスカ、ケンメリだけじゃない! 幕張メッセにまさかのプリメーラが?…オートモビルカウンシル2024
レスポンス
『スティーブ的視点』で「大阪オートメッセ2024」を紹介! 大人気YouTuberスティーブさんが注目した車とは?
『スティーブ的視点』で「大阪オートメッセ2024」を紹介! 大人気YouTuberスティーブさんが注目した車とは?
Auto Messe Web
スズキ「FR 2人乗りオープン」登場! 5ナンバー&2013年式で320万円!? 「謎のカプチーノ」とは
スズキ「FR 2人乗りオープン」登場! 5ナンバー&2013年式で320万円!? 「謎のカプチーノ」とは
くるまのニュース
100台もの趣味なイタリア車が富士スピードウェイを疾走! 家族や友人とサーキットを楽しめる無料イベントとは?
100台もの趣味なイタリア車が富士スピードウェイを疾走! 家族や友人とサーキットを楽しめる無料イベントとは?
Auto Messe Web
アバルト「595」最新トレンド! メカ丸出しの「CAEウルトラシフター」や花粉に効く「マニアックライン」のシャンプーを紹介します
アバルト「595」最新トレンド! メカ丸出しの「CAEウルトラシフター」や花粉に効く「マニアックライン」のシャンプーを紹介します
Auto Messe Web
かつて父がサーキットを駆った第一回日本ロードレース選手権参戦マシンを復活! 「ノスタルジック2デイズ」のマニアなバイクをチェックしてみました!!
かつて父がサーキットを駆った第一回日本ロードレース選手権参戦マシンを復活! 「ノスタルジック2デイズ」のマニアなバイクをチェックしてみました!!
バイクのニュース
マツダが「ミッドシップ・スーパーカー」実車展示! 本気で作った「ロータリー搭載モデル」はガルウィング! 全高1165mmの「超うすうすボディ」登場に涙が止まらない!
マツダが「ミッドシップ・スーパーカー」実車展示! 本気で作った「ロータリー搭載モデル」はガルウィング! 全高1165mmの「超うすうすボディ」登場に涙が止まらない!
くるまのニュース
英国の「日本車ブーム」がアツい GT-Rに軽自動車、なぜ愛される? 欧州最大級イベントへ潜入
英国の「日本車ブーム」がアツい GT-Rに軽自動車、なぜ愛される? 欧州最大級イベントへ潜入
AUTOCAR JAPAN
BMW初代「M3」が2880万円! 高額の理由は786台しか製造されなかった貴重な「M3カブリオレ」だったからでした
BMW初代「M3」が2880万円! 高額の理由は786台しか製造されなかった貴重な「M3カブリオレ」だったからでした
Auto Messe Web
「ホンダe」のレースマシンの正体は? 東京オートサロンで公開された「e-DRAG」がベースでした。EVレースでの走りに期待!
「ホンダe」のレースマシンの正体は? 東京オートサロンで公開された「e-DRAG」がベースでした。EVレースでの走りに期待!
Auto Messe Web
最初期のBMW初代「M3」が2400万円オーバー!「スポエボ」でなくとも高額だった理由はオリジナル度の高さにありました
最初期のBMW初代「M3」が2400万円オーバー!「スポエボ」でなくとも高額だった理由はオリジナル度の高さにありました
Auto Messe Web

みんなのコメント

1件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

177.0271.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

126.01320.0万円

中古車を検索
シルビアの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

177.0271.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

126.01320.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村