現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新車で買える!? まさかの「“アメ車”軽バン」存在!? 「シボレー」ブランドのスズキ軽商用車「ダマス」とは

ここから本文です

新車で買える!? まさかの「“アメ車”軽バン」存在!? 「シボレー」ブランドのスズキ軽商用車「ダマス」とは

掲載 22
新車で買える!? まさかの「“アメ車”軽バン」存在!? 「シボレー」ブランドのスズキ軽商用車「ダマス」とは

■実は世界中で販売されている、スズキの軽商用車

 日本独自の「軽規格」で開発され、基本的には日本国内に向けて販売される軽自動車。バン・トラックなどの商用車も、その例に漏れません。

【画像】もはやカッコイイ! まさかの”アメ車軽バン”シボレー「ダマス」を画像で見る(69枚)

 軽商用車といえば、小さな車体に必要十分な性能を備え、さらに価格もリースナブルなこと。その特徴はそのまま、モータリゼーションが発達中の国や、開発途上国のベーシックトランスポーターとして働けるポテンシャルを持っています。

 そこで一部の軽商用車は海外に進出。

 特にスズキは1980年代から1BOXバンの初代「エブリイ」を、インドの現地法人マルチ・スズキにて生産を開始。当初は「マルチバン」を名乗っていましたが、1988年からは「オムニ」と改称。2019年まで販売されました。

 いっぽうパキスタンでは、初代エブリイを「ボラン」、7代目キャリイトラックを「ラビィ」と名付け、現在も生産を続けています。

 ちなみに海外仕様では、日本の軽規格に収める必要がないため、660ccよりも大きなエンジンを搭載することが多く、ボランとラビィでは、800ccエンジンが選択されています。

 なお初代エブリイは、7代目キャリイトラックのバンモデルにあたり、登場時は「キャリイバン・エブリイ」と称していました。

 日本では「エブリイ」「キャリイ」ともに1985年にフルモデルチェンジ。それぞれ2代目エブリイ、8代目キャリイへと発展しましたが、この世代もまた、いろいろな名前が与えられ、世界中で活躍しました。

 中でも、変わった経緯で各国に広がっていったのが「ダマス」です。

 ダマスは、1992年に登場した2代目キャリイの韓国版モデルで、生産はデーウ(大宇)が行なっていました。800ccエンジンを搭載し、乗用と商用の2種類を設定。前者は5人もしくは8人乗りを可能としており、後者では560kgまで荷物を積めました。

 ダマス販売に際して、同時に8代目キャリイも導入され、こちらは「ラボ」と名付けられました。最大積載量は、キャリイよりも200kgも多い550kgを誇りました。

 なおデーウは、1937年に「國産自動車」として韓国で創業したメーカーで、1972年には米GM(ゼネラルモーターズ)傘下入り。以降はGM系のモデルを生産していたため、当時GMグループにあったスズキのクルマもその対象となりました。

 2003年、ダマスは衝突安全基準を満たすため、フロントを245mm延長してエブリイと異なる独自のマスクを獲得。さらに2011年、デーウが「GMコリア」に社名変更を行なった際は、社名を持たず車名の「ダマス」「ラボ」自体がブランド名になる、という珍しい販売形態とへと移行しました。両車ともに韓国国内で長い間販売が続きましたが、2021年頃までに生産を終えているようです。

 そしてダマスとラボは、小さなピープルムーバー&利便性が高い小型トラックという性格を生かし、1996年からウズベキスタンで生産をスタートしました。

  2008年以降は、ブランド名を「シボレー」に変更したことから、フロントにシボレーのボウタイエンブレムを備えた「シボレー・ダマス」「シボレー・ラボ」が誕生。そして現在もなお販売を継続しています。

 さらに中央アメリカや北アフリカなど一部地域では、ダマスを「シボレー CMP」、ラボを「シボレー CMV」として販売しています。

 このように、日本生まれ・韓国育ちの2代目エブリイ・8代目キャリイが、GMグループにおける世界戦略車として様々な地域で販売されているのには驚かされます。

 なお2代目エブリイ・8代目キャリイは欧州市場や豪州エリアでも販売されていましたので、本当にワールドワイドなクルマだったことがわかります。

 ワイルドでたくましい印象を持つアメリカ車。その象徴ともいえるボウタイエンブレムを、大胆にあしらった軽商用車がもし日本で走っていたら、注目を浴びること間違いなしです。

こんな記事も読まれています

レクサス新型「和製スーパーカー」どうなる!? “MT&4WD“の「爆速スポーツカー」に!? 美しすぎる「エレクトリファイドスポーツ」市販版の可能性とは
レクサス新型「和製スーパーカー」どうなる!? “MT&4WD“の「爆速スポーツカー」に!? 美しすぎる「エレクトリファイドスポーツ」市販版の可能性とは
くるまのニュース
高橋巧がJSB1000に復帰、チーム初最高峰。T.Proが日本郵便HondaDreamと日本郵便docomo businessの2024年体制を発表
高橋巧がJSB1000に復帰、チーム初最高峰。T.Proが日本郵便HondaDreamと日本郵便docomo businessの2024年体制を発表
AUTOSPORT web
【2024年F1新車情報:フェラーリ】“成功したアイデア”を取り入れたSF-24。新ウイングレットが特徴
【2024年F1新車情報:フェラーリ】“成功したアイデア”を取り入れたSF-24。新ウイングレットが特徴
AUTOSPORT web
いいクルマだったなぁ…帰ってきてくれんか…マークXが日本に残した爪痕
いいクルマだったなぁ…帰ってきてくれんか…マークXが日本に残した爪痕
ベストカーWeb
クルマ系MC女子が選ぶ「ジムニー」カスタム3選!「自分の出棺に使って欲しい」クルマなどインパクト重視で選んでみました
クルマ系MC女子が選ぶ「ジムニー」カスタム3選!「自分の出棺に使って欲しい」クルマなどインパクト重視で選んでみました
Auto Messe Web
いまどきの新車にMT設定はほんのわずか! それでもMT免許を取る理由とメリットを元教習所教官が解説!!
いまどきの新車にMT設定はほんのわずか! それでもMT免許を取る理由とメリットを元教習所教官が解説!!
WEB CARTOP
日産九州、活動再開した硬式野球部の体制を発表 地元部品メーカーなどの選手も参加
日産九州、活動再開した硬式野球部の体制を発表 地元部品メーカーなどの選手も参加
日刊自動車新聞
角田裕毅、F1開幕前テスト最終日に5番手「進歩に満足。正しい方向に進んでいる」チームの位置は「まだ分からない」
角田裕毅、F1開幕前テスト最終日に5番手「進歩に満足。正しい方向に進んでいる」チームの位置は「まだ分からない」
AUTOSPORT web
ハミルトンのフェラーリF1移籍劇に“かつてのボス”バスールの存在アリ「彼なしでは実現しなかった」
ハミルトンのフェラーリF1移籍劇に“かつてのボス”バスールの存在アリ「彼なしでは実現しなかった」
motorsport.com 日本版
三菱「本格オフローダー」復活! もはや「新型パジェロ」!? 「めちゃ便利なSUV」化した新型「トライトン“スノーシュレッダー”」登場
三菱「本格オフローダー」復活! もはや「新型パジェロ」!? 「めちゃ便利なSUV」化した新型「トライトン“スノーシュレッダー”」登場
くるまのニュース
幻のマツダRX500と、プロトタイプの実験車コスモスポーツ…ノスタルジック2デイズ 2024
幻のマツダRX500と、プロトタイプの実験車コスモスポーツ…ノスタルジック2デイズ 2024
レスポンス
次期ムーヴ、次期トール/ルーミー、新型コペン…ダイハツ徐々に生産再開でもいまだ見えぬ新型車の道筋
次期ムーヴ、次期トール/ルーミー、新型コペン…ダイハツ徐々に生産再開でもいまだ見えぬ新型車の道筋
ベストカーWeb
FIAスポーティングディレクターを辞任したスティーブ・ニールセンが新会社を設立。F1側に物流などの管理を助言
FIAスポーティングディレクターを辞任したスティーブ・ニールセンが新会社を設立。F1側に物流などの管理を助言
AUTOSPORT web
メキシコの日本人学校をサポートする自動車メーカーの取り組み 駐在員が安心して働ける環境を
メキシコの日本人学校をサポートする自動車メーカーの取り組み 駐在員が安心して働ける環境を
日刊自動車新聞
ヤマハのフィッシングボートに操船支援システム「Y-FSH」搭載 トヨタと共同開発
ヤマハのフィッシングボートに操船支援システム「Y-FSH」搭載 トヨタと共同開発
レスポンス
ダッジ、2024年からSBKにセーフティカーとして『チャレンジャーSRTヘルキャット』を供給
ダッジ、2024年からSBKにセーフティカーとして『チャレンジャーSRTヘルキャット』を供給
AUTOSPORT web
高速道の“路肩渋滞”違反じゃない? 「出口渋滞」で1km近く続くことも… NEXCOが教える渋滞時に取るべき行動とは
高速道の“路肩渋滞”違反じゃない? 「出口渋滞」で1km近く続くことも… NEXCOが教える渋滞時に取るべき行動とは
くるまのニュース
バイクに乗ろうと思ったら家族が反対.....バイクってやっぱり危険なの?
バイクに乗ろうと思ったら家族が反対.....バイクってやっぱり危険なの?
バイクのニュース

みんなのコメント

22件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

99.1151.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.9438.0万円

中古車を検索
エブリイの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

99.1151.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.9438.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村