現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 生産終了は残念!車中泊にも便利な超背高ボディで圧巻の積載力「ダイハツ・ウェイク」【最新軽自動車 車種別解説】

ここから本文です

生産終了は残念!車中泊にも便利な超背高ボディで圧巻の積載力「ダイハツ・ウェイク」【最新軽自動車 車種別解説】

掲載 47
生産終了は残念!車中泊にも便利な超背高ボディで圧巻の積載力「ダイハツ・ウェイク」【最新軽自動車 車種別解説】

軽乗用車クラス最大級の全高 レジャー重視の荷室アレンジ

ウェイクはスーパーハイトワゴンの全高をさらに高めて「第四の新ジャンル」を模索したダイハツの意欲作だ。ただ、その発売から7年以上経過した現在でも、他社からライバルが出てこないことを見るに、ウェイクは良くも悪くも孤高の存在……ということになろう。

遊び心とツール感溢れる内外装デザインが人気!「スズキ・スペーシア/スペーシアカスタム」【最新軽自動車 車種別解説】

エクステリア

スーパーハイトワゴンの中でもウェイクは特別だ。その理由はタントなど一般的なモデルに比べて約80mmも天井が高いから。そのメリットは室内と荷室の天地の高さからもわかる。最小回転半径は4.7m。1835mmというウェイクの全高はタントより80mm、他社スーパーハイト比でも45~55mm高い。おかげでタイヤをつけたままの自転車を2台積めたり、フル乗車のままスノーボードを立てて積めたり、深く掘られたアンダートランクを含めれば1.5m近い背高物を積めるなど、圧倒的な積載性能を誇る。合わせて上級モデルや特別仕様車には、上下二段階調整式デッキボードを標準装備するなど、レジャー用途を強く意識したクルマづくりとなっている。

インストルメントパネル

開放感を際立たせるために埋め込み型のセンターメーターを組み合わせて上面のフラット感を追求。運転席前にリッド付き収納、助手席前には一眼レフカメラも置ける大型トレーを備える。居住性

後席前席全高を高めた狙いのひとつが、高い着座位置と視界を得ること。ミニバンに近い高さとすることで運転しやすさを求めたのである。後席はスーパーハイトワゴンならではの足元の広さに、常識を超えた頭上空間が自慢。ただ、どうしても高い重心に加えて、ダイハツとしては一世代前のハードウェア設計となることもあって、走りは良くも悪くも〝無難〞というべきレベルにとどまる。ソフトな自然吸気では横風や旋回はちょっと不得意で、ターボは素直に乗り心地が硬い。また、ACCが付かないのもレジャーカーとしては少し寂しい。

うれしい装備

助手席背もたれを前に倒せばテーブルに早変わり。水平に倒れ、かつ背面が平らな樹脂ボードになっている。「Gターボ」に備わる荷室ボードは上下高さ調整式。上段にすれば倒した後席と段差のない床面をつくれる。荷室床下は掘り下げられ、深さ320 mm。FF車では約90lもの大容量で、2lペットボトルが24本も入る。月間登録台数   955台(21年8月~22年1月平均値)現行型発表    14年11月(一部改良21年5月)WLTCモード燃費 17.4km/l ※※「D」「L」のFF車 

ラゲッジルーム

通常時後列格納時他のスーパーハイトワゴンに対する明確な長所は、天地の高さ。スノーボードを立てて積むなどウェイク以外にはできない活用方法がある。後席は左右独立240mmのロングスライド機能を備え、背面は防水素材だ。そういえば、同じボディのまま商用車としたハイゼットキャディーは2021年3月末で生産終了となり、最近は仕様変更も実施されないなど、モデル末期が漂うのも事実。この唯一無二の積載性能が新車で欲しければ、急いだ方がよさそうだ。

※本稿は、モーターファン別冊ニューモデル速報統括シリーズVol.140「2022年軽自動車のすべて」の再録です。

http://motorfan-newmodel.com/integration/140/

※ダイハツ・ウェイクは、2022年8月をもって生産終了となりました。販売店在庫がなくなり次第、販売も終了となります。

こんな記事も読まれています

アウトドアで活躍する最大光量1100ルーメンの小型ライト「Luminex Pro/ルミネクスプロ」がクラファンに登場!
アウトドアで活躍する最大光量1100ルーメンの小型ライト「Luminex Pro/ルミネクスプロ」がクラファンに登場!
バイクブロス
EVの性能を引き伸ばす「TI」の半導体技術…人とくるまのテクノロジー展 2024で訴求へ
EVの性能を引き伸ばす「TI」の半導体技術…人とくるまのテクノロジー展 2024で訴求へ
レスポンス
トヨタが11人乗り新型「プレミアムバン」発売! 最上級は1000万円超えで高級顔&豪華内装採用!? 全長5m「マジェスティ」タイで刷新、反響は?
トヨタが11人乗り新型「プレミアムバン」発売! 最上級は1000万円超えで高級顔&豪華内装採用!? 全長5m「マジェスティ」タイで刷新、反響は?
くるまのニュース
ベントレー伝統の“W12エンジン”も最後! 新型「バトゥール コンバーチブル」登場 世界16台の限定車
ベントレー伝統の“W12エンジン”も最後! 新型「バトゥール コンバーチブル」登場 世界16台の限定車
VAGUE
これはちょうどいいサイズ感! 大きすぎずに車内も快適な日産NV200バネットがベースのキャンパー
これはちょうどいいサイズ感! 大きすぎずに車内も快適な日産NV200バネットがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
三菱自動車の軽EV「eKクロス EV」がマイナーチェンジ。利便性と安全性の向上や新ボディカラーの設定などを実施
三菱自動車の軽EV「eKクロス EV」がマイナーチェンジ。利便性と安全性の向上や新ボディカラーの設定などを実施
カー・アンド・ドライバー
たぶん純エンジン最後のR35GT-Rは借金してでも買え!? ファイナルモデルを買えばきっと幸せになれるハ…ズ
たぶん純エンジン最後のR35GT-Rは借金してでも買え!? ファイナルモデルを買えばきっと幸せになれるハ…ズ
ベストカーWeb
【5月25・26日】サステナブルなカーライフを体感できるイベント、「軽井沢モーターギャザリング 2024スプリング」開催!
【5月25・26日】サステナブルなカーライフを体感できるイベント、「軽井沢モーターギャザリング 2024スプリング」開催!
LE VOLANT CARSMEET WEB
シンプルでコンパクトながら高級感もちゃんとある! ダイハツ アトレーがベースの軽キャンパー
シンプルでコンパクトながら高級感もちゃんとある! ダイハツ アトレーがベースの軽キャンパー
月刊自家用車WEB
「シンガー」が日本における代理店契約をコーンズ・グループと締結。再構築したポルシェ911をメディアにお披露目
「シンガー」が日本における代理店契約をコーンズ・グループと締結。再構築したポルシェ911をメディアにお披露目
Webモーターマガジン
SUVルックの軽EVは唯一無二の存在! 三菱「eKクロスEV」が一部改良で魅力マシマシに
SUVルックの軽EVは唯一無二の存在! 三菱「eKクロスEV」が一部改良で魅力マシマシに
THE EV TIMES
ノリス2位「あと1、2周あったら勝てたかな…。僕たちは常にトップ争いできるレベルに到達した」マクラーレン/F1第7戦
ノリス2位「あと1、2周あったら勝てたかな…。僕たちは常にトップ争いできるレベルに到達した」マクラーレン/F1第7戦
AUTOSPORT web
「国民ブチギレ」 税金取りすぎでは…条件次第で約13万円!? 最も高い“自動車税”いくら? 納税祭りの仕組みとは
「国民ブチギレ」 税金取りすぎでは…条件次第で約13万円!? 最も高い“自動車税”いくら? 納税祭りの仕組みとは
くるまのニュース
インディ500予選2番手パワー、今季の”シルバーコレクター”状態に嬉しい悲鳴?「レースの神に遊ばれているみたい」
インディ500予選2番手パワー、今季の”シルバーコレクター”状態に嬉しい悲鳴?「レースの神に遊ばれているみたい」
motorsport.com 日本版
トヨタ車体の樹脂素材は間伐材配合…人とくるまのモビリティ展 2024に出展へ
トヨタ車体の樹脂素材は間伐材配合…人とくるまのモビリティ展 2024に出展へ
レスポンス
レッドブル&HRC密着:“マックス劇場”から一転「まるで氷の上を走るよう」な状況に。ストレートで速度を落とさず対処
レッドブル&HRC密着:“マックス劇場”から一転「まるで氷の上を走るよう」な状況に。ストレートで速度を落とさず対処
AUTOSPORT web
TokyoCamp のアマゾン公式ショップにてキャンプ用品が最大30%OFFのセールを開催!
TokyoCamp のアマゾン公式ショップにてキャンプ用品が最大30%OFFのセールを開催!
バイクブロス
ホンダ新型「最高級ミニバン」500万円超でもコスパ最強! 「ライバル車より良い!」の声も!? 新型「オデッセイ」への反響は?
ホンダ新型「最高級ミニバン」500万円超でもコスパ最強! 「ライバル車より良い!」の声も!? 新型「オデッセイ」への反響は?
くるまのニュース

みんなのコメント

47件
  • 本当はタントファンクロスがウエイクの次期モデルだったのじゃないかな。
    でもタントの新車販売台数ランキングがドンドン悪くなっているので、
    ウエイク名を廃止して、タント名をかぶせて首位奪還を目指すのだろう。
    昔のカローラみたいにw
  • 最近なにかと車中泊を売りにしているクルマを耳にするがクルマの売りが車中泊ってどれだけ需要があるのかな。まぁイメージ戦略なんでしょうが。個人的にはクルマでなんか寝たくはないね。仮眠ならまだしも。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

137.7187.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.8198.7万円

中古車を検索
ウェイクの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

137.7187.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.8198.7万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村