現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > どうした最近のダイハツ! おとなしすぎじゃないか!? かつての牙も爪も研ぎ澄まされた「アヴァンツァート」を復活希望!!

ここから本文です

どうした最近のダイハツ! おとなしすぎじゃないか!? かつての牙も爪も研ぎ澄まされた「アヴァンツァート」を復活希望!!

掲載 23
どうした最近のダイハツ! おとなしすぎじゃないか!? かつての牙も爪も研ぎ澄まされた「アヴァンツァート」を復活希望!!

 この記事をまとめると

■ダイハツ・ミラにかつて設定されていた「ミラ アバンツァート」を振り返る

作りに作ったり3000万台! 歴史と記憶に残る「偉大すぎる」ダイハツの名車5選

■3代目モデルから設定されたスポーツグレード

■モータースポーツ用モデルもラインアップしていたが、5代目モデルを最後に消滅した

 かつてバカッ速軽の名を欲しいままにしたアヴァンツァート

 先日、終売が発表されたミラトコット。一部ではホットモデルの「アバンツァート」が追加されるというウワサもあったが、結局実現することなく、そのモデルライフを終了するようだ。

 思い返せばダイハツはモータースポーツへの参戦を積極的にしており、ミラのほかストーリアやブーン、古くはアプローズなどもラリーフィールドに投入していたが、近年ではモータースポーツベース車も存在せず、辛うじてコペンがスポーティなモデルとして気を吐く程度で、往年のファンからすれば寂しい限りだ。

 そこで今回は、ミラに設定されていたホットモデル“アバンツァート”を振り返り、ダイハツのホットモデル復活に思いを馳せてみたい。

 ミラにアバンツァートの名前を冠するモデルが登場したのは1991年5月に3代目モデルが改良されたタイミングで、ミラのスポーティグレードである「TR-XX」の上級仕様として追加されたものだった。

 そして1994年9月に4代目へとフルモデルチェンジを果たすと、アバンツァートはさらにスポーティ度を増したグレードとしてミラの頂点に君臨する。

 もっともスタンダードな「アバンツァート」は、直列3気筒インタークーラーターボで前輪駆動、そして「アバンツァートR」は直列4気筒DOHCインタークーラーターボを搭載し、専用足回りやLSD、リヤにもディスクブレーキをおごる本格的なものとなり、「アバンツァートR4」はアバンツァートRをベースにフルタイム4WD化をしたもので、小さなボディに高性能なアイテムを凝縮して投入したものとなっていたのだ。

 またモータースポーツベース車として、アバンツァートR4をベースとした「X4」と、アバンツァートRをベースとした「X2」も存在し、こちらは交換されてしまうシートなどの装備は低グレードのものを採用する一方で、レギュレーションで交換することができないトランスミッションには最初からクロスミッションを組み込み、ピストンはアルミ鍛造製に変更。タービンも高回転を常用する走りに対応する専用品になるなど、まさに勝つために生まれたモデルとなっていた。

 当時は同クラスのライバルにスズキ アルトワークスが存在し、あちらも「ワークスR」と呼ばれるモータースポーツベース車がラインアップされていたことから、切磋琢磨して性能を磨き合っていたのだが、アルトワークスが姿を消したことで、ミラのホットモデルも5代目に3気筒ターボモデルが設定されていたのを最後に姿を消してしまった。

 ただダイハツは再びダイハツチャレンジカップを再開するなど、ここへきてモータースポーツ活動にも力を入れており、先日開催されたジャパンモビリティショーではFRコペンを参考出品するなど、なにやら楽しそうなモデルが増えてきそうな気配もあるので、軽自動車のホットモデルの復活にも期待したいところである。

こんな記事も読まれています

やっぱり小さなFRがお望み? BMW 1シリーズ(2代目) 多彩なエンジンも魅力  UK中古車ガイド
やっぱり小さなFRがお望み? BMW 1シリーズ(2代目) 多彩なエンジンも魅力  UK中古車ガイド
AUTOCAR JAPAN
今こそV8! ランドローバー新型「ディフェンダー」はオンロードでは高級サルーンのような乗り心地でした
今こそV8! ランドローバー新型「ディフェンダー」はオンロードでは高級サルーンのような乗り心地でした
Auto Messe Web
F1テスト3日目にふたたび排水溝の蓋が外れるトラブル発生。最終日は休憩なしの“ノンストップセッション”に
F1テスト3日目にふたたび排水溝の蓋が外れるトラブル発生。最終日は休憩なしの“ノンストップセッション”に
AUTOSPORT web
WEC公式テスト“プロローグ”の延期が正式発表。物流の問題により2日遅れで開催へ
WEC公式テスト“プロローグ”の延期が正式発表。物流の問題により2日遅れで開催へ
AUTOSPORT web
えっ、おもちゃがクルマを変えた? レゴから生まれた「独特すぎる」ハイブリッド技術とは
えっ、おもちゃがクルマを変えた? レゴから生まれた「独特すぎる」ハイブリッド技術とは
AUTOCAR JAPAN
新車AMR24は「間違いなく進歩している」も他陣営を警戒するアロンソ。頂点に立つには「現実的な視点が必要」
新車AMR24は「間違いなく進歩している」も他陣営を警戒するアロンソ。頂点に立つには「現実的な視点が必要」
AUTOSPORT web
グーマガ 今週のダイジェスト【2/17~2/23】最新SUV情報たっぷりの一週間!
グーマガ 今週のダイジェスト【2/17~2/23】最新SUV情報たっぷりの一週間!
グーネット
愛車の履歴書──Vol31. 佐野勇斗さん(番外後編)
愛車の履歴書──Vol31. 佐野勇斗さん(番外後編)
GQ JAPAN
優雅で洗練されたマセラティのスーパースポーツ「グラントゥーリズモ トロフェオ」が魅せる世界
優雅で洗練されたマセラティのスーパースポーツ「グラントゥーリズモ トロフェオ」が魅せる世界
@DIME
なんという場所に…「日本一低い」信号機を見てきた 低さもだけどスゴイのは「迫力」?
なんという場所に…「日本一低い」信号機を見てきた 低さもだけどスゴイのは「迫力」?
乗りものニュース
メルセデスW15の進化に興奮するハミルトン「明らかに改善したし、はるかにドライビングしやすい」
メルセデスW15の進化に興奮するハミルトン「明らかに改善したし、はるかにドライビングしやすい」
AUTOSPORT web
変わるのはヘッドライトだけじゃない!「中身」が大胆に進化するメルセデスベンツのフラッグシップBEV
変わるのはヘッドライトだけじゃない!「中身」が大胆に進化するメルセデスベンツのフラッグシップBEV
レスポンス
レッドブルF1はただ勝つだけじゃ満足出来ない? リカルド「彼らは競争相手を完膚なきまで打ち砕くことを望んでいる」
レッドブルF1はただ勝つだけじゃ満足出来ない? リカルド「彼らは競争相手を完膚なきまで打ち砕くことを望んでいる」
motorsport.com 日本版
新田守男&高木真一のK-tunes Racing大ベテランコンビが目指す2024年の目標は「まずは1勝」
新田守男&高木真一のK-tunes Racing大ベテランコンビが目指す2024年の目標は「まずは1勝」
AUTOSPORT web
レッドブルF1代表、進行中の内部調査について問われるも「プロセスや期間については自由にコメントできない」
レッドブルF1代表、進行中の内部調査について問われるも「プロセスや期間については自由にコメントできない」
AUTOSPORT web
「デカいSUVは駐車料金3倍にしろ」パリ市民の怒りは車の潮流を変える? “際限ない巨大化”を止められるのか
「デカいSUVは駐車料金3倍にしろ」パリ市民の怒りは車の潮流を変える? “際限ない巨大化”を止められるのか
乗りものニュース
HKSのブーストコントローラー「EVC‐S」 が視認性に優れたカラー液晶を採用した「EVC‐S2」に進化!
HKSのブーストコントローラー「EVC‐S」 が視認性に優れたカラー液晶を採用した「EVC‐S2」に進化!
くるまのニュース
VW「ID.7ツアラー」世界初公開! 新時代のフラッグシップモデルは荷物満載で長距離も走れるEVワゴン
VW「ID.7ツアラー」世界初公開! 新時代のフラッグシップモデルは荷物満載で長距離も走れるEVワゴン
VAGUE

みんなのコメント

23件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

88.5102.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.0158.0万円

中古車を検索
ミラの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

88.5102.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.0158.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村