現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 2021年はSUV販売2位! 人気「ヴェゼル」のコスパ最強がハイブリッド×4WDグレードとなる理由

ここから本文です

2021年はSUV販売2位! 人気「ヴェゼル」のコスパ最強がハイブリッド×4WDグレードとなる理由

掲載 139
2021年はSUV販売2位! 人気「ヴェゼル」のコスパ最強がハイブリッド×4WDグレードとなる理由

2021年はSUVランキングでハリアーを押えて2位に
2021年度の販売台数は5万9674台、登録車販売ランキングにおいて9位となり、堂々トップ10入りを果たしているのが「ホンダ ヴェゼル」だ。ヴェゼル以外にトップ10内に顔を出したSUVは「トヨタ ライズ」(6位)、「トヨタ ハリアー」(10位)だけであることからも人気の高さがうかがえる。

初代ヴェゼルが築いたネームバリューと、現行型が2021年4月にフルモデルチェンジしたというタイミングも効いているだろうが、コロナ禍でも順調に売れているという印象に変わりはない。クーペ的なスタイリングや、ボディとグリルを一体化して見せるといった新しいアプローチが功を奏したといったところだろうか。

ホンダ ヴェゼル 好バランスなコンパクトSUVのおすすめグレードは?

また現在、ヴェゼルのガソリン車の納期は2か月程度、e:HEVと名付けられたハイブリッドについては半年以上というスケジュール感で、事実上の最上級グレードとなる「PLaY」については部品供給の問題があり、受注停止になっているから、計画通りに生産できていれば、さらに販売台数を伸ばしていたことになるかもしれない。

グレード間の価格差は100万円以上
あらためてヴェゼルのグレード構成とメーカー希望小売価格を整理してみよう。

<1.5Lガソリン>
G:227万9200円(FF)/249万9200円(4WD)

<1.5Lハイブリッド>
e:HEV X:265万8700円(FF)/287万8700円(4WD)
e:HEV Z:289万8500円(FF)/311万8500円(4WD)
e:HEV PLaY:329万8900円(FF)

このように価格帯としては100万円以上の幅があり、とにかく安価にヴェゼルのルックスを求めるのであれば1.5Lガソリン車一択という印象を受けるかもしれないが、さにあらずというのが筆者の考えだ。

>>ホンダ ヴェゼルのカタロググレードをチェックする
>>ホンダ ヴェゼルハイブリッドのカタロググレードをチェックす

最も安いGグレードでもエンジンパワーに不満はないが…
ヴェゼルの中でもっとも安価なガソリンGグレードのFFであってもエンジンの最高出力は87kW(118PS)とパフォーマンスに不満はなく、むしろハイブリッドよりも軽量なこともあってキビキビと走るという評価はできる。ただ、その走りっぷり価格なりのものであり、期待はずれではないが、期待以上でもないという印象だ。

>>ホンダ ヴェゼルのカタロググレードをチェックする

逆に驚かされるのはハイブリッドの4WDだ。e:HEV Zグレードの4WDでは300万円を超える価格設定となっているが、過去にヴェゼルの全パワートレインを乗り比べた経験からすると、ハイブリッド4WDの走りは別格だ。

>>ホンダ ヴェゼルハイブリッドのカタロググレードをチェックす

1.5Lクラスのハイブリッド4WDというと、リヤモーターが独立していて発進時など必要なときだけ駆動するというオンデマンドタイプもあるが、ヴェゼルの4WDシステムはプロペラシャフトで機械的に前後をつなぐ、本物のフルタイム4WDとなっている。つまり常時リヤに駆動力が送られている

また、ホンダのe:HEVは基本的にモーター駆動で、急加速や高速巡行などでエンジンとモーターを併用したり、エンジン直結モードで走ったりする仕組みとなっている。つまりe:HEVの4WDは、日常的にはモーターのトルクを常に4輪に伝えて走るパワートレインとなっているのだ。

レスポンスのいいモーターの駆動力を、前後に適切に伝えることで何が生まれるのかといえば高いスタビリティだ。とくに80km/hを超えた速度域では、ヴェゼルのe:HEV 4WDはコンパクトクラスとは思えない安定した走りを披露する。はっきり言って1.5Lクラスに期待する走りのレベルではなく、もっと上のクラスのSUVに匹敵する落ち着いた走りだ。

その意味で、小さな高級車的なSUVとして捉えると、じつはハイブリッド4WDはコストとパフォーマンスの関係で割安に感じる。本当の意味で“コスパがいい”仕上がりになっている。

ちなみに、WLTCモードによるカタログ燃費は、ハイブリッド同士で比べるとFFが25.0km/L、4WDは22.0km/Lとなっている。燃費を最優先すればFFが正しい選択かもしれないが、この程度の違いであれば運転の仕方で逆転できる程度の差という風にも捉えられる。ヴェゼルを検討していて、300万円オーバーの車両価格を予算が許すなら、積極的にハイブリッド4WDを検討してほしい。

>>ホンダ ヴェゼルのカタロググレードをチェックする
>>ホンダ ヴェゼルハイブリッドのカタロググレードをチェックす

文:山本晋也
写真:
1~2枚目:ヴェゼル e:HEV Z
3枚目:ヴェゼル e-HEVの4WDシステム
4枚目:ヴェゼル e-HEV PLaY

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

トヨタ、WRC初開催のラトビアにフルエントリー。得意の高速グラベルで選手権リードを奪えるか
トヨタ、WRC初開催のラトビアにフルエントリー。得意の高速グラベルで選手権リードを奪えるか
AUTOSPORT web
【新型ノートオーラNISMO 4WD試乗】スポーツドライビングから雪道まで、高い走行性能を発揮するNISMOらしいモデル
【新型ノートオーラNISMO 4WD試乗】スポーツドライビングから雪道まで、高い走行性能を発揮するNISMOらしいモデル
月刊自家用車WEB
大人空間なフラットシート! トヨタ ハイエースがベースのキャンパー
大人空間なフラットシート! トヨタ ハイエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
ケビン・マグヌッセン、今季限りでハースF1を離脱。チーム創設初期から計7シーズン在籍
ケビン・マグヌッセン、今季限りでハースF1を離脱。チーム創設初期から計7シーズン在籍
motorsport.com 日本版
ダイハツ、インドネシア最大のモーターショーでコンセプトカー「me:MO」出展へ
ダイハツ、インドネシア最大のモーターショーでコンセプトカー「me:MO」出展へ
レスポンス
2024鈴鹿8時間耐久ロードレース、放送時間一覧。今年もJ SPORTSとBS12で中継
2024鈴鹿8時間耐久ロードレース、放送時間一覧。今年もJ SPORTSとBS12で中継
motorsport.com 日本版
クセ強めのフランス車好きも思わず納得? 超王道ドイツ車を今こそ乗ってほしいワケ
クセ強めのフランス車好きも思わず納得? 超王道ドイツ車を今こそ乗ってほしいワケ
ベストカーWeb
【デイトナ】「茶ミ☆スタラリー」と「黄金KAIDO御刻印ツーリングラリー」がコラボ!スタンプを集めれば豪華記念品が当たるかも!  
【デイトナ】「茶ミ☆スタラリー」と「黄金KAIDO御刻印ツーリングラリー」がコラボ!スタンプを集めれば豪華記念品が当たるかも!  
モーサイ
鈴鹿8耐スズキブース、跨りバイク展示やグッズ販売、さらに#0 GSX-R1000R(CNチャレンジ仕様)を参考展示
鈴鹿8耐スズキブース、跨りバイク展示やグッズ販売、さらに#0 GSX-R1000R(CNチャレンジ仕様)を参考展示
WEBヤングマシン
体格はレーシングにおいて影響が大きい?
体格はレーシングにおいて影響が大きい?
バイクのニュース
トヨタが「新型GR86」発表! 「走りの変化」が凄い! 「登場“3年目”の改良」で何が変わった?
トヨタが「新型GR86」発表! 「走りの変化」が凄い! 「登場“3年目”の改良」で何が変わった?
くるまのニュース
レクサス LBXのハイパオフォーマンスモデル「モリゾウRR」を新規設定。「ビスポーク ビルド」も100台を抽選販売
レクサス LBXのハイパオフォーマンスモデル「モリゾウRR」を新規設定。「ビスポーク ビルド」も100台を抽選販売
Webモーターマガジン
元WRC王者がランチアの新型ラリーカーを特別テスト。「イプシロンの開発に貢献でき光栄」とビアシオン
元WRC王者がランチアの新型ラリーカーを特別テスト。「イプシロンの開発に貢献でき光栄」とビアシオン
AUTOSPORT web
名古屋エリアに初登場したBMWのハイヤーはEVセダン! 名鉄タクシーグループが「BMW i5」を1台導入
名古屋エリアに初登場したBMWのハイヤーはEVセダン! 名鉄タクシーグループが「BMW i5」を1台導入
THE EV TIMES
猛暑を乗り切る! クシタニの2024春夏おすすめメッシュアイテムが到着
猛暑を乗り切る! クシタニの2024春夏おすすめメッシュアイテムが到着
バイクブロス
「見づらいんですが…」 一時停止“超えての停止”は違反? どうやって通行すべき? 警察も呼びかける「正しい方法」とは
「見づらいんですが…」 一時停止“超えての停止”は違反? どうやって通行すべき? 警察も呼びかける「正しい方法」とは
くるまのニュース
アルファロメオ『ジュニア』、右ハンドル仕様を初公開…グッドウッド2024
アルファロメオ『ジュニア』、右ハンドル仕様を初公開…グッドウッド2024
レスポンス
【岡崎宏司カーズCARS/CD名車100選_01】1980年代スポーツの方向性を提示した2代目Z-CARの洗練世界
【岡崎宏司カーズCARS/CD名車100選_01】1980年代スポーツの方向性を提示した2代目Z-CARの洗練世界
カー・アンド・ドライバー

みんなのコメント

139件
  • Bセグのヴェゼルが300万オーバーって、ホント車が高くなりましたねー!

    特にホンダ!
  • 今年のGW前にe:HEV Zグレード2WDを契約しましたが、それ以来ディーラーから何の連絡もなし。
    納期の目途なんかまったくつかない様子です。契約した事も忘れそう。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

288.9377.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

69.01000.0万円

中古車を検索
ヴェゼルハイブリッドの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

288.9377.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

69.01000.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村