現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マツダ渾身の「SKYACTIV-X」は時代の徒花だったのか!? 気になる「究極のガソリンエンジン」の今後

ここから本文です

マツダ渾身の「SKYACTIV-X」は時代の徒花だったのか!? 気になる「究極のガソリンエンジン」の今後

掲載 53
マツダ渾身の「SKYACTIV-X」は時代の徒花だったのか!? 気になる「究極のガソリンエンジン」の今後

 マツダ肝いりのディーゼルとガソリンのいいとこどりエンジン、「究極の内燃機関」とも言われたe-SKYACTIV-Xエンジンが2023年秋のCX-30改良から同車ラインナップからなくなり、マツダ3ファストバックのみに。今後の動向を占う!

文/国沢光宏、写真/ベストカー編集部

マツダ渾身の「SKYACTIV-X」は時代の徒花だったのか!? 気になる「究極のガソリンエンジン」の今後

■究極のガソリンエンジンと言われた技術だったが……

2023年秋の一部改良でSKYACTIV-Xはマツダ3のファストバックのみになってしまっている

 ロータリーエンジンを復活させてきたマツダながら、その一方で鳴り物入りの大アピールをしながら世に出したSKYACTIV-Xは搭載車が急減している。驚いたことにCX-30のSKYACTIV-Xもカタログから落ちてしまった。

 今や国内販売車だとマツダ3のファストバックモデルのみという状況。SKYACTIV-Xは今後どうなってしまうのだろう。予想してみた。

 まずはSKYACTIV-Xの”おさらい”からしてみたい。

究極の内燃機関として華々しくデビューしたSKYACTIV-Xエンジン

 ガソリンを軽油のように着火させる「圧縮着火」という技術はピストンエンジンの究極と言われてきた。ガソリンエンジンながらディーゼルエンジンと同じくらいの燃費を追究できるためだ。世界中の自動車メーカーが開発していたものの、マツダを除き市販レベルに到達することはできず。といった点でロータリーと同じ。

 とはいえ市販型のSKYACTIV-Xは完全な圧縮着火ではなく、点火プラグも併用していた。加えてスーパーチャジャーを使ったり、小さいモーターのアシストも行ったりなどしていて複雑。

 当然ながらコストアップする要因が多く、市販されてみたらハイブリッドより圧倒的に高い価格設定になってしまう。この時点で私は「売れるワケない。もちろん推奨しない」と書いた。

[articlelink]

■マツダの経営陣は自信たっぷりといった感じだったが……

SKYACTIV-Xにマツダ経営陣はかなりの自信を持っていたというのだが……

 されど、マツダは相当な自信を持っていたようだ。このエンジンを開発した人見光夫さんや現在のCTOである廣瀬一郎さんに「価格が高いし、燃費の改善率で圧倒的にハイブリッドより低い。欧州の燃費基準もクリアできない」と言ったら、「そんなことない。売れる。欧州燃費基準だって対応可能」と口論になったほど。今回、復活したロータリーエンジンも同じようなことを言っていますが。

 実際、SKYACTIV-Xを激賞したジャーナリストは驚くほど多かった。特に発売前に欧州で行われた先行試乗会でハンドルを握った人たちの絶賛ぶりときたら、それはもう。

発売後も台数的には厳しい状況が続いていたSKYACTIV-X

 もちろん今流行のステマじゃありません。皆さん、お金をもらうことなく褒めていた。よって素晴らしいエンジンだと期待して試乗したら、燃費は悪いワ、エンジンフィールは悪いワ、価格も高いワで売れると思えず。

 発売してみたらみごとに厳しかった。徹底的に売れない。マツダ3にしてもCX-30にしても、最初の数カ月を除き、一番売れた時で全販売台数の10%に達しなかった。直近だと5%以下。ユーザーから完全にソッポを向かれた格好だ。

 全国にたくさんいるだろうマツダファンも、私のSKYACTIV-Xの批判記事に猛反発したが、残念ながら買い支えしていない。ファンからも見放された。

■日本だけでなく欧州でも台数的には厳しく、北米は販売すらできず

CX-30にも設定されたSKYACTIV-Xはカタログ落ちしてしまった

 ちなみに排気ガス規制のためアメリカでは販売できず。欧州も販売比率こそ高いものの、絶対的な台数が少ない。本来ならCAFE(目標値に達しないと反則金を取られる企業平均燃費)に貢献する予定だった燃費は、足を引っ張る存在になってしまう。トヨタからヤリスのハイブリッドを供給してもらって平均燃費を向上させ、さらにトヨタが持っている余裕を分けてもらっている状況。

 日本ではユーザーからまったく評価されず。巨額の開発予算&電気自動車の開発を凍結してまで人員を割いた(当時、人見さんに『パワーユニット開発の5%でも電気自動車に使ったらどうか』と何度も言ったが相手にされず)SKYACTIV-Xということなんだろう。マツダ3に残したのは意地のようなもの。欧州もフェードアウトしていくと思う。燃費で生き残れない。

 こう書くと「2025年に大きく進化するとマツダは言っていた」と思うかもしれない。この話、私も覚えている。マツダ筋を調べてみると、どうやらSKYACTIV-Xの開発は”ほぼ"凍結されているらしい。

■残念ながら遠からずSKYACTIV-Xは消える?

すでにSKYACTIV-Xはマツダ3ファストバックにしか残っていない。今、買っておくと価値が出るのだろうか?

 冷静になって考えてみると、トヨタ式ハイブリッドのほうが圧倒的に燃費よく、圧倒的にコストも低い。決定的なのはハイブリッドのほうがパワフルで楽しいこと。

 ということでSKYACTIV-Xは遠からず終焉を迎える可能性が高い。だったら今のウチに買っておくか? マツダファンならそれもいいだろう。ただ、技術的なレベルは世界中の自動車メーカーが断念したくらい高い。

 今後、補修部品などがなくなってくると、動く状態で維持するのは難しいと思う。30年後に走らせられるSKYACTIV-Xが残っている可能性、とっても低いと考えます。

こんな記事も読まれています

トヨタは9kgの重量増と出力微減。WEC開幕戦カタールのハイパーカーBoPが決定
トヨタは9kgの重量増と出力微減。WEC開幕戦カタールのハイパーカーBoPが決定
AUTOSPORT web
「西知多‐名豊」の東西軸どうする? ルート案は3つ! 動き出した「名古屋三河道路」計画
「西知多‐名豊」の東西軸どうする? ルート案は3つ! 動き出した「名古屋三河道路」計画
乗りものニュース
超“丸目レトロ”の新「“スポーティ”ハッチバック」初公開! “近年の車”とは思えない「クラシックデザイン」がカッコイイ! お値段は170万円の「クラシック ポロ」にカスタムモデル登場
超“丸目レトロ”の新「“スポーティ”ハッチバック」初公開! “近年の車”とは思えない「クラシックデザイン」がカッコイイ! お値段は170万円の「クラシック ポロ」にカスタムモデル登場
くるまのニュース
Uber Eats自律走行ロボットデリバリーサービス開始 三菱電機、Cartkenと業務提携
Uber Eats自律走行ロボットデリバリーサービス開始 三菱電機、Cartkenと業務提携
バイクのニュース
今や2000万円台!! でもR34が第二世代GT-Rで最も売れなかったってマジか!? 現役時代の不遇から復活劇がスゴい
今や2000万円台!! でもR34が第二世代GT-Rで最も売れなかったってマジか!? 現役時代の不遇から復活劇がスゴい
ベストカーWeb
イゾ「グリフォGL」が約5000万円で落札!「コルベット」のエンジンを積んだジウジアーロとビッザリーニのWネームの希少車とは
イゾ「グリフォGL」が約5000万円で落札!「コルベット」のエンジンを積んだジウジアーロとビッザリーニのWネームの希少車とは
Auto Messe Web
トヨタ bZ4X【1分で読める国産車解説/2023年版】
トヨタ bZ4X【1分で読める国産車解説/2023年版】
Webモーターマガジン
GM、アンドレッティのF1参戦申請書は「双方の能力を明確にした」と内容に満足。一方でFOMとのさらなる議論を望む
GM、アンドレッティのF1参戦申請書は「双方の能力を明確にした」と内容に満足。一方でFOMとのさらなる議論を望む
AUTOSPORT web
ドライバーとマシンの“感情”はシンクロすることも、分かれることもある。『Pepper』生みの親の東大准教授が研究成果を熱弁。今後は“推し車両”との対話も可能?
ドライバーとマシンの“感情”はシンクロすることも、分かれることもある。『Pepper』生みの親の東大准教授が研究成果を熱弁。今後は“推し車両”との対話も可能?
motorsport.com 日本版
14年ぶり大刷新! 三菱が新型「キャンター」を発表! カッコいい“新デザイン”に「フル液晶メーター」初搭載!「自動ブレーキ」や「巻き込み防止機能」も充実! 652万円から
14年ぶり大刷新! 三菱が新型「キャンター」を発表! カッコいい“新デザイン”に「フル液晶メーター」初搭載!「自動ブレーキ」や「巻き込み防止機能」も充実! 652万円から
くるまのニュース
アクティブが XSR125(24)用アクラポヴィッチ製マフラー「JMCA仕様 レーシングライン/チタン」の予約を受付中!
アクティブが XSR125(24)用アクラポヴィッチ製マフラー「JMCA仕様 レーシングライン/チタン」の予約を受付中!
バイクブロス
ルノー『5』、EVで復活へ…ジュネーブモーターショー2024で発表予定
ルノー『5』、EVで復活へ…ジュネーブモーターショー2024で発表予定
レスポンス
「新潟‐山形・仙台」の最短ルートが改善! 無料BP「梨郷道路」3月開通に反響集まる 東北中央道に接続
「新潟‐山形・仙台」の最短ルートが改善! 無料BP「梨郷道路」3月開通に反響集まる 東北中央道に接続
くるまのニュース
日産とNISMOがモータースポーツファンイベントを開催、2024年のモータースポーツ活動概要を発表
日産とNISMOがモータースポーツファンイベントを開催、2024年のモータースポーツ活動概要を発表
Webモーターマガジン
新型「5シリーズ」はBMW初の電気自動車でした。エンジンも選べるセダンのベンチマークの詳細をお伝えします
新型「5シリーズ」はBMW初の電気自動車でした。エンジンも選べるセダンのベンチマークの詳細をお伝えします
Auto Messe Web
新型「2人乗りスポーツカー」実車展示! 25年年初に“1000万円弱”で発売!? 全長4.1m&400馬力超えの「SC-01」が凄すぎる
新型「2人乗りスポーツカー」実車展示! 25年年初に“1000万円弱”で発売!? 全長4.1m&400馬力超えの「SC-01」が凄すぎる
くるまのニュース
【ホンダ】大阪・東京・名古屋モーターサイクルショー2024の出展概要を発表
【ホンダ】大阪・東京・名古屋モーターサイクルショー2024の出展概要を発表
バイクブロス
ホンダが新型車「NX400」を4/18に発売! 400Xからモデルチェンジでトラコン、TFTメーター、スマホ連動も
ホンダが新型車「NX400」を4/18に発売! 400Xからモデルチェンジでトラコン、TFTメーター、スマホ連動も
WEBヤングマシン

みんなのコメント

53件
  • cau********
    マツダの老害の一人、人見光男の思い出作りのためだけに出てきたエンジンだからな。当人がいなくなった今、もう役目は終わったってこと。
  • :;
    スパークプラグを使った時点で「違うだろ」と。
    圧縮着火だけで安定燃焼させられないなら、他のガソリンエンジンのノッキング抑制と(目的が違うだけで)何も変わらない。
    未完成品を商品化したって、売れなくて当然。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

305.1367.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

143.0338.0万円

中古車を検索
CX-30の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

305.1367.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

143.0338.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村