現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ベースグレードがコスパ最強すぎ?!  しかも日本だけの限定グレードありってマジかよ!!  そもそもカングーの良さってなんなんだ!?!?

ここから本文です

ベースグレードがコスパ最強すぎ?!  しかも日本だけの限定グレードありってマジかよ!!  そもそもカングーの良さってなんなんだ!?!?

掲載 3
ベースグレードがコスパ最強すぎ?!  しかも日本だけの限定グレードありってマジかよ!!  そもそもカングーの良さってなんなんだ!?!?

 日本での愛好家も多いルノー カングー。2023年3月にフルモデルチェンジを遂げたが無塗装バンパーを採用した日本限定グレードが用意されるほどだから、日本市場に対する期待の大きさが見える! 登場から1年経った今、もう一度カングーの良さを見ていこう。

文/ベストカーWeb編集部、画像/RENAULT

ベースグレードがコスパ最強すぎ?!  しかも日本だけの限定グレードありってマジかよ!!  そもそもカングーの良さってなんなんだ!?!?

■もっと遊べる空間に進化!

2023年3月2日にフルモデルチェンジしたカングーを発売。画像は無塗装バンパーが採用された日本限定仕様のクレアティフだ

 今から約1年前の2023年3月2日にルノーはフルモデルチェンジしたルノーカングーを発売。特徴はなんと言っても広大な室内空間と豊富なユーティリティ、そしてひと目でカングーとわかるデザインが特徴だ。

 フルモデルチェンジによりさらに広い室内空間、2種類のパワートレーン、先進の運転・駐車支援システムを新たに備え、「LUDOSPACE(ルドスパス)=遊びの空間」が「もっと遊べる空間」へと大きく進化したのだ。

 LUDOSPACEとは、ラテン語で「遊び」を意味する「LUDOS」と、フランス語で「空間」
を意味する「ESPACE」を組み合わせた造語で、「遊びの空間」を意味する。

 カングーは、広い室内空間と高い機能性から、欧州ではルドスパスと呼ばれて親しまれてきた。

 フルモデルチェンジした新型ルノー カングーは、このルドスパスのコンセプトは変わらずに、「もっと遊べる空間」へと進化。

 全長が 210 ミリ伸びたことで室内空間は広くなり、荷室容量は前モデル比+115 リッターの 775 リッターに、リアシートを倒した状態では+132 リッターの 2,800 リッターへと増え、より多くの荷物を積めるとともに、使い方の幅が大きく広がった。

 カングーのアイコンとも言えるダブルバックドアは、新型にも変わらず装備された。エクステリアデザインの大きな特徴となるバンパーは、ボディ同色バンパーに加え、ブラックバンパ
ーが設定される。

 ダブルバックドア+ブラックバンパー仕様は、日本に向けて特別に作られるモデル。

エンジンはガソリンとディーゼルを選べる。さらに嬉しいのは運転支援を本格的に強化。ブラインドスポットインターベンションまで採用してきた

 搭載されるエンジンは、新たに 1.3 リッター直噴ガソリンターボエンジンと 1.5 リッターディーゼルターボエンジンがラインアップされ、好みに合わせて選ぶことができる。どちらのエンジンも、組み合わされるトランスミッションは高効率な電子制御7速AT。

 ドライブを安心して楽しめるよう、アダプティブクルーズコントロール、そして日本導入モデルでは初となるブラインドスポットインターベンションなどの先進の運転支援システムが、数多く装備さた。

 グレード構成はガソリンモデルの場合、廉価グレードの「ゼン」が384万円、日本限定仕様の「クレアティフ」が395万円、上級グレードの「インテンス」も同様の395万円となっている。

 ゼンとインテンスの大きな違いはメーターパネル。ゼンの場合は4.2インチスクリーン付きのアナログメーターとなるが、インテンスの場合は7インチのデジタルメーターとなる。

 他にもゼンにはレーンセンタリング機能がないなどがあるが11万円の価格差を思うと、アクティブに使うユーザーが多いカングーはデジタルメーターを好む人も多いだろうし、運転支援が最小限の方がハンドリングも楽しめると思うとゼンがカングーには似合ってるいるかもしれない。

 ただし、ディーゼルモデルにゼンはないため強制的にガソリンモデルとなってしまうのはネックでもある。

 いずれにせよ、フルモデルチェンジによって大幅に進化したカングーはその使い勝手の良さとぱっと見でわかるカングーらしさで、これからもファンには愛され続けていくだろう。

こんな記事も読まれています

装備はバッチリで程よくオシャレ 街乗りでも快適なトヨタ タウンエースがベースのキャンパー
装備はバッチリで程よくオシャレ 街乗りでも快適なトヨタ タウンエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
走りのグレード[グランツーリスモ]が熱かった! なぜY31セドリック/グロリアは輝いていたのか?
走りのグレード[グランツーリスモ]が熱かった! なぜY31セドリック/グロリアは輝いていたのか?
ベストカーWeb
もはや熟成の域だよレガシィアウトバック!! さすが4駆のスバル!! やっぱアウトドアにピッタリだった 
もはや熟成の域だよレガシィアウトバック!! さすが4駆のスバル!! やっぱアウトドアにピッタリだった 
ベストカーWeb
[ハイラックスサーフ]の後ろに注目!! 巨大リアウィングの機能がスゴかった
[ハイラックスサーフ]の後ろに注目!! 巨大リアウィングの機能がスゴかった
ベストカーWeb
トヨタ小林可夢偉が見据えるテール・トゥ・ウイン。「優勝以外リベンジとは言えない」と平川亮/ル・マン24時間
トヨタ小林可夢偉が見据えるテール・トゥ・ウイン。「優勝以外リベンジとは言えない」と平川亮/ル・マン24時間
AUTOSPORT web
LMP2新レギュレーション、3度目の導入延期。2027年末まで現行規定を維持へ
LMP2新レギュレーション、3度目の導入延期。2027年末まで現行規定を維持へ
AUTOSPORT web
2025年からのハイパーカー『最低2台義務』が正式発表。イモラはガレージ数を拡張へ
2025年からのハイパーカー『最低2台義務』が正式発表。イモラはガレージ数を拡張へ
AUTOSPORT web
マフラーを横から出しちゃダメだろ! クルマの「サイド排気」って車検に通るの?
マフラーを横から出しちゃダメだろ! クルマの「サイド排気」って車検に通るの?
ベストカーWeb
ル・マン24時間グランドマーシャルとTGR-E副会長で多忙な中嶋一貴。「しっかり役をこなしたい」
ル・マン24時間グランドマーシャルとTGR-E副会長で多忙な中嶋一貴。「しっかり役をこなしたい」
AUTOSPORT web
一体どこが抜け出すんだ!? 2024年ル・マン24時間は開始1時間を過ぎても依然接近戦……11番手発進トヨタ8号車もトップ争いに加わる
一体どこが抜け出すんだ!? 2024年ル・マン24時間は開始1時間を過ぎても依然接近戦……11番手発進トヨタ8号車もトップ争いに加わる
motorsport.com 日本版
ハイパーカーのホモロゲーションサイクルが2029年まで延長。水素クラス導入は2028年へ4度目の延期
ハイパーカーのホモロゲーションサイクルが2029年まで延長。水素クラス導入は2028年へ4度目の延期
AUTOSPORT web
アストンマーティン、2025年WECハイパーカー参戦を確認。2台のヴァルキリーAMR-LMHが登場へ
アストンマーティン、2025年WECハイパーカー参戦を確認。2台のヴァルキリーAMR-LMHが登場へ
AUTOSPORT web
築110年の駅舎には2つのミュージアム! バーストーの街はクルマ好きも鉄道好きも立ち寄る価値ありです【ルート66旅_56】
築110年の駅舎には2つのミュージアム! バーストーの街はクルマ好きも鉄道好きも立ち寄る価値ありです【ルート66旅_56】
Auto Messe Web
[セレナミニ]爆誕!? シエンタにフリードバカ売れなのに日産なぜ出さない!?
[セレナミニ]爆誕!? シエンタにフリードバカ売れなのに日産なぜ出さない!?
ベストカーWeb
2024年のル・マン24時間がスタート! フェラーリがすかさずワンツー奪取……トヨタ8号車6番手
2024年のル・マン24時間がスタート! フェラーリがすかさずワンツー奪取……トヨタ8号車6番手
motorsport.com 日本版
いよいよステーションワゴン登場! BMW i5 ツーリングへ試乗 万能道具感は先代を超えず?
いよいよステーションワゴン登場! BMW i5 ツーリングへ試乗 万能道具感は先代を超えず?
AUTOCAR JAPAN
富士6時間レースは9月に開催。WEC、ル・マンで全8戦の2025年レースカレンダーを発表
富士6時間レースは9月に開催。WEC、ル・マンで全8戦の2025年レースカレンダーを発表
AUTOSPORT web
ランボルギーニ史上初、ル・マン24時間レースのハイパーカークラスに参戦! SC63の2台体制で歴史的なデビューを飾ります
ランボルギーニ史上初、ル・マン24時間レースのハイパーカークラスに参戦! SC63の2台体制で歴史的なデビューを飾ります
Auto Messe Web

みんなのコメント

3件
  • e830rock
    ベストカー3月10日発売号の「エンスー解放戦線」ページでは、新型カングーが高価になって全然(日本で)売れてないと言ってたくせに…
  • rvu********
    日本車でいうところのバネットワゴン、タウンエースワゴンみたいな車に400万円は高コスパと言わない。貨物車の実用性を求めるけれど業者に見られたくない人が買う感じかな?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

384.0427.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.0489.0万円

中古車を検索
カングーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

384.0427.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.0489.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村