現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マイチェンしたホンダ ステップワゴンは新CVT&アイドルストップ採用でクラストップの燃費性能に【10年ひと昔の新車】

ここから本文です

マイチェンしたホンダ ステップワゴンは新CVT&アイドルストップ採用でクラストップの燃費性能に【10年ひと昔の新車】

掲載 8
マイチェンしたホンダ ステップワゴンは新CVT&アイドルストップ採用でクラストップの燃費性能に【10年ひと昔の新車】

「10年ひと昔」とはよく言うが、およそ10年前のクルマは環境や安全を重視する傾向が強まっていた。そんな時代のニューモデル試乗記を当時の記事と写真で紹介していこう。今回は、ホンダ ステップワゴンだ。

ホンダ ステップワゴン(2012年:4代目マイナーチェンジ)
ファミリーに絶大な人気を誇るステップワゴンが、登場から2年半を経過してマイナーチェンジを行った。多岐にわたる改良の中で、最大のポイントは新開発CVTとアイドリングストップ機能の採用だ。加えて空力の向上等も効いて、クラストップの低燃費を実現した。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

新開発CVTはドライバビリティにも貢献している。もともとステップワゴンのCVTはエンジン回転上昇の先行感が小さく、好感を持っていた。今回さらにダイレクト感が向上し、ワイドレシオ化により瞬発力が増すなど、全体的にフィーリングが洗練されていた。欲をいうと、アクセルをガバッと開けたときのハンチングがもう少し抑えられれば文句なしだ。マニュアルシフト時の素早い変速も好印象だ。せっかく操作性の良いパドルが備わっているのだから、多少ショックがあっても、このぐらい早いほうが気持ち良い。

アイドリングストップの動作もいたってスムーズで、静かに止まり、短時間で滑らかに再始動する。他社に見られるような完全停車前にエンジンを止めたり、特殊なエンジン始動法を使っていないオーソドックスなタイプで、驚くほど頻繁に止まるわけではないが、期待どおり違和感なくエンジンストップしてくれる。再始動直後の飛び出し感が抑えられているところも良い。

ECONモードを選ぶと、より長い時間エンジンが止まる。燃費のため中間加速が抑えられるため、高速での合流や再加速ではやや物足りなさを感じなくもない。だが発進時の出足は良好で、市街地走行ではあまり気になることもない。

このクラスのミニバンでは、走りの良さはベスト
また、フットワークの良さも改めて感じた。コーナリング時の姿勢がセレナやノア/ヴォクシーといったライバルと大きく異なる。腰高な印象が小さく、ロール感も自然。見た目の形は似ているが、重心高がだいぶ違うのだろう。加えて高速巡航時のフラット感も高い。また、足まわりに関する変更は今回とくに伝えられていないが、以前はもっと突っ張ったように感じていたところ、心なしかしなやかになったように感じられた。

今回のマイナーチェンジでは、内外装にも比較的大がかりな変更が加えられた。エクステリアではフロントグリルやバンパーのデザインが変更され。LEDリアコンビランプなども採用された。試乗車のスパーダ Z クールスピリットではフロントのメッキ面積が増えて押し出し感が増し、さらにダーククロームメッキを施した外観や専用シートなどが与えられており、人気グレードになりそうだ。

ステップワゴンの訴求点である、ワンステップで乗り降りできる低床フロアや、クラス最大の室内空間、クラス唯一の3列目床下格納シートトいった特徴は、もちろん踏襲している。そして今回、2列目キャプテンシートがオプション設定されたことも要注目だ。ベンチシートとキャプテンシートでは室内の雰囲気は大違い。これを待っていた人も少なくないことだろう。

このクラスのミニバンの争いは熾烈で、新しいモデルが出るといろいろ改良されて本当に目移りしてしまう。だが少なくとも現段階(編集部註:2012年夏)では、このステップワゴンがベストといえそうだ。

ホンダ ステップワゴンスパーダ Zクールスピリット 主要諸元


●全長×全幅×全高:4690×1695×1815mm
●ホイールベース:2855mm
●車両重量:1660kg
●エンジン:直4 SOHC
●総排気量:1997cc
●最高出力:110kW(150ps)/6200rpm
●最大トルク:193Nm(19.7kgm)/4200rpm
●トランスミッション:CVT
●駆動方式:横置きFF
●燃料・タンク容量:レギュラー・60L
●JC08モード燃費:13.8km/L
●タイヤサイズ:205/55R17
●当時の車両価格(税込):279万6000円

[ アルバム : ホンダ ステップワゴン はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

1287馬力のハイパーEV、BYD仰望『U9』…中国発売
1287馬力のハイパーEV、BYD仰望『U9』…中国発売
レスポンス
マクラーレンの”真の力”はまだ見えてこない? ノリス「バーレーンってウチは苦手だから」|F1開幕戦
マクラーレンの”真の力”はまだ見えてこない? ノリス「バーレーンってウチは苦手だから」|F1開幕戦
motorsport.com 日本版
「完璧に勝てる」ニュルブルクリンク24時間に臨むスバルの本気…東京オートサロン2024
「完璧に勝てる」ニュルブルクリンク24時間に臨むスバルの本気…東京オートサロン2024
レスポンス
故障した車を「楽に動かす方法」があった!? 警視庁が伝授する”対処法”が話題に! 一方で初心者が気をつけるべき“落とし穴”も?
故障した車を「楽に動かす方法」があった!? 警視庁が伝授する”対処法”が話題に! 一方で初心者が気をつけるべき“落とし穴”も?
くるまのニュース
【MVアグスタ】バイカーズパラダイスにレンタルバイクを配備!「1時間レンタルプログラム」を3/1より実施
【MVアグスタ】バイカーズパラダイスにレンタルバイクを配備!「1時間レンタルプログラム」を3/1より実施
バイクブロス
ついに日本でCR-Vが販売されるだって? ホンダ発表、FCEVになって今夏「来日」
ついに日本でCR-Vが販売されるだって? ホンダ発表、FCEVになって今夏「来日」
AUTOCAR JAPAN
「M・M思想」と「アート」を標榜するホンダの新EV「0シリーズ」! 真逆の考えは融合できているのかデザインのプロがチェック!!
「M・M思想」と「アート」を標榜するホンダの新EV「0シリーズ」! 真逆の考えは融合できているのかデザインのプロがチェック!!
WEB CARTOP
プジョー・ブランドのファストバックサルーン! 新型「プジョー508」発売。エクステリア・インテリアの革新的なデザインが最大の特徴
プジョー・ブランドのファストバックサルーン! 新型「プジョー508」発売。エクステリア・インテリアの革新的なデザインが最大の特徴
LE VOLANT CARSMEET WEB
だから減便するしかない「バスの2024年問題」市民の足直撃 働き方改革 カギ握る“1時間の差”
だから減便するしかない「バスの2024年問題」市民の足直撃 働き方改革 カギ握る“1時間の差”
乗りものニュース
【明日発売】カリフォルニアのアーティストのガレージへ突撃取材も!『ガレージライフ 99号 2024年4月号』発売
【明日発売】カリフォルニアのアーティストのガレージへ突撃取材も!『ガレージライフ 99号 2024年4月号』発売
LE VOLANT CARSMEET WEB
日産が新たな「モビリティサービス」実現への“取り組み”を発表! 最新「セレナ」で一般でも「驚きの技術」体験できるサービスを2024年度から実施へ
日産が新たな「モビリティサービス」実現への“取り組み”を発表! 最新「セレナ」で一般でも「驚きの技術」体験できるサービスを2024年度から実施へ
くるまのニュース
レクサスNXに新カテゴリー「OVERTRAIL」を追加&一部改良。都会もオフロードも、もっと機敏に気持ちよく「駆け抜ける喜び」が磨き抜かれている
レクサスNXに新カテゴリー「OVERTRAIL」を追加&一部改良。都会もオフロードも、もっと機敏に気持ちよく「駆け抜ける喜び」が磨き抜かれている
Webモーターマガジン
新しいレクサスNX登場、“OVERTRAIL”パッケージも設定へ!──GQ新着カー
新しいレクサスNX登場、“OVERTRAIL”パッケージも設定へ!──GQ新着カー
GQ JAPAN
ダイハツ、販売会社への資金支援を3月末までに開始 代車や車検費用などを負担
ダイハツ、販売会社への資金支援を3月末までに開始 代車や車検費用などを負担
日刊自動車新聞
【2024年FIA F2をイチから学ぶ】スーパーフォーミュラ王者、宮田莉朋のF1登竜門への挑戦。新型車両導入年の注目ポイント
【2024年FIA F2をイチから学ぶ】スーパーフォーミュラ王者、宮田莉朋のF1登竜門への挑戦。新型車両導入年の注目ポイント
AUTOSPORT web
【ハスクバーナ・モーターサイクルズ】正規ディーラー「ハスクバーナ・モーターサイクルズ いわき」が3/9グランドオープン!
【ハスクバーナ・モーターサイクルズ】正規ディーラー「ハスクバーナ・モーターサイクルズ いわき」が3/9グランドオープン!
バイクブロス
インフィニティの最上位SUV『QX80』新型、プロトタイプの写真…実車はニューヨークモーターショー2024で発表へ
インフィニティの最上位SUV『QX80』新型、プロトタイプの写真…実車はニューヨークモーターショー2024で発表へ
レスポンス
スズキ新型「軽バン・ワゴン」発表! めちゃ“精悍顔”に顔面改良!? オシャブルー&ターボ設定追加の「エブリイシリーズ」発売
スズキ新型「軽バン・ワゴン」発表! めちゃ“精悍顔”に顔面改良!? オシャブルー&ターボ設定追加の「エブリイシリーズ」発売
くるまのニュース

みんなのコメント

8件
  • bur********
    ステップワゴンはこのマイナー後の形がいちばん好き!
    全方位、デザインに隙がないと個人的に思ってる!
  • toshi1048
    このRKに乗ってました。
    今見ても古さを感じさせないスタイリングが好きです、このモデルから三列目が床下格納になり積載量も文句ない。程度の良い中古があればまた乗りたいですね。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

305.4346.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.8534.9万円

中古車を検索
ステップワゴンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

305.4346.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.8534.9万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村