現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マツダは“クルマ好きの会社”へ:「2030 VISION」…人とくるまのテクノロジー展2024

ここから本文です

マツダは“クルマ好きの会社”へ:「2030 VISION」…人とくるまのテクノロジー展2024

掲載 更新 2
マツダは“クルマ好きの会社”へ:「2030 VISION」…人とくるまのテクノロジー展2024

マツダは、5月22日から24日までパシフィコ横浜(神奈川県横浜市)で開催された自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2024 YOKOHAMA」に、『MX-30 Rotary-EV』を出展。合わせて、マツダの「2030 VISION」の実現を目指す取り組みを紹介した。

◆洒落たブースの中心にはMX-30 Rotary-EVを出展
会場はグレー系のフレーム枠に木質をを組み合わせた新たなコンセプトでの展開。いつものように、デザイナーの監修が入った展示内容は洒落たイメージを伝えてくる。会場には多くの人が詰めかけ、そこで注目されたのはやはりシリーズ式ハイブリッドの発電ユニットに新開発のロータリーエンジンを採用した MX-30 Rotary-EVに他ならない。展示会場にはその中央に実車が展示され、多くの人がボンネット内をのぞき込む姿が見られた。

マツダ、新型3列シートSUV『CX-80』をついに世界初公開 日本導入時期は

MX-30 Rotary-EVの実力はPHEVとしての高く評価されている。特にEV走行換算距離は107kmと、国内PHEVとしてはトップクラスを達成。その上でさらなる長距離ドライブにも対応可能なEVとしての使い方を拡張したことがポイントとなる。

また、走行中の扱いやすさも大きな魅力で、3つの走行モードを用意。シーンに合わせてモードをワンタッチで切り替えられ、電動車ならではの快適な走行が楽しむことが可能だ。また、プラグイン機能としての充電は普通・急速(チャデモ)方式に対応したことから、1500Wの給電やV2Hなど、電源車としての活用も見逃せない。

◆ハウジングの大幅な軽量化を実現した決め手とは?
MX-30 Rotary-EVの横にはMX-30に搭載されたロータリーエンジン「8C型」と、『RX-』8にも搭載された「13B型」ロータリーエンジンのハウジングが展示して注目を浴びた。この展示は、電動車にロータリーエンジンを搭載するにあたり、ハウジングの大幅な軽量化が図られたことをアピールするために出展されたものだ。

軽量化にあたっては、これまでハウジングに使ってきた素材を鉄からアルミへと変更したことが大きいが、その効果はエンジン全体で15kg減ともなり、会場にいた説明によれば「質量で言えば1/3になった感覚」だと話す。ただ、単にアルミ化するだけでは当然ながら強度は不足する。そこで、その対策として採用されたのがサイドハウジングに「サーメット溶射」と呼ばれる技術だ。

“溶射”とは、材料を溶かしたり溶融に近い状態で吹き付けて成膜する技術で、ここでは高速クロムモリブデンを採用。これによってサイドハウジングの耐摩耗性と量産性を確保することが可能となった。特に見逃せないのは、排気量を13Bの654ccから830ccへと増えているにもかかわらず、外形寸法はほぼ13Bのままであるということ。会場ではこうしたMX-30 Rotary-EVが誕生した背景を見ることができた。

◆「2030 VISION」の実現に向けた取り組みを紹介
そして、マツダが2030年に向けた経営基本方針「2030 VISION」とは「カーボンニュートラル(CN)」、「電動化」、「人とITの共創による価値創造」の3つを掲げる。

CNについてマツダは、2050年にサプライチェーン全体で挑戦することを宣言。具体的には、2030年に向けた商品の電動化と、2035年に向けた事業の脱炭素化がある。

電動化については、2030年にBEV比率を25~40%を想定し、3つのフェーズを経て、地域特性や環境ニーズに応じた電動化伝略の最適化を推進。脱炭素化については、グローバル自社工場でのCNを実現するため、総排出量の約75%を占める国内の自社工場と事業所における中間目標とロードマップを策定。その結果、2030年度にCO2排出量を2013年比で69%削減することを目標とした。

人とITの共創による価値創造では、研究開発におけるDXの取り組み事例として、開発効率化と新価値創造に貢献するMBD(モデルベース開発)・MBR(モデルベースリサーチ)+AIを活用し、人の能力を最大限に引き出す研究開発についての紹介を行った。また、社内外のデジタル人材の育成・普及への取り組みについては、マツダ社内だけでなく産学官でで取り組んでいくとした。

この展示からは、マツダとして時代に適合して走る歓びを進化させ、日常の移動体験の感動を量産する、いわば“クルマ好きの会社”へ発展していくことを今後も目指していく考え方を感じ取ることができた。

こんな記事も読まれています

赤と白の「ロータリーエンジン搭載スポーツカー」再び実車展示! 市販化の可能性が急上昇!? マツダ「アイコニックSP」の魅力とは
赤と白の「ロータリーエンジン搭載スポーツカー」再び実車展示! 市販化の可能性が急上昇!? マツダ「アイコニックSP」の魅力とは
VAGUE
エンジン車が電動車に生まれ変わる!? シェフラーが“人テク”で展示した「Eビーム・アクスル」に注目
エンジン車が電動車に生まれ変わる!? シェフラーが“人テク”で展示した「Eビーム・アクスル」に注目
くるまのニュース
デミオ改め[新型マツダ2]登場もうすぐ!? そもそもどうしたら生き残れるのか!?
デミオ改め[新型マツダ2]登場もうすぐ!? そもそもどうしたら生き残れるのか!?
ベストカーWeb
トヨタ、マツダ、スバルがカーボンニュートラル実現に向け、電動化時代の新たなエンジン開発を発表した共同会見で見えてきたもの
トヨタ、マツダ、スバルがカーボンニュートラル実現に向け、電動化時代の新たなエンジン開発を発表した共同会見で見えてきたもの
LE VOLANT CARSMEET WEB
意地か矜持か!? こんなクルマほかにない! 自動車メーカーが「あり得ないほどこだわりを詰め込んだ」クルマ4台
意地か矜持か!? こんなクルマほかにない! 自動車メーカーが「あり得ないほどこだわりを詰め込んだ」クルマ4台
WEB CARTOP
マツダが“白い”新型「和製スポーツカー」実車公開! “市販化”進む「ロータリー」搭載車! 「ポルシェ」級スペックの「アイコニックSP」とは
マツダが“白い”新型「和製スポーツカー」実車公開! “市販化”進む「ロータリー」搭載車! 「ポルシェ」級スペックの「アイコニックSP」とは
くるまのニュース
アウディのEVスポーツ『e-tron GT』、改良新型は表情変化…航続は609kmに拡大
アウディのEVスポーツ『e-tron GT』、改良新型は表情変化…航続は609kmに拡大
レスポンス
【ホンダ N-VAN e:】日本統括部長「我々のプレゼンスを一気に高めていきたい」
【ホンダ N-VAN e:】日本統括部長「我々のプレゼンスを一気に高めていきたい」
レスポンス
ベントレー史上最強の782馬力、新型『コンチネンタルGTスピード』は6月25日発表へ
ベントレー史上最強の782馬力、新型『コンチネンタルGTスピード』は6月25日発表へ
レスポンス
【試乗】新型シトロエンC3は革命を呼びかけるヤバいクルマ! 日本上陸前に本国でBEVの「ë-C3」に乗った!!
【試乗】新型シトロエンC3は革命を呼びかけるヤバいクルマ! 日本上陸前に本国でBEVの「ë-C3」に乗った!!
WEB CARTOP
【発売まであと1週間】登場秒読みのBYDシールってどんなクルマ? 挑戦的な価格、「ファミリー」の存在を解説
【発売まであと1週間】登場秒読みのBYDシールってどんなクルマ? 挑戦的な価格、「ファミリー」の存在を解説
AUTOCAR JAPAN
スズキのトヨタ製ワゴン『スウェイス』、ベースはカローラ
スズキのトヨタ製ワゴン『スウェイス』、ベースはカローラ
レスポンス
マツダ『ロードスター』用サスペンション3種類一挙に登場! テインがスポーツ走行向け車高調・プレミアム車高調・全長調整式車高調に適合を追加
マツダ『ロードスター』用サスペンション3種類一挙に登場! テインがスポーツ走行向け車高調・プレミアム車高調・全長調整式車高調に適合を追加
レスポンス
マツダ新型「“FR”高級セダン」実車公開! “4連テール”が超カッコイイ「次期 MAZDA6」!? 美麗ボディ×豪華内装の新型「EZ-6」重慶に登場
マツダ新型「“FR”高級セダン」実車公開! “4連テール”が超カッコイイ「次期 MAZDA6」!? 美麗ボディ×豪華内装の新型「EZ-6」重慶に登場
くるまのニュース
スマホと同じくクルマもワイヤレス充電が可能に!? 自然界からもヒントを得て開発する「マーレ」の技術力
スマホと同じくクルマもワイヤレス充電が可能に!? 自然界からもヒントを得て開発する「マーレ」の技術力
くるまのニュース
スバル「スゴイ“水平対向エンジン”」初公開に大反響! 「スバルらしさ」を追求して次世代エンジン開発へ! 厳しくなる規制に「ボクサー消滅しないで」の声
スバル「スゴイ“水平対向エンジン”」初公開に大反響! 「スバルらしさ」を追求して次世代エンジン開発へ! 厳しくなる規制に「ボクサー消滅しないで」の声
くるまのニュース
NIO、新型ラグジュアリー電動SUVの『EL8』を欧州発表…航続510km
NIO、新型ラグジュアリー電動SUVの『EL8』を欧州発表…航続510km
レスポンス
三菱ふそうがEVトラック『eキャンター』のシミュレーター公開…トラック初のオンライン
三菱ふそうがEVトラック『eキャンター』のシミュレーター公開…トラック初のオンライン
レスポンス

みんなのコメント

2件
  • ストームポイ
    来年ハイブリッドの新型CX-5出すなら遅くとも今年のJMSにはそれ関連の技術展示(ハイブリッドシステムとか)だったりデザインコンセプトモデルだったりを期待したいですね。
  • fxnhe501
    いや、ボンゴの会社です。むしろ、そうでなくてはいけません。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

264.0299.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

162.6272.8万円

中古車を検索
MX-30の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

264.0299.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

162.6272.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村