現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【懐かしの国産車 24】シビック ハイブリッドは見えないところが新しいクルマだった

ここから本文です

【懐かしの国産車 24】シビック ハイブリッドは見えないところが新しいクルマだった

掲載 更新 4
【懐かしの国産車 24】シビック ハイブリッドは見えないところが新しいクルマだった

今から20年ほど前、新しい世紀に変わる頃。クルマに対する考え方も変わり始めていた。そんな時代のニューモデルのインプレッションを当時の写真と記事で振り返ってみよう。今回は「ホンダ シビック ハイブリッド」だ。

ホンダ シビック ハイブリッド(2002年)
ホンダ初のハイブリッド車、インサイトはスペシャルティカー的なモデルだった。そこで日常で普通に使えるハイブリッド車を、というホンダ ファンの期待に応えて登場したのが、シビックのセダンであるフェリオのハイブリッド車だ。

【くるま問答】最近のクルマにテンパータイヤはない。パンク修理キットをどう使う? 最高速は?

ハイブリッドのシステムは、インサイトのものと基本的には変わらない。ホンダ独自のIMA(インテグレーテッド モーターアシスト)と呼ばれるシステムは、あくまでガソリンエンジンが主役で電気モーターは補助。したがって、エンジン本体は思い切り超燃費指向にすることができ、その結果10・15モードで29.5km/Lと、プリウスの29km/Lを凌ぐ数値を達成できた。

外観は、遠目には普通のシビック フェリオと変わらない。近くに寄ってよく見ればフロントグリルやバンパーのデザインは少し違うし、アルミホイールも専用デザイン。車高もわずかだが低められている。リアにまわるとトランクリッド上にスポイラーが装着され、テールランプのデザインも変更されている。さらに、エンジン下やリアフロアにはアンダーカバーが設けられ、空力特性を向上させているという。

インテリアも黒木目調のセンターパネルで上質感を増して、フロントシートのヘッドレストはシースルータイプになった。インパネではエネルギーメーターが備わり、モーターアシストやブレーキの回生率などを表示する。だが、パッと見にはガソリン車のシビックと変わらず、ハイブリッド車に乗っているという感覚は薄い。

だからCVTをDレンジに入れて、アクセルを踏めばスーッと走り出すときは、普通のクルマだ。赤信号などで停止するとエンジンが止まるので、そのときに初めてアレッと気づくかもしれない。静止からの発進は、まずモーターで動き出してからエンジンがかかるプリウスと違い、最初からエンジンで発進するから、なおさらだ。エンジンそのものは86psしかないが、街中の走りなどでは実用的に問題ない。

それでも加速時などでモーターがアシストすると、エンジンと合わせて17kgm以上のトルクを発生する。これは1.7Lクラスに相当するから、とても速い。とくに街中でスイッと加速する瞬間などは、モーターの威力をまざまざと思い知らせてくれる。

100km/h巡航時のエンジン回転数は約2200rpmと低く、けっこう静かなのでタイヤノイズが気になってしまうほど。運転していて飛ばしている自覚はなくても実際にはかなり速度が出ていることがあるので、注意したい。CVTのセッティングも良く、アクセルを軽く踏むだけでエンジン回転数だけ上がることなく車速もついてくる。

ボディ剛性が向上して定評のあるシビック フェリオのシャシだから、操縦性も安定性も問題ない。タイヤは燃費重視の低転がり抵抗タイプだったが、少しくらいハードなコーナリングを試しても鳴くことはないし、狙ったラインを確実にトレースできた。

プリウスとは違う味付けで、新たなハイブリッド車として登場したシビック。できれば、ハッチバックにも設定すれば、より人気も評価も高まると思えるのだが、追加設定に期待したいところだ。

■ホンダ シビック ハイブリッド 主要諸元
●全長×全幅×全高:4455×1695×1430mm
●ホイールベース:2620mm
●車重:1190kg
●エンジン形式:直4・SOHC+モーター・横置きFF
●排気量:1339cc
●エンジン最高出力:63kw(86ps)/5700rpm
●エンジン最大トルク:119Nm(12.1kgm)/3300rpm
●モーター最高出力:10kw/4000rpm
●モーター最大トルク:49Nm/1000rpm
●ミッション:CVT
●タイヤ:185/70R14
●当時の価格:209万円

[ アルバム : シビック ハイブリッド はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

【セミナー見逃し配信】※プレミアム会員限定「CES2024などに見るSDV・HMIやAI統合に向けたグローバルトレンド」
【セミナー見逃し配信】※プレミアム会員限定「CES2024などに見るSDV・HMIやAI統合に向けたグローバルトレンド」
レスポンス
スーパーGT第2戦富士のエントリーリストが発表。GT300の12チームが第3ドライバーを登録
スーパーGT第2戦富士のエントリーリストが発表。GT300の12チームが第3ドライバーを登録
AUTOSPORT web
【スクープ】最高出力は444psから671psにアップ!? アウディRS4アバント後継の電動ワゴンとなる「RS5 アバント」は攻撃的なデザインで登場か?
【スクープ】最高出力は444psから671psにアップ!? アウディRS4アバント後継の電動ワゴンとなる「RS5 アバント」は攻撃的なデザインで登場か?
LE VOLANT CARSMEET WEB
【特集:最新SUV「絶対試乗!」主義(1)】レクサスGX550オーバートレイルへはすべてで期待を上まわる
【特集:最新SUV「絶対試乗!」主義(1)】レクサスGX550オーバートレイルへはすべてで期待を上まわる
Webモーターマガジン
HKSからトヨタ「GRカローラ」用の新車高調が登場! 「HIPERMAX(ハイパーマックス) R」は街乗りからサーキットまで対応
HKSからトヨタ「GRカローラ」用の新車高調が登場! 「HIPERMAX(ハイパーマックス) R」は街乗りからサーキットまで対応
くるまのニュース
富士スピードウェイで開催されたモーターファンフェスタ2024に2万5000名以上が来場
富士スピードウェイで開催されたモーターファンフェスタ2024に2万5000名以上が来場
AUTOSPORT web
TokyoCamp の防炎タープ「ブラックフェニックスタープ」抽選販売受付がスタート!
TokyoCamp の防炎タープ「ブラックフェニックスタープ」抽選販売受付がスタート!
バイクブロス
損傷を被ったピアストリ、玉突き事故の原因を作ったストロールに批判的「あの状況で他の誰も衝突していない」F1中国GP
損傷を被ったピアストリ、玉突き事故の原因を作ったストロールに批判的「あの状況で他の誰も衝突していない」F1中国GP
AUTOSPORT web
トーヨータイヤ、SUV向け「オープンカントリー」2製品でサイズを追加
トーヨータイヤ、SUV向け「オープンカントリー」2製品でサイズを追加
日刊自動車新聞
トヨタが「新型SUV」実車展示! 大人2人余裕な豪華「車中泊仕様」のランクル250!? 注目度高い
トヨタが「新型SUV」実車展示! 大人2人余裕な豪華「車中泊仕様」のランクル250!? 注目度高い
くるまのニュース
【SBK第3戦オランダ】代役出場のニコラス・スピネッリがレース1、ラズガットリオグルがレース2を制覇
【SBK第3戦オランダ】代役出場のニコラス・スピネッリがレース1、ラズガットリオグルがレース2を制覇
バイクのニュース
あれさえなければ……ペレス、F1中国GPはセーフティカー出動でレッドブル1-2のチャンス失う「挽回のためタイヤを使いすぎた」
あれさえなければ……ペレス、F1中国GPはセーフティカー出動でレッドブル1-2のチャンス失う「挽回のためタイヤを使いすぎた」
motorsport.com 日本版
【ポイントランキング】2024年WEC第2戦イモラ終了時点
【ポイントランキング】2024年WEC第2戦イモラ終了時点
AUTOSPORT web
イタリアーンないすゞ車?! 当時の国産車の倍もしたのにヒットしたクルマ いすゞ117クーペがオシャレすぎた!
イタリアーンないすゞ車?! 当時の国産車の倍もしたのにヒットしたクルマ いすゞ117クーペがオシャレすぎた!
ベストカーWeb
「XSR900GP外装セット」が予約受付開始! 1980年代のレースシーンを彷彿とさせる外装セット2種類は2024年9月発売予定
「XSR900GP外装セット」が予約受付開始! 1980年代のレースシーンを彷彿とさせる外装セット2種類は2024年9月発売予定
モーサイ
水曜どうでしょう藤村ディレクターと行くキャンプ企画「ここキャン北海道」2024年のチケットを販売中!
水曜どうでしょう藤村ディレクターと行くキャンプ企画「ここキャン北海道」2024年のチケットを販売中!
バイクブロス
中国市場のニーズに合わせて開発! 日産が北京モーターショー2024で新エネルギー車のコンセプトカーを出展
中国市場のニーズに合わせて開発! 日産が北京モーターショー2024で新エネルギー車のコンセプトカーを出展
THE EV TIMES
名古屋~岡崎に“第二伊勢湾岸道”計画が進行中!? 「名古屋三河道路」概略ルート一部決定は「最終段階」へ 空港アクセスにも期待
名古屋~岡崎に“第二伊勢湾岸道”計画が進行中!? 「名古屋三河道路」概略ルート一部決定は「最終段階」へ 空港アクセスにも期待
くるまのニュース

みんなのコメント

4件
  • 会社の営業車がこれだったけど、燃費はそこまで良くなかった。15行けばいいほう。
    燃費で元は取れないけど企業イメージの為に買ったとか聞いたな。
  • 見えるところから新しくするべきだったよね。
    トヨタプリウスとは、戦略面でも置いていかれてしまった。ホンダはそういうところが惜しい。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

228.9285.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

20.072.8万円

中古車を検索
シビックハイブリッドの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

228.9285.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

20.072.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村