サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スバルの次世代戦略 2030年代前半に全車電動化と死亡交通事故ゼロを目指す

ここから本文です

スバルは2020年1月20日、メディア向けに「スバル技術ミーティング」を開催した。その内容は、久しぶりとなるスバルのブランド戦略と次世代技術の方向性を示すものであった。最初に中村知美社長がブランド戦略と、自動車メーカーとしてのアジェンダを語り、最高技術責任者の大抜哲雄取取締役専務が、スバルが目指す技術についてプレゼンテーションを行なった。

ブランド戦略

アメリカでの運転支援システム評価テスト No1はGMの「スーパークルーズ」だった【動画】

ブランド戦略では、スバルの独自性は真面目なクルマづくりと、ユーザーとのコミュニケーションの深さを源泉とし、アメリカ市場で成功しているような「スバル・ラブ」を追求して行くことをアピールした。

おすすめのニュース

サイトトップへ