現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マジ!? トヨタの「5速MTモデル」 アンダー162万円からセダンに設定! 「カローラ」の現状はいかに

ここから本文です

マジ!? トヨタの「5速MTモデル」 アンダー162万円からセダンに設定! 「カローラ」の現状はいかに

掲載 28
マジ!? トヨタの「5速MTモデル」 アンダー162万円からセダンに設定! 「カローラ」の現状はいかに

■新旧併売されるカローラ、旧モデルの特徴とは

 長い歴史を誇るトヨタ「カローラシリーズ」ですが、現在日本市場では旧型モデルと新型モデルが併売されています。
 
 すでに併売開始から4年目が経ちますが、最近の動向はどうなっているのでしょうか。

マジ? アンダー130万円の6速MT「軽バン」 車中泊も楽チンなホンダ車とは

 1966年に発売された初代以降、33年間も年間販売台数首位を守り、2021年にはグローバル累計販売5000万台を突破したカローラシリーズ。

 2023年現在、12代目となったカローラシリーズは世界中でグローバル販売されています。

 グローバルでは、基本的に「カローラスポーツ(ハッチバック)」、「カローラ(セダン)」「カローラツーリング(ワゴン)」、「カローラクロス(SUV)」、「GRカローラ(スポーツハッチバック)」をラインナップ。

 また日本では、2012年に登場した11代目となる「カローラアクシオ(セダン)」と「カローラフィールダー(ワゴン)」がビジネスユーザー向けに現在でも販売されるなど、複雑な展開となっています。

 なお、日本市場において新旧モデルを併売する理由について、トヨタは次のように話しています。

「カローラアクシオとカローラフィールダーは、以前から法人のお客様が多かったです。

 当時の販売比率では、アクシオが全体の約50%、フィールダーが約25%が法人でした。

 そうしたこともあり、12代目に変わった際でも法人などを含めた幅広い需要に対応するため、カローラアクシオとカローラフィールダーのグレードや装備の見直しを行い併売することにしました」

 直近の動向では、2022年に11代目のカローラアクシオ/カローラフィールダーも改良が行われ、安全&快適に関する装備が刷新されています。

 旧モデルかつビジネス向けとして併売される2台のグレード展開は、カローラアクシオが1.5リッターガソリン車にも「EX(2WD/4WD・CVT/MT)」と1.5リッターハイブリッド車に「EX(2WD)」を設定し、価格は161万1600円から217万7000円。

  カローラフィールダーは、1.5リッターガソリン車に「EX(2WD/4WD・CVT/MT)」と1.5リッターハイブリッド車に「EX(2WD)」を設定し、価格は175万8400円から233万400円となります。

 こうした特徴を持つ2台ですが、2019年の併売開始から約4年が経過したカローラアクシオ/カローラフィールダーの現状はどうなっているのでしょうか。

 関東地方のトヨタ販売店のスタッフは次のように話しています。

「ビジネス向けとして、法人様からの需要は一定数存在します。

 現行カローラシリーズがあるためアクシオ/フィールダーは多く売れるモデルではないですが、他社などでこの手のビジネス向けモデルが少ないため貴重な存在です。

 また個人からも価格面やサイズ面、機能面など様々な理由からアクシオ/フィールダーを選ばれることもあります」

 また東北地方のトヨタ販売店では、次のように話しています。

「プロボックスは4ナンバーですが、フィールダー5ナンバーという違いがあります。

 またお客様からは比較的安く、乗りやすく、荷物が乗る営業車としての需要はある他、『商用車ぽいデザイン』を敬遠するお客様さまからの需要はあります」

※ ※ ※

 また近畿地方のトヨタ販売店では「高齢層のお客様からの需要もある」といい、ボディサイズが拡大した12代目と比べて扱いやすいというのも魅力なようです。

 なお5月16日時点の納期目安は、「カローラアクシオ/カローラフィールダー共にガソリン車が約5か月、ハイブリッド車は6ヵ月以上」となっています。

こんな記事も読まれています

ブリッツのストラットタワーバーにGR86 / BRZ(ZN8/ZD8)のフロント&リア用、『アクア』フロント用が追加
ブリッツのストラットタワーバーにGR86 / BRZ(ZN8/ZD8)のフロント&リア用、『アクア』フロント用が追加
レスポンス
日産新「4人乗り高級ミニバン」4月発売! “VIP”向けの豪華仕様は何がスゴい? 最上級837万円、特徴は?
日産新「4人乗り高級ミニバン」4月発売! “VIP”向けの豪華仕様は何がスゴい? 最上級837万円、特徴は?
くるまのニュース
【MotoGP】「今のMotoGPはTV越しに簡単に見られすぎている」オリベイラ、伝え方に工夫の余地ありと感じる
【MotoGP】「今のMotoGPはTV越しに簡単に見られすぎている」オリベイラ、伝え方に工夫の余地ありと感じる
motorsport.com 日本版
「F-CON V Pro+」の開発をHKSがスタート! 第1弾は先代トヨタ「86」とスバル「BRZ」から。直噴インジェクター制御にも対応
「F-CON V Pro+」の開発をHKSがスタート! 第1弾は先代トヨタ「86」とスバル「BRZ」から。直噴インジェクター制御にも対応
Auto Messe Web
マツダ ルーチェ・ロータリークーペ(昭和44/1969年10月発売・RX87型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト055】
マツダ ルーチェ・ロータリークーペ(昭和44/1969年10月発売・RX87型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト055】
Webモーターマガジン
哀川翔のラリーチームが5年ぶりにアジアクロスカントリーラリー参戦へ。ドライバーは川畑真人
哀川翔のラリーチームが5年ぶりにアジアクロスカントリーラリー参戦へ。ドライバーは川畑真人
AUTOSPORT web
綿貫舞空、EWCル・マンで3位表彰台。中古タイヤの経験を活かし「レースは勝負になると思っていた」
綿貫舞空、EWCル・マンで3位表彰台。中古タイヤの経験を活かし「レースは勝負になると思っていた」
AUTOSPORT web
ボルボっていうよりも……なぜかホンダ感漂うハッチバック「ボルボ480」ってナニモノ?
ボルボっていうよりも……なぜかホンダ感漂うハッチバック「ボルボ480」ってナニモノ?
WEB CARTOP
海外から注目浴びるも、参戦するのはプルシェールのみ。スーパーフォーミュラで外国人が増えるには何が必要?|英国人ジャーナリスト”ジェイミー”の日本レース探訪記
海外から注目浴びるも、参戦するのはプルシェールのみ。スーパーフォーミュラで外国人が増えるには何が必要?|英国人ジャーナリスト”ジェイミー”の日本レース探訪記
motorsport.com 日本版
ドアを開けたら壁とゴツン……の悲劇! クルマのドアエッジを守る手段をアレコレ試してみた
ドアを開けたら壁とゴツン……の悲劇! クルマのドアエッジを守る手段をアレコレ試してみた
WEB CARTOP
ヴァレオの組織再編で電動化への対応強化と北京モーターショー2024で最新技術と製品を展示
ヴァレオの組織再編で電動化への対応強化と北京モーターショー2024で最新技術と製品を展示
Auto Prove
アルピナ『B3』が2度目のフェイスリフトへ! リムジン&ツーリングをWスクープ
アルピナ『B3』が2度目のフェイスリフトへ! リムジン&ツーリングをWスクープ
レスポンス
ホンダの「コスパ最強SUV」やっぱり爆売れ! “209万円”の新型「WR-V」が凄かった! 人気「グレード」や「ボディ色」は? どんな人が買ってるの?
ホンダの「コスパ最強SUV」やっぱり爆売れ! “209万円”の新型「WR-V」が凄かった! 人気「グレード」や「ボディ色」は? どんな人が買ってるの?
くるまのニュース
眉村ちあきが悪党専門のボディガードに!? 悪党たちの探り合い『ハードボイルド・レシピ』
眉村ちあきが悪党専門のボディガードに!? 悪党たちの探り合い『ハードボイルド・レシピ』
バイクのニュース
「後ろから当てられたように感じた」と接触でペナルティのバキシビエール。アルピーヌ、初イモラに苦戦
「後ろから当てられたように感じた」と接触でペナルティのバキシビエール。アルピーヌ、初イモラに苦戦
AUTOSPORT web
ついに表彰台逃したフェラーリ。チーム代表は中国GPで「ミスが多すぎた」と自省
ついに表彰台逃したフェラーリ。チーム代表は中国GPで「ミスが多すぎた」と自省
motorsport.com 日本版
スズキが「斬新軽トラ」を実車展示! めちゃ画期的な“荷台”を搭載! 「新型エブリイ」も登場 トラックショーに出展
スズキが「斬新軽トラ」を実車展示! めちゃ画期的な“荷台”を搭載! 「新型エブリイ」も登場 トラックショーに出展
くるまのニュース
日本自動車部品工業会、次期会長にニッパツ会長の茅本隆司氏
日本自動車部品工業会、次期会長にニッパツ会長の茅本隆司氏
日刊自動車新聞

みんなのコメント

28件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

175.8202.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

14.8240.6万円

中古車を検索
カローラフィールダーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

175.8202.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

14.8240.6万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村