サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 急成長を体現した懐かしき「小型自動車」 昭和60年代の売れ筋を振り返ってみた

ここから本文です

“軽”を超えて本格的な乗用車へ躍進

 流麗な2ドアクーペも、ダイナミックなスポーツカーも、あこがれる存在ではありましたが、やはり多くの国民にとって現実的ないい乗用車は、”大衆車”と呼ばれる小型乗用車でした。60年代には、優れたモデルが数多く誕生。中でも自動車税の関係から人気が高まってきたのが排気量1000cc以下のクラスでした。

【画像33枚】懐かしの商用車! いまなお同じネーミングを引き継ぐ働く昭和のバン&ワゴン

 排気量が360cc以下から600cc以下へとクラス発展していった軽自動車とは異なり、本格的な自動車の趣もありました。そんな1000ccクラスの優れた小型乗用車6台を、その出自にかかわる系列車も含めて紹介しましょう。

おすすめのニュース

サイトトップへ