サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホットハッチの起源は海外にあらず! 日本のシビックが最初だった

ここから本文です
荒馬「ホットハッチ」が熱く奔走してきた時代

 高い動力性能で熱い走りをする2ボックスカーを総称して「ホットハッチ」と呼んでいる。このホットハッチが、クルマ好きから熱い注目を集めていたのは2ボックスカーの全盛期、1980年~1990年代のことだった。ホットハッチとは、その名のとおり、走りが熱い高性能3ドアハッチバック車のことで、もちろん優れたシャシー(サスペンション)を持つ車両も多かったが、どちらかといえば、エンジンパワーが勝っている荒馬的な性格のモデルが多かった。ホットハッチが登場してきた流れをここでは少しばかり振り返ってみよう。

おすすめのニュース

サイトトップへ