現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > EVなのにMT搭載!? 新発想の「軽商用バン」世界初公開! 地方社会の未来を支えるジヤトコの「NV100 クリッパー」とは

ここから本文です

EVなのにMT搭載!? 新発想の「軽商用バン」世界初公開! 地方社会の未来を支えるジヤトコの「NV100 クリッパー」とは

掲載 更新 22
EVなのにMT搭載!? 新発想の「軽商用バン」世界初公開! 地方社会の未来を支えるジヤトコの「NV100 クリッパー」とは

■EVなのにMT!? 「NV100 クリッパー」のコンバートモデルが世界初公開

 2023年12月3日、富士スピードウェイでニスモフェスティバル2023が開催されました。ここでトランスミッションメーカーのジヤトコは、MTを搭載した軽商用バン「NV100 クリッパー(以下NV100)」のEVモデルを世界初公開しました。

【画像】「えっ…!」これが世界初公開された”MT搭載EV”日産「NV100」です!(19枚)

 NV100は、2003年に三菱「ミニキャブ」のOEM車として誕生した軽商用バン。2013年に登場した現行モデルとなる2代目からは、スズキ「エブリイ」のOEM車となっています。

 今回世界初公開となったのは、5速MTを搭載したNV100のEVコンバートモデル。エンジンをモーターに置き換えたプロトタイプです。

 同モデルの作製理由について、ジヤトコの担当者は以下のように説明します。

「今回、NV100のEVコンバートモデルの他にも、キャラバンパラメディック(救急車)や、キャラバンの変速機付きEVモデルを公開していますが、どれも作成した理由は同じです。

 モーターでパワーを出そうとすれば、モーターの数を増やすか、大きくするしかありません。そしてモーターはレアメタルを多用しており、生産において地政学的リスクを大きく抱えています。

 それに対して、トランスミッションを搭載すれば、少ない数のモーターで複数のモーターと同様のパワーを出すことができます。そしてトランスミッションに使用されている素材は、ほとんどが鉄です」

 トランスミッションがあれば、EVの電費を改善させたり、多くのパワーを引き出すことが可能。モーターを多用したり、バッテリーを大型化したりするよりも、トランスミッションを組み合わせたほうが様々なリスクを減らせます。

 さらに軽商用バンであるNV100をEV化した理由について、前出の担当者は以下のように続けます。

「地方受容性が大きく関係しています。人口が減ってくる過疎地においては、ガソリンスタンドも減少しています。そうするとガソリンを入れるためだけに30分移動しなくてはならないといった非効率な状況が発生してしまいます。

 そんなときに、EVは電気さえ通っていれば充電できますので、自宅でも充電可能です。今まで慣れ親しんだ軽バンをすぐEVに変換できれば、今までと同様に使えるのです。

 ここが結構重要で、今まで使っていたものとかけ離れた存在はなかなか受け入れてもらえませんが、自分が使い慣れたものであれば話は別です。

 また、このクルマは60V以下におさえてあるのですが、故障したときも、直流48V・交流60Vまでなら特段資格も必要なく、町の修理工場でも修理可能です。大きなパワーを持つEVでは地方のディーラーでは受け入れられない可能性がありますが、このクルマであればどうにかなります」

 つまり、EVコンバートモデルは、地域社会を支えるための仕組みでもあるということのようです。

 では、実際NV100のEVコンバートモデルはどのような乗り味なのでしょうか。ニスモフェスティバル2023の前日に、メディア向け試乗会が開かれたので実際に乗ってみました。

 運転した感じは、通常のクルマとほとんど差はありません。しかし、モーターのパワーバンドは非常に広いため、エンジン車と違い、どのタイミングでシフトチャンジしても必ず繋がります。

 ただし前述の通り適切なギアを選択することで、より電費を向上させることができるといいます。
 こちらも機会があれば長距離走行でその実力を試してみたいところです。

 一方、エンジン音が無いため、どこでシフトチェンジしたら適切なのかが分からず、少し不思議な気分になります。

 ですが、発進から最高速まで5速で走ることもできなくは無く、“エンスト”が存在しないというのは、MTならではのシフトチェンジをどんな人でも手軽に楽しめるということでもあります。

 MT車に慣れ親しんでいるというわけではない、筆者でも楽しめるというEVに対する新たな可能性も感じることができました。

※ ※ ※

 ジヤトコとしては、NV100 に施したような“EVコンバート”に貢献していく仕組みづくりを今後検討していくといいます。どのような形で今後登場するのか、ジヤトコの今後に注目です。

こんな記事も読まれています

インディアナポリス、F1と商標問題で対立。”レース界最高のスペクタクル”のトレードマークは譲れない!
インディアナポリス、F1と商標問題で対立。”レース界最高のスペクタクル”のトレードマークは譲れない!
motorsport.com 日本版
マセラティ 新型オープンカー「グランカブリオ」2月29日初公開へ【動画あり】
マセラティ 新型オープンカー「グランカブリオ」2月29日初公開へ【動画あり】
グーネット
ルノー5がEVで復活!──GQ新着カー
ルノー5がEVで復活!──GQ新着カー
GQ JAPAN
【2024年F1新車情報:ウイリアムズ】FW46は昨年型のコンセプトを継続も、ディフューザー効果に懸念
【2024年F1新車情報:ウイリアムズ】FW46は昨年型のコンセプトを継続も、ディフューザー効果に懸念
AUTOSPORT web
日産「次期型GT-R」北海道で“実車目撃”!? 伝統の「丸目4灯テール」を確認! 次世代「国産スーパーカー」は1300馬力に超進化
日産「次期型GT-R」北海道で“実車目撃”!? 伝統の「丸目4灯テール」を確認! 次世代「国産スーパーカー」は1300馬力に超進化
くるまのニュース
まもなく日本で初披露!? 新型「ミニ・クーパー」は10年ぶりのフルモデルチェンジでどう進化?
まもなく日本で初披露!? 新型「ミニ・クーパー」は10年ぶりのフルモデルチェンジでどう進化?
VAGUE
トヨタ「ハイエース」に対応した新製品「エルゴスター」や「西陣織カーボン」など、ブリッドのシートに注目です!
トヨタ「ハイエース」に対応した新製品「エルゴスター」や「西陣織カーボン」など、ブリッドのシートに注目です!
Auto Messe Web
山陽道に直結! 国道180号「総社・一宮バイパス」2025年度開通 スマートICの改良と同時完成へ
山陽道に直結! 国道180号「総社・一宮バイパス」2025年度開通 スマートICの改良と同時完成へ
乗りものニュース
とにかく狭い「大森駅西口」大変貌の道路拡幅ついにスタート 駅前空間ゼロ→ 立体”でスぺース確保
とにかく狭い「大森駅西口」大変貌の道路拡幅ついにスタート 駅前空間ゼロ→ 立体”でスぺース確保
乗りものニュース
今後さらなる猛者が、日本にやってくる……F2王者プルシェール確信「悲しいけど、結果だけではF1に行けない」
今後さらなる猛者が、日本にやってくる……F2王者プルシェール確信「悲しいけど、結果だけではF1に行けない」
motorsport.com 日本版
ジープ『グラディエーター』改良新型にオフロード仕様「ルビコンX」登場
ジープ『グラディエーター』改良新型にオフロード仕様「ルビコンX」登場
レスポンス
超重大事故にも繋がる「トラックの脱輪」は20年で1188件も発生! 規定トルクで締めているのに「ホイールナット」の緩みが発生するワケ
超重大事故にも繋がる「トラックの脱輪」は20年で1188件も発生! 規定トルクで締めているのに「ホイールナット」の緩みが発生するワケ
WEB CARTOP
なぜいまジープ乗りの間で「アヒル」が大流行に!? ラングラーの特別仕様車まで登場した「ジープ・ダック」って何だ?
なぜいまジープ乗りの間で「アヒル」が大流行に!? ラングラーの特別仕様車まで登場した「ジープ・ダック」って何だ?
くるくら
超ハイスピードで闘うWECマシンなのにリヤウイングがない! 斬新すぎるプジョー9X8の中身
超ハイスピードで闘うWECマシンなのにリヤウイングがない! 斬新すぎるプジョー9X8の中身
WEB CARTOP
可夢偉組のエンジニア交代/最終戦から「帰ってない」/ル・マン公式ゲーム発売 etc.【テスト前日Topics】
可夢偉組のエンジニア交代/最終戦から「帰ってない」/ル・マン公式ゲーム発売 etc.【テスト前日Topics】
AUTOSPORT web
マツダ新型「爆速ハッチバック」実車公開! 市販化予定の「超凄いマツダ3」! 迫力エアロ装備の「MAZDA SPIRIT RACING 3」とは
マツダ新型「爆速ハッチバック」実車公開! 市販化予定の「超凄いマツダ3」! 迫力エアロ装備の「MAZDA SPIRIT RACING 3」とは
くるまのニュース
竜巻並み!! ハイパーカーが最高速チャレンジへ…『ヴェノムF5』
竜巻並み!! ハイパーカーが最高速チャレンジへ…『ヴェノムF5』
レスポンス
視界が悪くなるだけではなくクルマの挙動も変化する! ゲリラ豪雨などの悪天候時の運転で気を付けなければならないこととは?
視界が悪くなるだけではなくクルマの挙動も変化する! ゲリラ豪雨などの悪天候時の運転で気を付けなければならないこととは?
LE VOLANT CARSMEET WEB

みんなのコメント

22件
  • Croma
    記事より
    「60V以下におさえてあるのですが、故障したときも、直流48V・交流60Vまでなら特段資格も必要なく、町の修理工場でも修理可能です。」
    なるほど、こう言う利点もあるのか🤔
    記事内で地方での話に言及されてるし、修理も特別な資格なしに出来るなら、更に地方に持ってこいだな
  • yat********
    なるほどモーターよりトランスミッションの方が安いってことか?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

99.1151.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.9438.0万円

中古車を検索
エブリイの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

99.1151.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.9438.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村