現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 最初期のBMW初代「M3」が2400万円オーバー!「スポエボ」でなくとも高額だった理由はオリジナル度の高さにありました

ここから本文です

最初期のBMW初代「M3」が2400万円オーバー!「スポエボ」でなくとも高額だった理由はオリジナル度の高さにありました

掲載 11
最初期のBMW初代「M3」が2400万円オーバー!「スポエボ」でなくとも高額だった理由はオリジナル度の高さにありました

この先も注目の1台となること間違いなし!

2024年3月1日~2日、RMサザビーズがアメリカ・マイアミで開催したオークションにおいてBMW「M3クーペ」が出品されました。出品された「M3クーペ」は、新車時からわずか2オーナーで、内外観のコンディションは今も新車を感じさせる1台になっています。マニアにとっては垂涎の1台はいくらで落札されたのかお伝えします。

約2300万円でBMW「M3スポーツ エボリューション」が落札! 予想が3000万円前後だっただけに不本意な結果だった!?

エクステリアの造形に誰もが驚かされた

1987年式のBMW M3が、RMサザビーズ社のマイアミ・オークションに出品された。E30型BMW 3シリーズをベースに、BMWの子会社でありモータースポーツ部門として位置づけられていた、BMW M社によって開発された初代M3は、ドイツ・ツーリングカー・マイスターシャフト(DTM)やグループAツーリング・レースの車両規定を満たすために製作されたホモロゲーションモデルだ。

その公認を得るためには最低5000台の生産が義務付けられていたが、1985年のフランクフルト・ショーで発表されたE30型M3は、その後カブリオレやエボリューションなど、さまざまなバリエーションを生み出しながら1991年まで生産を継続し、その総生産台数は1万7970台を記録するに至っている。DTMにおけるメルセデス・ベンツやほかのライバルとの激しい戦い。そしてそれに勝利したことで得られた栄光。E30型M3にとって何よりの宣伝材料となったのである。

最初にE30型M3がその姿を現した時、誰もが驚かされたのはエクステリアの造形だった。基本的な2ドアクーペのシルエットにこそ変化はなかったものの、フロント・スプリッターやリア・エプロン・シル・パネル、リア・ウインドウ(Cピラーを含む)、トランクリッド周辺のデザインが変更されたことで、エアロダイナミクスの改善が図られていたからである。

テールゲートがノーマルのE30型3シリーズより約40mm高く、さらに軽量なガラス強化プラスチック素材で製作されていたり、リア・ウインドウが接着式とされていたりするのも、すべてはエアロダイナミクスを意識した結果である。実際M3のCd値は、通常の3シリーズが0.38前後だったにもかかわらず、0.33という優秀な実験結果を記録している。前後のオーバーフェンダーもまた、M3にとっては重要なアイキャッチ。参考までに標準のE30型3シリーズと共通するボディパネルは、ボンネットとルーフ、そしてサンルーフが残されたのみという徹底した仕事が行われていたのだ。

フロントに搭載されるエンジンは、M1にも搭載された3.5L直列6気筒DOHCから2気筒分をカットした、2.3Lの直列4気筒で、最高出力は195ps。これにゲトラグ製のドッグ・レッグ・パターンでクロスレシオの5速MTを組み合わせ(5速ギアは1:1の直結とされている)、リアのLSDを経由して後輪へと送られる。

マイアミ・オークションに出品されたM3は、新車時からわずか2人の、しかも熱狂的なファンによって維持されてきた個体。ブラックレザーのインテリアと、ヘンナ・レッドと呼ばれる鮮やかな赤のボディカラーで仕上げられた内外観のコンディションは今もなお新車を感じさせる。現在までの走行距離は4万8054km。サスペンションやタイヤサイズのセッティングも、新車当時のまま維持されている。

予想落札価格が15万~20万ドル(邦貨換算約2235万円~2980万円)とされていた1987年式E30型M3。注目の落札価格はその予想落札価格の範囲内に収まる16万2400ドル(邦貨換算約2420万円)というものだった。1980年代から1990年代にかけて、グループAによるレースが最も激しかった時代の主役ともいえるE30型M3。その人気はこれからまだまだ上がりそうな気配を感じる。

こんな記事も読まれています

史上5番目の僅差フィニッシュ/アロンソに次ぐ勝利/最年少記録、届かずetc.【ル・マン24時間決勝後Topics 1】
史上5番目の僅差フィニッシュ/アロンソに次ぐ勝利/最年少記録、届かずetc.【ル・マン24時間決勝後Topics 1】
AUTOSPORT web
【24’ 6/17最新】レギュラーガソリン2週ぶりの値下がり 平均価格は174.7円に
【24’ 6/17最新】レギュラーガソリン2週ぶりの値下がり 平均価格は174.7円に
グーネット
ワイヤレス通信機能内蔵で配線不要!ロック板レスコインパーキングシステム受注開始 シャープ
ワイヤレス通信機能内蔵で配線不要!ロック板レスコインパーキングシステム受注開始 シャープ
グーネット
アウディRS6やフェラーリ599は買い時? 今なら半額!な有能「中古」モデル(2) 高速ワゴン/スーパーカー編
アウディRS6やフェラーリ599は買い時? 今なら半額!な有能「中古」モデル(2) 高速ワゴン/スーパーカー編
AUTOCAR JAPAN
にわかに注目の「国内ラリー地区戦」とは? 参加者に魅力と走り終えた後の感想を聞いてきました「今後も参加をしてみたいです!」
にわかに注目の「国内ラリー地区戦」とは? 参加者に魅力と走り終えた後の感想を聞いてきました「今後も参加をしてみたいです!」
Auto Messe Web
【発売まであと1週間】登場秒読みのBYDシールってどんなクルマ? 挑戦的な価格、「ファミリー」の存在を解説
【発売まであと1週間】登場秒読みのBYDシールってどんなクルマ? 挑戦的な価格、「ファミリー」の存在を解説
AUTOCAR JAPAN
メルセデスF1はピット作業も大幅に改善。デザインチームと現場のクルー双方による「すべての範囲における努力」の賜物
メルセデスF1はピット作業も大幅に改善。デザインチームと現場のクルー双方による「すべての範囲における努力」の賜物
AUTOSPORT web
高梨沙羅がスバル「“最上級”SUV」を乗りこなす! 女子スキージャンプ選手、海外での“華麗な運転姿”に「恐ろしく似合ってる」「かっこよすぎ!」と話題
高梨沙羅がスバル「“最上級”SUV」を乗りこなす! 女子スキージャンプ選手、海外での“華麗な運転姿”に「恐ろしく似合ってる」「かっこよすぎ!」と話題
くるまのニュース
レッドブル、FIA F3参戦中のジュニアドライバーをわずか4戦で解雇。シリーズへの参戦は継続
レッドブル、FIA F3参戦中のジュニアドライバーをわずか4戦で解雇。シリーズへの参戦は継続
AUTOSPORT web
レトロで無骨なクロスオーバー 全長4.0m未満、フィアット新型「グランデ・パンダ」来年発売へ
レトロで無骨なクロスオーバー 全長4.0m未満、フィアット新型「グランデ・パンダ」来年発売へ
AUTOCAR JAPAN
ロータスの前年同期比811%の急成長の理由とは? 2024年第1四半期は全世界で2194台を販売。中国で「エレトレ」と「エメヤ」が好調!?
ロータスの前年同期比811%の急成長の理由とは? 2024年第1四半期は全世界で2194台を販売。中国で「エレトレ」と「エメヤ」が好調!?
Auto Messe Web
【新型を欧州で試乗】 BEV版とICE版の新型シトロエンC3 ヒット作の次はどんな戦略で?
【新型を欧州で試乗】 BEV版とICE版の新型シトロエンC3 ヒット作の次はどんな戦略で?
AUTOCAR JAPAN
「名阪国道」の歴史的進化? ついに“雨に強く”なりました! 通行止めになりにくく
「名阪国道」の歴史的進化? ついに“雨に強く”なりました! 通行止めになりにくく
乗りものニュース
大きなリスクを伴うレッドブルのドライバー選択。フェルスタッペン離脱への備えが見えず/F1コラム
大きなリスクを伴うレッドブルのドライバー選択。フェルスタッペン離脱への備えが見えず/F1コラム
AUTOSPORT web
新型『ミニ・エースマン』上陸。新世代ファミリー第3弾はEV専用で2種類のパワートレインを用意
新型『ミニ・エースマン』上陸。新世代ファミリー第3弾はEV専用で2種類のパワートレインを用意
AUTOSPORT web
「国内最大クラス」のロボットトラクターが発売 様々な状況に対応 農業は無人車両の時代に?
「国内最大クラス」のロボットトラクターが発売 様々な状況に対応 農業は無人車両の時代に?
乗りものニュース
ホンダ『N-BOXカスタム』を手軽にスタイリッシュにローダウン! テインから軽カー専用ローダウンスプリング「S.TECH K-SPECIAL」発売
ホンダ『N-BOXカスタム』を手軽にスタイリッシュにローダウン! テインから軽カー専用ローダウンスプリング「S.TECH K-SPECIAL」発売
レスポンス
トヨタが「謎のクルマ」を公開! 丸目2灯に“超軽量ボディ”採用した「ドイツ車」の正体とは!「段ボール製」のウワサは本当?
トヨタが「謎のクルマ」を公開! 丸目2灯に“超軽量ボディ”採用した「ドイツ車」の正体とは!「段ボール製」のウワサは本当?
くるまのニュース

みんなのコメント

11件
  • kur********
    やっぱりあのブリスターフェンダーはかっこいい!
  • のらくろ
    やっぱりM3 といえばこのモデル。
    グループAのレースを思い出します。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1018.01263.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

267.33850.0万円

中古車を検索
M3 クーペの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1018.01263.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

267.33850.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村