現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダエンジン搭載の日産「スカイライン」現る! 超ド級カスタム「ER34」の中身が凄い! SEMAで展示

ここから本文です

ホンダエンジン搭載の日産「スカイライン」現る! 超ド級カスタム「ER34」の中身が凄い! SEMAで展示

掲載 18
ホンダエンジン搭載の日産「スカイライン」現る! 超ド級カスタム「ER34」の中身が凄い! SEMAで展示

■SEMAショーで発見!ホンダ K型エンジンを換装したスカイラインER34

 アメリカ・ラスベガスで毎年11月に開催される、世界最大級のアフターマーケットパーツの見本市「SEMAショー」。
 
 2023年10月31日から11月3日まで開かれた今回のSEMAショーではアメリカ車だけでなく、昨今の日本車人気の影響で日本製のネオクラシックカーや旧車も多く展示されています。

【画像】なぜ? スカイラインにホンダエンジン搭載! 凄いカスタムを画像で見る!(20枚)

 SEMAショーはSEMA(Specialty Equipment Market Association、米国自動車用品工業会)が1967年より主催している見本市で、例年11月頭に開催されます。

 クルマのカスタムやエンジンのチューニングだけでなく、タイヤやホイール、塗装、リペア用品、カーケア用品、カーラッピング、電装品、工具、整備用品など、さまざまな「アフターマーケット」の会社・ブランドがこのショーに集まります。

 また、特にここ数年ではいわゆる「25年ルール」でアメリカでの登録が解禁された日本製スポーツカーや、それよりも古い世代の旧車の出展が多く見受けられるようになっています。

 純粋なレストアから、レストアついでにカスタムも施す「レストモッド」、さらにはその上をいく大胆なエンジンスワップなど、そのカスタムジャンルは多種多様です。

 このように、日本発祥の自動車文化はアメリカをはじめとする多くの国で大きな注目を浴びているのです。

 今年のSEMAショーも例年通り、さまざまなカスタムを施した日本車が数多く展示されました。

 中でも注目を浴びていたのが、この白い日産 「スカイライン(ER34)」です。

 エクステリアは日産のモータースポーツ部門「ニスモ」が手がけるZ-tune仕様のフロントバンパーに、BNスポーツ製ボンネット、そしてガナドール製ドアミラーを装着しています。

 リアフェンダーやリアバンパー、サイドステップは「スカイラインGT-R(BNR34)」から拝借し、18インチのWORK MEISTER L1を組み合わせた、とても王道でシンプルな外装カスタムとなります。

 ここまで見れば割と普遍的なスカイラインですが、驚くべきはその中身です。

 ボンネットを開けると、エンジンルームに鎮座するのはお馴染みのRBエンジンではなく、なんとホンダ製K型エンジンです。

 このビルドを手がけたランディ・チュオン氏によると、RB26DETTエンジンのスワップは一般的なので、それとは違ったことがやりたかったとのこと。

 そうして誕生したのが、世界初とされるこのK型エンジン換装のER34です。

 ベース車両は1999年型スカイライン GT-Tですが、エンジンはアコードやエレメント、CR-Vなどでお馴染みとなるK24型エンジンのブロックに、タイプR車種に採用されているK20型エンジンのヘッドを組み合わせたとのこと。

 また、このスカイラインでドリフトをしたいことから、耐久性を重視してアリアス製鍛造ピストンに特注のロッドを組み合わせたとしています。

 横置きの前輪駆動車で見ることが多いK型エンジンが、スカイラインに合わせて縦置きに搭載されている様子はなんとも新鮮な感覚です。

 ターボチャージャーにはギャレット製G30を採用したほか、K型エンジンを換装した後輪駆動車(86やBRZ、ロードスターなど)のチューニングを得意とする「KPowerインダストリーズ」のインテークマニフォールドや、TFワークス製ターボマニフォールドを使用しているとのこと。

 また、重量配分を重視してエンジン本体をなるべく後方に配置した結果、巨大なラジエーターを上下V字型に配置する「Vマウント化」が可能になったと言います。

 気になるトランスミッションはBMW車種に採用されているZF製6速マニュアルトランスミッションを使用し、ディファレンシャルにはフェアレディZ(Z33)のものを流用しているとのこと。

 ECUチューニングではリンク G4Xフューリーと組み合わせ、最高出力は661 hp、最大トルクは480 lb-ftを誇る性能を実現しています。

 K型エンジン信者とスカイライン信者の両方を怒らせるようなビルドですが、これの唯一無二のビルドのおかげでさまざまな出会いも生まれたと、オーナーのチュオン氏は語ります。

 日本ではなかなか見ないようなビルドをたくさん見られるのも、SEMAショーの醍醐味と言えるでしょう。

こんな記事も読まれています

ポルシェが3セッション連続でトップタイム。LMGT3ではDステーションが最速に【WECプロローグ】
ポルシェが3セッション連続でトップタイム。LMGT3ではDステーションが最速に【WECプロローグ】
AUTOSPORT web
GR86に4ドアモデル登場ってマジ!?!? 3気筒ハイブリッド搭載で350馬力を目指し2026年デビューなるか
GR86に4ドアモデル登場ってマジ!?!? 3気筒ハイブリッド搭載で350馬力を目指し2026年デビューなるか
ベストカーWeb
学生が40日でフルレストア! トヨタ「70スープラ」がまるで新車のようなコンディションに蘇りました
学生が40日でフルレストア! トヨタ「70スープラ」がまるで新車のようなコンディションに蘇りました
Auto Messe Web
ハスクバーナ『Vitpilen401』『Svartpilen』シリーズの2024年型モデルを発表。2018年以来のアップデートを実施
ハスクバーナ『Vitpilen401』『Svartpilen』シリーズの2024年型モデルを発表。2018年以来のアップデートを実施
AUTOSPORT web
“想像もつかなかった”ドゥカティ初ライドで4番手。水野涼「まだまだ詰められると思う」/全日本ロード 鈴鹿2&4 事前テスト
“想像もつかなかった”ドゥカティ初ライドで4番手。水野涼「まだまだ詰められると思う」/全日本ロード 鈴鹿2&4 事前テスト
AUTOSPORT web
【24’ 2/26最新】レギュラーガソリン 7週ぶりの値上がり 平均価格は174.7円
【24’ 2/26最新】レギュラーガソリン 7週ぶりの値上がり 平均価格は174.7円
グーネット
砂漠の911!? 世界限定の「ダカール」を体験してみた
砂漠の911!? 世界限定の「ダカール」を体験してみた
グーネット
625馬力!V8はマイルドHVに BMW X6 M コンペティションへ試乗 公道では力を発揮しきれない
625馬力!V8はマイルドHVに BMW X6 M コンペティションへ試乗 公道では力を発揮しきれない
AUTOCAR JAPAN
構想5年以上、世界初! 文字が光るステアリング登場! 色もデザインも選べて9万7900円
構想5年以上、世界初! 文字が光るステアリング登場! 色もデザインも選べて9万7900円
Auto Messe Web
豪州上陸の『フォード・パフォーマンス・スーパーバン4.2』が伝統のマウントパノラマでEVラップレコードを樹立
豪州上陸の『フォード・パフォーマンス・スーパーバン4.2』が伝統のマウントパノラマでEVラップレコードを樹立
AUTOSPORT web
244名のモデルやコンパニオンを網羅「ギャルズ・パラダイス2024東京オートサロン編」発売!
244名のモデルやコンパニオンを網羅「ギャルズ・パラダイス2024東京オートサロン編」発売!
AUTOSPORT web
高速道路のSAとPA「違いってなに!?」実は施設の規模は関係ナシ! PAしかない高速道路も
高速道路のSAとPA「違いってなに!?」実は施設の規模は関係ナシ! PAしかない高速道路も
乗りものニュース
全長4.1mの「小さな高級車」発売! 超豪華「グレーレザー内装」×「“キョウト”ホイール」採用!? 質感向上した新コンパクトSUV「DS3」設定
全長4.1mの「小さな高級車」発売! 超豪華「グレーレザー内装」×「“キョウト”ホイール」採用!? 質感向上した新コンパクトSUV「DS3」設定
くるまのニュース
“インディ500の愛称”に類似した表現を繰り返し使用するF1に対し、IMSは「知的財産を保護するための措置を用意」
“インディ500の愛称”に類似した表現を繰り返し使用するF1に対し、IMSは「知的財産を保護するための措置を用意」
AUTOSPORT web
決着は0.003秒フォトフィニッシュ! ダニエル・スアレスが3ワイドで王者を撃破/NASCAR第2戦
決着は0.003秒フォトフィニッシュ! ダニエル・スアレスが3ワイドで王者を撃破/NASCAR第2戦
AUTOSPORT web
GR「スープラGT4EVO」で開幕戦デイトナに参戦! 服部茂章率いる「ハットリモータースポーツ」がIMASAシリーズに挑戦
GR「スープラGT4EVO」で開幕戦デイトナに参戦! 服部茂章率いる「ハットリモータースポーツ」がIMASAシリーズに挑戦
Auto Messe Web
SFライツ王者・木村がデビュー。岩佐との同期生対決にも闘志燃やす【2024全チームプレビュー/San-Ei Gen with B-Max】
SFライツ王者・木村がデビュー。岩佐との同期生対決にも闘志燃やす【2024全チームプレビュー/San-Ei Gen with B-Max】
AUTOSPORT web
LMGT3に挑むレクサスRC F、TGR-EとASPチームが空力を中心にアップデートを実施
LMGT3に挑むレクサスRC F、TGR-EとASPチームが空力を中心にアップデートを実施
AUTOSPORT web

みんなのコメント

18件
  • nwt********
    異なるメーカー間でのエンジンのスワップなんて、チューニングの世界では全く珍しくないんですけどね
    そんなに驚くことかな
  • wat********
    スカイラインには直6で良いと思う。4発ならSRで。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

456.9948.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.82050.0万円

中古車を検索
スカイラインの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

456.9948.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.82050.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村