現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 見た目だけで「買う価値」あり! 市販しているのが謎なほど「ド級」デザインのクルマ7選

ここから本文です
見た目だけで「買う価値」あり! 市販しているのが謎なほど「ド級」デザインのクルマ7選
写真を全て見る(14枚)

 国産車のデザイン性も世界に認められている!

 2021年のワールドカー・オブ・ザ・イヤーの部門賞となる2021年ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤーはフォルクスワーゲン(VW)の電気自動車(EV)「ID.4」が輝いた。が、前年、2020年のワールドカー・デザイン・オブ・ザ・イヤーを受賞したクルマと言えば、我が日本車のマツダMAZDA3である(マツダはロードスターで2016年のワールドカー・オブ・ザ・イヤーを受賞している)。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

2024年全日本ラリー第2戦「ツール・ド・九州 in 唐津」リポート! 新井/松尾組が駆るシュコダ・ファビアR5がワークスチームに立ち向かう!
2024年全日本ラリー第2戦「ツール・ド・九州 in 唐津」リポート! 新井/松尾組が駆るシュコダ・ファビアR5がワークスチームに立ち向かう!
くるまのニュース
レゴ ブロック初心者再び! セナが愛用した「マクラーレン MP4/4」を組み立ててみたら感激した
レゴ ブロック初心者再び! セナが愛用した「マクラーレン MP4/4」を組み立ててみたら感激した
レスポンス
ハミルトン、スプリント2位から一転まさかの予選Q1敗退。マシン大幅変更も、ミスの原因は風か
ハミルトン、スプリント2位から一転まさかの予選Q1敗退。マシン大幅変更も、ミスの原因は風か
motorsport.com 日本版
ファルケンポルシェがニュルブルクリンク24時間の予選レースで2連勝。前哨戦で強さを見せる
ファルケンポルシェがニュルブルクリンク24時間の予選レースで2連勝。前哨戦で強さを見せる
AUTOSPORT web
車検前の準備は何が必要? 洗車やキズ修復はしたがほうが良い? 逆に“事前にしないとダメ”なこととは?
車検前の準備は何が必要? 洗車やキズ修復はしたがほうが良い? 逆に“事前にしないとダメ”なこととは?
くるまのニュース
トヨタがまだ発売していない「新型クラウン」を展示! ラージサイズSUVやアウトドア仕様に触れる機会を全国6箇所で… クラウンで「余裕ある大人の生き方」を提案へ
トヨタがまだ発売していない「新型クラウン」を展示! ラージサイズSUVやアウトドア仕様に触れる機会を全国6箇所で… クラウンで「余裕ある大人の生き方」を提案へ
VAGUE
話し合った? 話し合ってない? フェラーリ、スプリントでの激しいチーム内バトルの見解にドライバー間で食い違い
話し合った? 話し合ってない? フェラーリ、スプリントでの激しいチーム内バトルの見解にドライバー間で食い違い
motorsport.com 日本版
60系プリウスが適合追加、ブリッツの車高調キット「DAMPER ZZ-R」シリーズ
60系プリウスが適合追加、ブリッツの車高調キット「DAMPER ZZ-R」シリーズ
レスポンス
ディープで心が躍るアメリカンヘリテージカーの世界【九島辰也】
ディープで心が躍るアメリカンヘリテージカーの世界【九島辰也】
グーネット
角田裕毅の苦戦は続く……予選Q1敗退19番手。セットアップに自信も下位に沈み「クルマに何かが起こっている」
角田裕毅の苦戦は続く……予選Q1敗退19番手。セットアップに自信も下位に沈み「クルマに何かが起こっている」
motorsport.com 日本版
夜間フライト追加でパワーアップ。富士24時間を上空から観戦できるヘリ遊覧が2024年も開催
夜間フライト追加でパワーアップ。富士24時間を上空から観戦できるヘリ遊覧が2024年も開催
AUTOSPORT web
アストンマーティンF1、中国GP予選でクラッシュし赤旗の原因になるも”復活”したサインツJr.について抗議を提出
アストンマーティンF1、中国GP予選でクラッシュし赤旗の原因になるも”復活”したサインツJr.について抗議を提出
motorsport.com 日本版
日産とパナソニック、家電連携で新サービス開始
日産とパナソニック、家電連携で新サービス開始
レスポンス
強さは昨年以上!?ディフェンディングチャンピオンの36号車au TOM'S GR Supraが今年も強い!【2024年スーパーGT Rd.1 レポート】
強さは昨年以上!?ディフェンディングチャンピオンの36号車au TOM'S GR Supraが今年も強い!【2024年スーパーGT Rd.1 レポート】
Webモーターマガジン
トヨタが「新型ランドクルーザー250」を発売! なぜ「プラド」ではなくなった? 30年以上使い続けた“名称”を変えた理由とは
トヨタが「新型ランドクルーザー250」を発売! なぜ「プラド」ではなくなった? 30年以上使い続けた“名称”を変えた理由とは
くるまのニュース
これって関西風、ってコト? 夜の東名高速「港北PA」で薄口のそばとそぼろ飯を
これって関西風、ってコト? 夜の東名高速「港北PA」で薄口のそばとそぼろ飯を
バイクのニュース
中古スポーツカーを買う際のチェックポイントとは? 購入後に泣かないための必須項目3つを解説します
中古スポーツカーを買う際のチェックポイントとは? 購入後に泣かないための必須項目3つを解説します
Auto Messe Web
1987年、新世代のマシンが登場。よりハイレベルに【グループAレースクロニクル1985-1993 JTC9年間の軌跡(4)】
1987年、新世代のマシンが登場。よりハイレベルに【グループAレースクロニクル1985-1993 JTC9年間の軌跡(4)】
Webモーターマガジン

みんなのコメント

40件
  • ナニも無いインパネにタッチパネル
    運転中の操作にはある程度「見なくても出来る」必要が有ると思う。
    専用部品を作らなくて済むのかもしれないが、メーカーの手抜きでしか無い気がする。
    タブレット端末は何でも出来るけど、全て中途半端な性能。

  • 新型コルベット、初めはスゲーカッコいいと思ったが、もう見飽きた。
    C7までのロングノーズのFRの方が唯一無二の感じがあって良かったね。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

228.8349.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

132.2355.0万円

中古車を検索
MAZDA3 ファストバックの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

228.8349.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

132.2355.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村