サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「新世代日産」e-POWER搭載の代表2モデル。新型ノートとキックス、トータルではどうなのか

ここから本文です
キックスは「小さなエクストレイル」のイメージ。居住性はノートを大幅に凌駕

 キックスは、内田誠社長兼CEO体制となった新生日産の第1弾モデル。激戦区のコンパクトクロスオーバー市場に投入されたニューカマーだ。SUV対ハッチバックと、2台のキャラクターは異なるが、日産のラインアップで見ると、「ノートの兄貴分」といえる。
 エクステリアはどちらも個性的。「小さなアリア」イメージのノートに対して、キックスは「小さなエクストレイル」。どちらもひと目で日産車だとわかる造形である。ただしキックスは日本では新型車だが、ワールドワイドでは2016年デビュー。新鮮さはノートが上回る。

おすすめのニュース

サイトトップへ