現在位置: carview! > カタログ > スズキ > カプチーノ > みんなの質問 > スズキ カプチーノについての質問です。

『スズキ カプチーノについての質問です。』:スズキ カプチーノ

解決済みスズキ カプチーノについての質問です。

スズキ カプチーノについての質問です。現在la400k コペン(AT)に1年ほど乗っているのですが、MT車に興味が出てきました。
色々調べていてスズキのカプチーノに興味が湧いたのですが、現在で生産終了から20年経ってる車を購入するという事はどれほどのリスクがあるのでしょうか?
故障リスクなども考えると、やはり最近の車を選択した方が無難なのでしょうか?
今のコペンは少しカスタムしていて、パーツの互換性があるgrコペンを選択しようかとも思っています。

ベストアンサーに選ばれた回答

私もカプチーノに乗っています。
まだ部品には恵まれているようですが、修理箇所がいくつかあると部品代で結構な額になってしまう時が何回もありました。
私はディーラー系のお店にいつも頼んでいるので、もちろん工賃も加わってさらに金額が上がってます。
だから修理に関して言えば、自分で部品購入して自分で修理できるのであればカプチーノ、全てorほぼ店に任せているのであればまだ修理が少ないコペンを選んだほうが無難だと思います。
もちろん何にしてもカプチーノを選んでほしいのですが・・・。

回答一覧

4件中 1~4件
  • 約30年前の車ですが、純正部品の供給はわりと良好です
    30年前の車とは思えないぐらい恵まれています
    普通に維持していくだけなら大して困りません

    基本的に頑丈な車でエンジンやミッションなどは換えが聞きますので
    壊しても修理できないってことはありません

    30年間の車なので快適性はコペンより遥かに劣りますし、
    車内は狭いので覚悟が必要です
    コペン持ってるならコペン楽しんだほうが幸せになれると思います

  • カプチーノ2度目のオーナーになって7年目です。1度目は新古車でした。
    2度目の中古車探しは、程度の良い物を2年探してやっと手に入れました。妥協すると痛い目にあうと思います。
    ただ、乗る価値のある車で、とても楽しいですよ。

  • 部品がないからやめとけ。
    どうしてもカプチじゃないとダメ。
    カプチに乗れないと死んじゃう。
    くらいの熱量がなきゃ維持は無理。

    「GRコペンでもいいかなぁ~どうしようかな~」
    みたいな生半可な気持ちじゃ100%維持していくのは無理。

  • 現在で生産終了から20年経ってる車を購入するという事はどれほどのリスクがあるのでしょうか?


    中古購入希望車輛・下回りの錆に十分注意

    信頼・信用・嘘が無いなどの「販売員」
    信頼・信用・嘘が無いなどの「販売店」などからの購入を

    車輛本体
    金属部品+ゴム部品+樹脂部品・で製造・組み立て

    ゴム部品関係は
    普段・使用する「輪ゴム」と同じように
    経年劣化が進めば、使用部品破損・トラブル発生原因

    「ゴム部品」劣化交換が必需に
    交換をしないと
    車輛トラブル・車輛寿命低下・関連部品トラブルの原因

    良い販売員・良い販売店は
    車輛の走行・経年劣化・により
    「ゴム部品」の
    劣化状態・交換時期の判断が適切

    場合により・・お金・高額がかかるかもしれませんが

    中古車輛購入のお客様に
    車輛に対しての
    今後の「予防整備」を確実に勧めるお店も
    とくに
    購入希望車輛の「エンジン点火系の部品」交換が一番重要ポイント
    「点火プラグ」のみではありません
    総合的に「点火系の初期化」をお勧めいたします

    また
    エアコンなどがトラブル
    修理金額が高額
    20000から~130000ほど

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。