サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ケータハム セブン160に初試乗。走りと完成度は?

ここから本文です

ケータハム セブン160に初試乗。走りと完成度は?

安くはないが、すでに50台近い受注が!

スポーツカーファン、なかでも特にライトウェイトスポーツ好きのエンスージアストから熱い注目を浴びていた、軽ナンバー登録できるブリティッシュスポーツ、ケータハム・セブン160が日本で発売開始されたのは4月1日のことだった。

そこで公表されたプライスは、ウインドスクリーンなしのベースモデルで、8%の消費税込み394万2000円と、期待するより高かったというのが多くの人々の正直な印象だろう。ちなみにベースモデルはウインドスクリーンに加えてソフトトップとドアもなく、さらにヒーターもついていない。

だが、このクルマを待ち望んでいた人々はその数字にめげなかったようで、試乗会のあった4月24日の時点で、日本国内ですでに50台近い受注をうけているという。そのなかでウインドスクリーンなしを選んだのはおよそ10%にすぎず、残りの90%はウインドスクリーン+ソフトトップ&ドア(23万7000円)をオプション装着し、さらにヒーター(5万5600円)とカーペットインテリア(3万0200円)を選んだユーザーが多いという。つまり8%の消費税込みで、車両価格426万4800円のクルマということだ。

ケータハム全体で年間500台という現在の生産キャパシティからいうと、納車は早い受注分で7月頃に開始され、今後の受注だと10カ月から1年後になる可能性もあるという。

そのケータハム・セブン160、輸入元のケータハムカーズジャパンに登録済のクルマが2台揃ったのを機に、プレス試乗会が開かれた。そこで早速、横浜市内とその近郊という限られた舞台ではあったもののドライビングしてきたので、その第一印象というべきロードインプレッションをお伝えしよう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します