『初新車 今まで中古でヴィッツとカローラレビンと乗り継いできました。ただ燃料費の高騰とレビンの年式的な不都合が生じてきたため友人が勤めている日産でこの車』 日産 ティーダラティオ の口コミ・評価 | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!

現在位置: carview! > カタログ > 日産 > ティーダラティオ > 口コミ・評価一覧 > 初新車 今まで中古でヴィッツとカローラレビン...

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『初新車 今まで中古でヴィッツとカローラレビンと乗り継いできました。ただ燃料費の高騰とレビンの年式的な不都合が生じてきたため友人が勤めている日産でこの車』の口コミ

  • 初新車 今まで中古でヴィッツとカローラレビンと乗り継いできました。ただ燃料費の高騰とレビンの年式的な不都合が生じてきたため友人が勤めている日産でこの車

    総合評価: 3.0

    投稿日:2008年6月14日

    投稿者:- さん

    乗車形式:マイカー

    メーカー・モデル:日産 ティーダラティオ
    グレード:1.8 18G (2008年式)

    総評
    初新車
    今まで中古でヴィッツとカローラレビンと乗り継いできました。ただ燃料費の高騰とレビンの年式的な不都合が生じてきたため友人が勤めている日産でこの車を購入しました。
    購入の一番の理由は後部席の広さでした。レビンの時はクーペなので友人と出かけるときは大変な思いをしていました。そして6速のMTでした。燃費面ではCVT車には劣りますがCVTでは味わえないパワフルな走りができますし普通にカタログ燃費の14㌔/ℓを超えます。馬力も1600ccで165馬力のレビンには負けますが1800ccの為かレビンよりも気持ちよく走れます。ただ外見が地味なのでインパルのエアロと17インチのアルミホイールと205/45R17のタイヤを履いています。その為直進安定はノーマルタイヤより良くなりましたが乗り心地とロードノイズは悪くなりました。
    満足している点
    ・6MTのおかげでパワフルな走り
    ・広い後部席
    ・インパルパーツのおかげで一味違った外観
    ・ハーフ本皮シートによる高級感
    ・滅多に見かけないラティオとティーダシリーズの1800ccグレード
    ・オプションのMOMOステアリング
    不満な点
    ・カップホルダーが低い位置の前側にあるので使いにくい
    ・ノーマルだと平凡な外観とボディーサイズの割りに細いタイヤ(185/65R15)
    ・キセノンやインテリキーがオプション(ティーダは18Gは標準装備なのに)

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする