メルセデス・ベンツ Sクラス PHV のみんなの質問

解決済み
回答数:
4
4
閲覧数:
107
0

以前メルセデスが、コーナリング中に逆ロール(リーンイン)する技術(メルセデスの呼称はダイナミックカーブ)を採用していて、

遠心力で身体が持っていかれるのを低減できそうでなかなか良さげだと思っていたのですが、最新のSクラスのカタログにはその事についての記述が無く、継続や他モデルへの展開は無かったようです。また、他メーカーでの採用も無かったように思います。
コストがかかるエアサスが必須になるという事もあるとは思いますが、それ以外に普及しなかった理由があったのでしょうか?

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

ベストアンサーに選ばれた回答

今も最新モデルのGLEなどでオプション設定ありますよ。
AMG Sクラスクーペで体感しましたがとても良い装備だと感じました

その他の回答 (3件)

  • オプションで付けられると思いました。

  • メルセデスの10年以上前にシトロエン・エグザンティアでも同様の「内側ロール」の車が出来ました。
    アクティブサスなら制御次第でどうにでもなるようです。

    ではなぜ市販されなかったのか?

    理由は単純。
    遠心力はコーナーの外側に向けてかかる。
    ⇒コーナー外側に荷重をかけ
    ⇒コーナー外側タイヤのグリップを増やす。
    ⇒安定したコーナリングが出来る。

    タイヤのグリップは荷重をかけると(ある程度まで)増えるからです。

    逆を言うと、
    アクティブサスでコーナー内側にロールさせると、
    コーナー外側タイヤに荷重が掛からず、むしろ荷重が抜けて、
    遠心力を支えられないので、
    コーナリングが悪くなってしまうから。

  • トルクベクタリングの四駆があるから必要ない気がします。
    最新は RS3に搭載された RSトルクスクリッパーのクアトロかと・・・

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の
「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
メルセデス・ベンツ Sクラス PHV 新型・現行モデル

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

メルセデス・ベンツ Sクラス PHVのみんなの質問ランキング

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離