現在位置: > > > > > 1989年発売のダイハツアプローズはそこそこ人...

『1989年発売のダイハツアプローズはそこそこ人...』:ダイハツ アプローズ

解決済み1989年発売のダイハツアプローズはそこそこ人気があったのでしょうか?。最近はさすがに見かけませんが、まだ乗っている人っているんでしょうか?。シャルマンの後継車だった車ですよね?。

1989年発売のダイハツアプローズはそこそこ人気があったのでしょうか?。最近はさすがに見かけませんが、まだ乗っている人っているんでしょうか?。シャルマンの後継車だった車ですよね?。

ベストアンサーに選ばれた回答

アプローズはダイハツの汚点ではありません。日本では欠陥車報道でいきなりとどめを刺されてしまいましたが、メイン市場の欧州をはじめ、意外にも中東で人気が出、約10年に渡って支持されたヒット作です。最終型はメッキパーツで"シャルマン化"しましたが、中東市場の嗜好に合わせた改良とも言えます。中東向けには屋根と後窓がキャンバストップになった仕様も用意されたようです。

日本でも東京モーターショーにドイツのチューナー、エッティンガーが手を加えた仕様を出品しており、けしてやる気を失ったわけではなかったと思います。もしもトヨタがダイハツへの出資を引き上げて完全にコントロールするようになっていなければ、V4&楕円ピストンというバイク並みの高性能エンジンを積んだ新型がデビューしていたはずです。

かつての欠陥車報道については、マスコミによる過剰報道だという見方もあります。ただ、アプローズを発売した当時ダイハツは労使関係がぎくしゃくしており、火種を産む隙があったことも否定できません。

回答一覧

5件中1~5件を表示

  • 92~97年のⅢ型ですが、私の地元の公用車として現役で稼働しています。

  • 報道が捏造という証拠はあるのでしょうか?
    捏造だとしたら、ダイハツがすぐにリコール届けをしたのはなぜでしょうか。

    それはさておき、開発責任者は大左遷されてます。

  • 朝日新聞による捏造報道で終了しました。

  • 火を噴く車として一世を風靡した車ですね。
    ほとんど売れていないと思います。

    ダイハツにとっては、忘れたい1台では。

  • (´H`)バブル期ですから、そこそこ売れたと思います。

    4ドアセダン風の5ドアハッチバックだったので、使いやすい半面、中途半端な印象が強かったですね。
    ヨーロッパで人気の5ドアハッチバックですが、ホンダやマツダ車の5ドアハッチバック同様、ここ日本では人気が無かったです。

    シャルマンの後継者ですが、それまでのカローラベースでは無く完全オリジナルのダイハツ製です。
    ただ欠陥車騒ぎがあって、ダイハツの信頼を地に落としめた忌まわしき車でもあります。



    (´H`)え~??

    低速トルクを豊かにする事で、ATとのマッチングを良くする事が求められるスモールカーに楕円ピストン?
    排気量と気筒数制限の中で、ひたすらハイパワーを狙って超々高回転化を目論んだのがショートストローク&マルチバルブ化に対応した楕円ピストンでしょ。
    しかもスペース効率の良くないFFのV4。

    そりゃ出さなくて正解ですよ。
    目的を履き違えていますし、シャレードで培ったハイパフォーマンスカーのノウハウが活かされませんからね。
    その話が本当ならばトヨタは偉いな、よく心得ている。

5件中1~5件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。