現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 北米トヨタRAV4 TRDオフロード(2020年モデル) 実車の内装/ホイールを撮影

ここから本文です
ニューモデル 2019.11.8

北米トヨタRAV4 TRDオフロード(2020年モデル) 実車の内装/ホイールを撮影

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マットブラックホイール+ファルケン

photo:Keisuke Maeda(前田恵介)

    【画像】トヨタRAV4 TRDオフロード 全22枚

北米トヨタが、新型RAVに初めて設定した「TRDオフロード」仕様。その実車を撮影することができたのでご紹介しよう。

2020年モデルとしてRAV4の北米向けラインナップに追加された「RAV4 TRDオフロード」は、悪路に対応したピックアップ/SUV、さらにカムリ/アバロンの高性能チューン・モデルを擁する北米TRDファミリーの一員である。

ホイールは、18×7インチの軽量・高剛性TRDアロイ・ホイール(マット・ブラック塗装)を装備。これに、ファルケンのオールテレイン・タイヤ「ワイルドピークA/Tトレイル」を組み合わせている。

赤いコイルに注目

大きなホイールアーチの中には、レッド塗装が施された専用のコイル・スプリングを確認できる。アブソーバーは複筒式で、インターナル・リバウンド・スプリングを装備。「セッティングは、走りにふった特性になっている」という。

メカニカル面では、ダイナミック・トルク・ベクタリングAWDとドライブライン・ディスコネクト機能を標準搭載。最低地上高は日本仕様のRAV4よりも15mm拡大されている。

オン/オフ 走行性能アップ

また、マルチ・テレイン・セレクト機能を使えば、路面状況にあわせてドライブ・モードを選択でき、トラクションを最適化させることができる。ビーチ走行には「マッド&サンド」、トレイル走行には「ロック&ダート」、冬季には「スノー」といった具合だ。

これにヒルスタート・アシスト・コントロール、トレイラー・スウェイ・コントロール、ダウンヒル・アシスト・コントロールを装備し、様々なコンディションで高い性能・安全性を発揮することができる。

マルチ・インフォメーション・ディスプレイには、トルク配分とスリップコントロールのデータを表示させることも可能だ。

内装を撮影

インテリアは、レッドのステッチとトリムが内装の雰囲気を高めている。シート表皮は、レザーよりも軽量で耐久性が高いブラック・スフテックス。フロアマットとリアカーゴ・マットは、オールウェザー対応の専用品を装備した。

前席ヘッドレストの「TRD」ロゴの刺繍が、特別なモデルの証である。

RAV4 TRDオフロードの北米価格は、3万5180ドル(384万円)と発表されている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN AUTOCAR JAPAN)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します