現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 改良新型メルセデス-AMG GT、日本価格発表 M718型エンジンをパワーアップ

ここから本文です
ニューモデル 2019.2.20

改良新型メルセデス-AMG GT、日本価格発表 M718型エンジンをパワーアップ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パワーアップされたM178型エンジン

モータースポーツを愛するAMGのレーシングスピリットと技術をあますことなく注ぎ込んで開発したメルセデス-AMG GTに、マイナーチェンジが施された。

    『改良新型メルセデス-AMG GT』すべての画像をみる

基本的にクーペとロードスターのボディタイプとM178型4.0ℓ V8直噴ツインターボ・エンジンという構成は変わらないが、パワーアップを始めより内容を充実させての登場となった。

エクステリアではアロー形状のポジショニングライト&ウインカーに3つのリフレクターを備えた新デザインのLEDハイパフォーマンス・ヘッドライトを採用。よりスポーティなアピアランスを放つ。

リアデザインも刷新され、新たにブラックの専用ディフューザーを採用し、GTSとGTCのテールパイプはスクエア型デュアルツイン・エグゾーストエンドが組み込まれる。

フロントに搭載されるM178型V8直噴ツインターボ・エンジンは、ターボチャージャーをV型シリンダーバンクの外側ではなく内側に配置する「ホットインサイドV」レイアウトと3982ccの排気量こそ変わらぬが、各部の見直しによりGTは16psアップの476ps、GTSは12psを加えた522psを発揮し、高性能版となるGTCでは過給圧が1.35barへと高められ、軽量フライホイールによる俊敏なレスポンスを獲得すると共に557psをマークするに至った。なおGT Rは既に高度なチューンが施されていたため585psの最高出力に変わりはない。

高精細コクピット・ディスプレイ採用

新型GT系のインストゥルメント・クラスター部分にはSクラスから始まった高精細12.3インチのコクピット・ディスプレイを採用。ステアリング・ホイールのタッチコントロールボタンを介して、インストゥルメントパネルの左側または右側に必要な情報を表示できる。ダッシュ中央にはナビやコントロールパネルのほか運転支援システム、車両情報などをアニメーションで表示できる10.25インチのマルチファンクション・ディスプレイが配される。

センターコンソールはV8エンジンをモチーフにしたデザインが採用され、各種スイッチがレイアウトされる。ディスプレイボタンやスイッチはTFT技術を使用してシンボル・マークを表示する。

新型メルセデス-AMG GTには、ドライブ・プログラムの新機能として「AMGダイナミクス」が備わる。グリップ走行からドリフト走行まで望みの挙動を実現するAMGダイナミクスをセレクトすることで、さらなる次元でクルマとひとつになる究極の走りを実現。「ベーシック」「アドバンスト」「プロ」「マスター/GTS、GTC、GT Rに装備」の4つのモードがあり、各モードの切り替えに加えEPSの制御も切り替えられる。

今回の日本市場における受注開始にあわせて、メルセデス-AMG GT系のメーカー希望小売価格(消費税込み)が発表された。納車開始は8月以降となる。

メルセデス-AMG GT/左・右:1645万円
メルセデス-AMG GT S/左・右:1993万円
メルセデス-AMG GT C/左:2202万円
メルセデス-AMG GT R/左:2382万円
メルセデス-AMG GT ロードスター/左・右:1788万円
メルセデス-AMG GT S ロードスター/左・右:2137万円
メルセデス-AMG GT C ロードスター/左:2309万円

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します