現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 実車 スズキ・アルト改良新型、サポカーSワイド車に ターボRS廃止

ここから本文です
ニューモデル 2018.12.13

実車 スズキ・アルト改良新型、サポカーSワイド車に ターボRS廃止

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 8代目アルト マイチェン
ー 改良新型アルト サポカーSワイドに
ー 内装/価格は? ターボRS廃止

    『スズキ・アルト改良新型』すべての画像をみる

8代目アルト マイチェン

スズキ・アルトの改良新型が発売された。

現行型は2014年12月に発売されて4年目を迎えるが、この間に顧客のニーズが大きく変わったとスズキは分析している。

軽乗用車を購入する際に重視した点は、近年は「スタイリング・外観」が1位を占めている。それに次ぐのが「税金・保険などの経済性」「燃費」という優先順位であったものが、昨2017年には「安全性への配慮」が急上昇してきた。

こうした変化を受けて主力車種のアルトに安全装備の強化を図ったのが今回の仕様変更の狙い。主に予防安全技術によるセーフティ機能の充実を進めている。

・衝突被害軽減ブレーキの検知対象を車両に加え、歩行者にまで拡大。

・デュアルセンサーブレーキサポートを採用。

・後退時ブレーキサポートを搭載し、前後のブレーキで安全性を高めた。

8代目アルトの新旧モデルについて、安全技術を比較したのが次ページの一覧表である。

改良新型アルト サポカーSワイドに

下記に示した安全装備の強化により、改良新型アルトのセーフティ・サポートカー分類は、「サポカーSワイド」に該当する。

新旧アルトの予防安全技術を比較
スズキ・アルト新型旧型
前方衝突被害軽減ブレーキ(対車両) 〇(約5km/h~100km/h以下) 〇(約5km/h~30km/h以下)
前方衝突被害軽減ブレーキ(対歩行者) 〇 ×
後退時ブレーキサポート 〇 ×
誤発進抑制機能 前方・後方 前方
車線逸脱警報機能 〇 ×
ふらつき警報機能 〇 ×
オートハイビーム 〇 ×
先行車発進お知らせ機能 〇 ×
セーフティ・サポートカー分類 サポカーSワイド サポカーSベーシック


また今回の改良では、安全装備の充実にあわせ、インテリアの仕様を一部変更している。

内装/価格は? ターボRS廃止

改良新型アルトのインテリアの変更点は下記の通り。

・シート表皮を従来のライトブルーから落ち着きのあるネイビーへ。

・インパネ&ドアトリムガーニッシュは明るさを抑えたグレージュに。

・エアコンのルーバーをブラックに。

こうした変更により、落ち着きのある室内空間を目指している。

装備面では「S」「X」グレードに、ディスチャージヘッドランプをメーカーOPとして新設定。

また、ターボRSを廃止し、派生グレードをアルト・ワークスのみとした。そのアルト・ワークスは、車体色ピュアレッドを廃止。鮮やかなブリスクブルーメタリックを追加した。

標準のアルトについては、Xグレードに設定していたミディアムグレー・ツートーンバックドアを廃止している。

改良新型アルトは本日発売。価格は下記の通り。

F:84万7800円~95万3640円
L:89万4240円~100万80円
S:106万1640円~116万2080円
X:117万1800円~126万6840円
ワークス:150万9840円~165万5640円

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します