現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 特別仕様車「プジョー3008 CROSSCITY」11月29日(木)発売!

ここから本文です
ニューモデル 2018.11.29

特別仕様車「プジョー3008 CROSSCITY」11月29日(木)発売!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シティとオフロードの両方で上質なドライビングを楽しめることをコンセプトとした特別仕様車「プジョー3008 CROSSCITY」が発売された。特別装備がテンコ盛りながら、価格は405~420万円とお買い得な設定とされている。発売は本日、11月29日(木)だ。

特別装備がテンコ盛り!

    【LAショー2018】BMW最新の提案たるビジョンiNEXTは自律走行を見据えたコンセプトEVだ

 プジョーの日本市場のセールスを牽引している3008に魅力的なモデルが加わった。街とオフロードの両方でより上質なドライビングを楽しめることをコンセプトとして機能と装備を充実させた「3008 CROSSCITY」なる特別仕様車だ。

 その特別装備は多岐にわたる。悪路走破性をさらに高めるアドバンスド グリップコントロール(ヒルディセントコントロール付き)に加え、アルカンタラ&テップレザーシート(運転席電動シート&マルチポイントランバーサポート、フロントシートヒーター付き)、グリーン系ステッチを施したインテリア、アルミペダル、フロントドアステップガード、ハンズフリー電動テールゲートなどなど。また、コンパスをモチーフとしたCROSSCITYエンブレムとBピラーステッカー、クロームドアミラーなどにより、スタイリングもより上質なものに仕上げられている。

フランス車ならではのハイエンドなシート

 とくに今回の特別装備の目玉は、上級シート機能の導入だ。8速化された3008 GT BlueHDi時に導入された「ファーストクラスパッケージ」が販売の半数を超える支持を受けていることから、フランス車ならではの高品位なシートへの要望に応え、リーズナブルな価格のガソリンモデルにこれら特別装備を施すことにより、さらに幅広い層のSUVユーザーの獲得を目指したという。

特別仕様装備内容
• アドバンスドグリップコントロール
• 18インチ マッド&スノータイヤ
• アルカンタラ&テップレザーシート (ダークグレー)
• フロントシートヒーター
• 運転席電動シート&マルチポイントランバーサポート
• インテリアグリーン系ステッチ (シート・ドアトリム・ステアリングなど) アドバンスドグリップコントロール
• ハンズフリー電動テールゲート
• CROSSCITYコンパスロゴ (左右フロントフェンダーエンブレム、 左右Bピラーリアドア側ステッカー)
• アルミペダル
• フロントドアステップガード
• フロアマット
• パノラミックサンルーフ(オプション)

3008 CROSSCITY/1.6L直列4気筒ターボ/6速AT/405万円
3008 CROSSCITYパノラミックサンルーフ/1.6 L直列4気筒ターボ/6速AT/420万円

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します