現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ランドローバー70周年 ディスカバリー・スポーツ・ゴー・アウト・エディション

ここから本文です
ニューモデル 2018.9.4

ランドローバー70周年 ディスカバリー・スポーツ・ゴー・アウト・エディション

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

快適装備、運転支援機能が充実

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ディスカバリー・スポーツの特別仕様車「ゴー・アウト・エディション」を9年8日より、受注開始する。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

本特別仕様車は、ランドローバー70周年を記念したもの。ディスカバリー・スポーツの特徴である5+2シートパックを備え、家族や仲間とともに冒険に出かけ(GO OUT)、活躍の場を広げたいアクティブなカスタマー向けの装備を充実させている。

冬の運転を快適にするシートヒーター、ヒーテッド・ステアリングホイールや、キャンプ道具など大きな荷物を抱えていても足先を動かすだけでテールゲートの開閉ができるハンズフリー・パワーテールゲートなどの快適性を増す特別装備に加え、安全な移動をサポートするアダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)や自動緊急ブレーキ(AEB)などのドライバー支援システム(117万4000円相当)を備えている。

受注期間は、9月8日から11月30日まで。価格は、ディーゼル仕様が599万3000円。ガソリン仕様が569万3000円。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • oku*****|2018/09/04 15:31

    違反報告

    ディスカバリー・スポーツをはじめ、外車のオフロード系のクルマは欲しいんだけど、もう本当に横幅がデカすぎる。タワーパーキング入らない事が多い。
    駐車場に停めても、隣りのクルマとの距離がとれなくてドアパンチだらけという覚悟で所有する事になる。クルマを趣味で乗る者としてはつらいんだよ。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します