現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > フォード・フォーカスST新型 2019年登場 2.3ℓエコブーストは250ps

ここから本文です
ニューモデル 2018.8.21

フォード・フォーカスST新型 2019年登場 2.3ℓエコブーストは250ps

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 2.3ℓエンジンを搭載 250ps
ー 軽量化を進め、乗り心地とパフォーマンスを両立

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

2.3ℓエンジンを搭載 250ps

フォードはフォーカスSTに2.3ℓエコブーストエンジンを搭載する。これは最後の電動化されていないフォーカスのハイパフォーマンスモデルとなる。

現行STの2.0ℓエンジンに代わり搭載される2.3ℓエンジンは、技術的にはフォーカスRSに搭載されている345psのアルミ製4気筒エンジンと近いが、前輪駆動のSTでは250ps程度となるはずだ。新しいRSを含めた2020年以降のフォードのホットモデルは電動化されるため、フォーカスにとって次期STが最後の純粋な内燃エンジンモデルとなる。

フォードはフィエスタSTに搭載されるよりパワフルな1.5ℓ3気筒エンジンでなく、2.3ℓエンジンを採用した。これは小さいエンジンでは信頼性が確保できる限界レベルが低いためである。フォーカスSTのライバルは280psのルノー・メガーヌRSや270psのプジョー308GTiである。

この2.3ℓエンジンは、フォーカスRSレッドエディションでは375psを発揮しているものの、フォーカスSTではより実用的なチューニングとなる見込みだ。組み合わされるのは6速MTのみで、AT仕様は用意されない。

軽量化を進め、乗り心地とパフォーマンスを両立

このことからも、次期フォーカスSTはエンスー向けの愉快なクルマになることは明白だ。最新のフォーカスは4月に登場し、フォードいわく以前のフォーカス同様、「ファン・トゥ・ドライブ」を実現しているという。STは当然、さらに高い次元にあることだろう。

スタイリングは今よりも落ち着いたものとなる。ようだ。テストカーでは、多角形型のテールパイプに代わって、通常のツインエグゾーストが装着されている。

新型フォーカスは88kgの軽量化を実現しており、STでは先代の1437kgよりも若干軽くなる。さらに、ストラクチャの強度は20%向上しており、サスペンション周りに関しては50%向上しているという。これによりSTモデルでは、乗り心地を妥協することなくアジリティを強化できるだろう。これはフィエスタにおいても実現された話だ。

フォードは2018年末にフォーカスSTを発表予定していたが、われわれが掴んだ情報によると、発表は2019年に延期されるため、おそらく3月のジュネーブ・モーターショーで発表されるのだろう。発売は来年夏までに開始されるはずだ。

フォーカスSTは2020年にRSが登場するまでは、フォーカス最強モデルとなる。AUTOCARが以前報じたように、RSでは2.0ℓエンジンと48Vのアーキテクチャを組み合わせたハイブリッドシステムを採用し、出力は400psほどになる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します