現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【国沢光宏がWRCに挑戦】ラリー初心者が直撃! ラリーってそもそもなに?

ここから本文です
スポーツ 2019.8.19

【国沢光宏がWRCに挑戦】ラリー初心者が直撃! ラリーってそもそもなに?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ラリー・ドイツ直前の国沢さんに密着!

 WEB CARTOPでもおなじみの自動車評論家、国沢光宏さんがWRC(世界ラリー選手権)に挑戦! WRCといえばラリーで世界最高峰の競技……ということはモータースポーツに疎い私でも知っている。そんなすごい舞台に出場するというのは一体どういうことなのか?

    国沢光宏がドイツで大暴れ! WRCにフォードでガチ参戦その1

 今回、8月22日(木)~25日(日)に開催される第10戦ラリー・ドイツ取材のチャンスを得た新人編集部員篠田が、渡航直前の国沢さんに直撃取材を敢行した!

 篠田:国沢さん、今回はよろしくお願いします。そもそも、ラリーとレースって何が違うんですか?

 国沢:なんと! WRCの取材をするというのに、そんなことも知らないのか! 簡単に説明すると、ラリーは一般道を封鎖して1台で思いっきり走ることができる競技。対してレースは、閉鎖されたエリアで何台ものクルマが一斉に走る競技。レースカーでは公道を走ることはできないけれど、ラリーでは封鎖していない公道も走るからナンバープレートをつけているんだ。ラリーカーはいつでも気軽に乗れるのが良いところだよ。

 ラリーでは全開でタイムを争う競技区間のスペシャルステージ(SS)と呼ばれるエリアと、そうでないエリアがある。SSとSSの間はリエゾンといい、一般車も通行する行動を走行して移動するため、交通ルールを守らなければならない。 篠田:確かに、ラリーの動画を見ていると全車にナンバープレートがちゃんとついていました。市販車がベースになっているので、レースカーと比べても親近感が湧きますね。ただ、ラリーは見ていても勝ち負けがわかりにくいし、ルールが難しいイメージがあります。

 国沢:ラリーカーの規定なんかはレギュレーションで細かく決められているけれど、基本的なルールでいうと、競技中はコマ図(順路や規定の速度などが書かれたもののこと)に沿って走ることくらいかな。

 篠田:なるほど、難しく考えすぎていたのかもしれません。最近ではトヨタのヤリス(日本名:ヴィッツ)が世界の強豪を相手に健闘しています。このヤリスもそうですが、WRCではコンパクトカーが多いですよね。そのほかのクルマは参加できないんですか。

 国沢:色々と条件はあるけれど、速さを競うのに、たとえばミニバンで参加しても意味がないでしょ。

 篠田:言われてみるとそうですね……。ラリーって泥道やジャリ道を全開で駆け抜けるイメージがあります! そういうシーンだと、ミニバンでは走りにくいですよね。

 ラリーには未舗装路(グラベル)と舗装路(ターマック)のふたつのコースがある。開催地によってそれぞれ道の形状が異なるため、ラリー車にはそれぞれのコースに適したパーツの装着が求められる。

 観客たちのお楽しみ! 競技中のトラブルもラリーの醍醐味

 篠田:最近、ラリー取材の勉強のためにWRCの動画をよくみているのですが、競技中に横転したりクラッシュしたりとトラブルがありますよね。クルマが壊れたらその場で直してもいいんですか。

 国沢:もちろん! だから競技車両に工具などは積んでいて、乗っている僕らがクルマを直すことはある。けれど、ルール上では競技中にドライバーとコ・ドライバー以外の人間が車両に触るのはご法度。海外の動画などを見ているとコースのギリギリまで寄って見ている人や、横転したときに観客がコース上に出てきて車両を起こすのを手伝っていることがあるけれど、本来ならNG。でも実際にはそれがラリーの醍醐味になっているんだ。だからあれは人ではなくて「妖精」だと思っているよ(笑)。

 篠田:日本の感覚だとコース上に出たら危ないというイメージがありますが、それもラリーの面白さということなんですね。あと動画では曲がりきれずにコース外へ飛び出してしまうのを見かけますが、この場合のペナルティは何かあるんですか。

 国沢:とくにないよ、失敗したというだけ。強いて言えば、タイムロスしてしまうのがマイナスかな。

 篠田:なるほど~。ドライバーとして参加している国沢さんの立場から見て、WRC の魅力はなんだと思いますか。

 国沢:WRCはほかのラリーと比べてもやっぱり規模感が違うよ。どんなスポーツでもそうだけれど、上位クラスの大会になればなるほど、出場する選手のレベルはまるで違うよね。WRCも同じで、トップクラスが出場するからタフで奥行きがあるよ。

 篠田:それは実際に見て体感したい部分ですね。だんだん興味が湧いてきました! では、ラリーを見る上で楽しむコツを教えてください!

 国沢:まずは興味を持ってもらいたいね。一番わかりやすいのは実際にラリーカーが街なかで走っている姿を見て、ラリーってこんなことをやっているのかと知ってもらい、さらに深掘りしてもらうこと。そしてまた次のラリーを見にきてほしい。WRCなら一度見るだけでも、迫力やすごさはかなり理解できるんじゃないかな。

 篠田:今日はありがとうございました。ドイツに行ってWRCの世界を目の当たりにするのが楽しみです!

 というわけでラリーとは何か? についてシッカリ理解できた私篠田。次回は、なぜ国沢さんはラリーに挑戦するのか? を直撃したいと思います!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP WEB CARTOP 篠田英里夏)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します