現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「日本車愛ほとばしるアメリカン・ミドルのFD3Sがヤバイ!」心臓部は900馬力も狙える3ローターターボ仕様!

ここから本文です
スポーツ 2019.7.19

「日本車愛ほとばしるアメリカン・ミドルのFD3Sがヤバイ!」心臓部は900馬力も狙える3ローターターボ仕様!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ギラギラと輝く至宝の3ローター+ビッグシングルターボ仕様!

カスタムリヤフェンダーで12Jを飲み込む!

    「鍛造ヴィンテージホイールの魔力」ボルクレーシングTE37Vが愛され続ける理由【最強ホイール解体新書】

1993年式FD3Sのオーナーであるマットさんは生粋の日本車好きだ。現在52歳だが、17歳の頃からずっと日本車を乗り継ぎ、自分の手で修理やカスタムを続けてきたプライベーターでもある。このFD3Sも大半は自らの手で作業しているそうだが、完成度の高さがハンパではない!

まず心臓部は13B-REWではなく、20B型3ローターエンジンにComp Turbo製のT76トリプルボールベアリング・ターボチャージャーを組み合わせた超本気仕様。2000ccの大容量インジェクターやウォーターメタノールインジェクションなども採用し、ロータリーに強みを発揮するマイクロテックのECUで制御する。

最高出力はブースト圧28psi(約1.96キロ)で900ps近くまで望めるそうだが、さすがに常用は厳しい。現状のサスセッティングなどまで考えると550ps辺りがベストと判断し、ブーストをかなり抑えている。

室内もスマートながらキッチリと手が入っている。シートはブリッドのストラディアIIに交換し、斜行バー付きのロールケージも装備。メーターはマイクロテックのダッシュメーターで集中管理する。

一方のエクステリアは、ロー&ワイドに徹したモディファイが施される。特徴的なカスタムメイドのリヤフェンダーは、なんと1984年式VWラビット(ゴルフ)のフロントフェンダーアーチを流用して製作したそうだ。一方の足回りは、GReddyの車高調でローフォルムを作り出し、深リムのワーク・レザックス(F10J×18 R12J×18)をインストール。組み合わせるハンコックV12はフロントが245/35R18、リヤが295/35R18だ。

ちなみにマットさんは、FD3S以外にも1972年式ダットサン240Z(フェアレディZ)や1JZ搭載の1978年式セリカクーペ、2JZ搭載の1985年式セリカGTSなど、魔改造ジャパニーズチューンドを多数所有していたりする。そして彼の所有車の中で“最新式”となるのが、このFD3Sなのだとか。ともあれ、羨ましすぎるチューニングカーライフである。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(web option web option編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します